© matka All rights reserved.

チョコレート

【朝のコーヒー、午後のお茶】四次元チョコレート

コーヒー業界ではサードウェーブコーヒーが主流になって久しいですが、チョコレート界でも「スペシャリティ・チョコレート」、「Bean to Bar」が流行していますよね。

“Bean to Bar”
カカオ豆の仕入れから、カカオ豆を焙煎し、様々な工程を経て板チョコレートにするまでを一貫して行う製法です。

CRAFT CHOCOLATE WORKS

世界にいるウン億人のチョコレート好きからすると、私はそれほどチョコを食べない人種ですが、それでもたまに「Bean to Bar」チョコレートを食べると、それぞれのお店のこだわりと特徴がチョコレートに詰まっていて感動します。

日本でも増えてきた「Bean to Bar」チョコレートのお店の中で、CRAFT CHOCOLATE WORKSに行った際、私は入った瞬間、カカオの香りにも圧倒され酔いしれましたが、その後定員さんの説明を聞きながら、カカオの生産地別のチョコレートを少しづつ試食させてもらって、そのあまりに個性豊かなカカオの風味の数々に正直驚いて、瞳孔が開きっぱなしになりました。

例えば、「キューバ」は柑橘系の爽やかなテイスト。黄桃やアプリコットのような甘さ。「ベトナム」は青リンゴのような爽やかさ。若い梅を思わせるニュアンス。と説明があります。

https://ccworks.theshop.jp/

本当にどれも豊かなカカオワールド全開で、私は少量口に含んだ瞬間に、どこでもドアを使ってそのカカオ生産地に足を踏み入れたような感覚になりました。今いる世界に次元が1つ加わって、四次元になったような。少し大袈裟なようですが、そんなチョコレートを食べたのははじめてだったので、スイーツによってこの歳で未体験ゾーンに突入するとは思ってもみませんでした。

チョコレート好きにはもちろんですが、滅多にチョコレートを食べない人にも味わってみてほしいチョコレートです。本当はお店に行って自分好みの味を見つけるのが楽しいとは思いますが、12種のチョコレートアソート通販もありました。

これからの季節、ブラックのアイスコーヒーには、香ばしいビター感のコロンビア・シエラネバダが合いそうです。

パッケージも好きです
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピーター・ドイグ

【写真交換日記221】from Tokyo「心地よいところをついてくる絵」

更新遅くなってすみません。36度を超える祝日、マスクも汗だくにな猛暑日の中、ものすごく久しぶりに美術館に行って来ました。その美術館は東京国…

【ポッドキャスト69】新型コロナウィルス、イギリスの現況報告⑤(2020年8月7日録音)

今回は新型コロナウィルスについてのイギリスの現状の第5弾をお伝えします。イギリスでは7月初旬に大きく緩和されました。具体的にはルールを厳守した上での「店内飲食の緩和」です。

【失敗しない糖質制限スイーツ】混ぜて焼くだけ。ガトーショコラ

ここ数年糖質制限しているマトカの2人。劇的には痩せないけれど、そこそこ効果はある模様。コーヒー&紅茶にぴったりな、糖質制限レシピをご紹介し…

【調べてみました】ガトーショコラとチョコレートブラウニーの違いとは?

最近、お菓子づくりにはまっております。小麦粉を使わない糖質制限スイーツを中心に作っているですが、中でもガトーショコラは定番です。

podcast68

【ポッドキャスト68】チャーミングおじさんのすゝめ

最近、動画配信でドラマ「シャーロックホームズの冒険」、「名探偵ポワロ」を立て続けに視聴しているおかげで(?)私のなかで「おじさんブーム」が巻き起こっていて、「おじさんの魅力」についてぼんやり考えたりなどしていました。

ページ上部へ戻る