© matka All rights reserved.

チョコレート

【朝のコーヒー、午後のお茶】四次元チョコレート

コーヒー業界ではサードウェーブコーヒーが主流になって久しいですが、チョコレート界でも「スペシャリティ・チョコレート」、「Bean to Bar」が流行していますよね。

“Bean to Bar”
カカオ豆の仕入れから、カカオ豆を焙煎し、様々な工程を経て板チョコレートにするまでを一貫して行う製法です。

CRAFT CHOCOLATE WORKS

世界にいるウン億人のチョコレート好きからすると、私はそれほどチョコを食べない人種ですが、それでもたまに「Bean to Bar」チョコレートを食べると、それぞれのお店のこだわりと特徴がチョコレートに詰まっていて感動します。

日本でも増えてきた「Bean to Bar」チョコレートのお店の中で、CRAFT CHOCOLATE WORKSに行った際、私は入った瞬間、カカオの香りにも圧倒され酔いしれましたが、その後定員さんの説明を聞きながら、カカオの生産地別のチョコレートを少しづつ試食させてもらって、そのあまりに個性豊かなカカオの風味の数々に正直驚いて、瞳孔が開きっぱなしになりました。

例えば、「キューバ」は柑橘系の爽やかなテイスト。黄桃やアプリコットのような甘さ。「ベトナム」は青リンゴのような爽やかさ。若い梅を思わせるニュアンス。と説明があります。

https://ccworks.theshop.jp/

本当にどれも豊かなカカオワールド全開で、私は少量口に含んだ瞬間に、どこでもドアを使ってそのカカオ生産地に足を踏み入れたような感覚になりました。今いる世界に次元が1つ加わって、四次元になったような。少し大袈裟なようですが、そんなチョコレートを食べたのははじめてだったので、スイーツによってこの歳で未体験ゾーンに突入するとは思ってもみませんでした。

チョコレート好きにはもちろんですが、滅多にチョコレートを食べない人にも味わってみてほしいチョコレートです。本当はお店に行って自分好みの味を見つけるのが楽しいとは思いますが、12種のチョコレートアソート通販もありました。

これからの季節、ブラックのアイスコーヒーには、香ばしいビター感のコロンビア・シエラネバダが合いそうです。

パッケージも好きです
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

podcast238

【podcast238】毎日の献立どうしてる?

忙しい中でも、ご飯の時間はやってくる。毎日のことなので、悩む人も多いのではないでしょうか。ましてやダイエット中であれば…。ゆるゆる糖質制限をしているワタクシと、糖質制限先輩のフローレンスさんで、あれこれ献立話をしてみました。

【podcast237】旧正月のパーティに初参加して思ったこと in London

2月10日は春節(旧正月)でした。この日、中国系イギリス人の友人が開催した「旧正月を祝うホームパーティ」に初参加したわたくしフローレンス。この日に聞いたこと、思ったこと…についてポッドキャストで話しました。

podcast236

【podcast236】年末年始考えたこと「死と行動」

今生きている人はいずれ亡くなることは、皆が知っている事実ですが、戦争や震災や病気などでいつ誰が亡くなるかは、誰にもわからないなあ。と思いつつ、私自身の死を考えるきっかけがあったことで、とある行動につながることもあったり。そんなことをあれこれ話してみました。

【podcast235】少年犯罪:甲府の事件とイギリスの事件、そして死刑制度について

2024年1回目のポッドキャストですが、マトカらしく?(笑)重いテーマです。録音したのは2024年2月2日。この日、2つのニュースが飛び込んできました。

podcast234

【podcast234】今年見たエンタメあれこれ(豊里耳版)

先週に引き続き、今年見た(読んだ)エンタメの中で面白かった、印象に残った作品を2人であれこれ話してみました。年末年始、何を見ようか(読もうか)と思っている方に参考になれば幸いです。

ページ上部へ戻る