© matka All rights reserved.

20196/13

【写真交換日記185】from London「氷ジャカジャカ」

トマトすっごく美味しそう。写真も素敵。箱買いしてもペロッと食べちゃいそうです。

さて。

私はどうも、イベント熱みたいなものに乗れない性格で、オリンピックも、膨らみ続ける費用や東京のバリアフリー化、オリンピック後の経済のことなどは気にしこそすれ、チケットも申し込んでないんです。

来年の東京オリンピックのことを考えると、私、勝手に苦しくなって吐きそうな気持ちになります。

最後の1人になるまで反対」と頑張る久米宏さんの言葉を絶賛受け売り中でして。

久米さんのラジオに勇気づけられています。

「アンダーコントロール」とか、アメリカに忖度した真夏の開催とか、あまりに膨らむ税金負担とか、もうあまりに頭に来て怒りの矛先をどこに向けてよいか分からないです(でも怒りの矛先は選挙に向けるのが正しいですね)。

「何のためにオリンピックやりたいの?」と憤っているので、来夏のオリンピックは「自分の中ではないこととして過ごす」と決めております。

今後日本が浮かれていくことを考えると、なんだか胸がミシミシと締め付けられる気持ちです。

遠くにいても、ツラい…辛い…つらい。

そして「ないこと」と言えば、ないことにされちゃ困る辛いニュースもありますね。

金融庁の報告書「老後資金2000万円必要」→実はもっと必要(2000万円には老人ホームなどの介護費用や住宅リフォーム費用などを含んでない。コチラ参照)→「報告書はもうない

意味が分からん…。

何だかもう、どうしたらいいのか分からない。

そしてイギリスも現在保守党選挙が開催中(本日第1ラウンド投票)、こちらも絶対なってほしくない人が首相になりそうな勢いで、ものすごく心配してます。

無力な一市民です。日本に住んでいないのに日本政治に憤り、イギリスに住んでいるけどイギリスでは選挙権がありません。

毎日朝ニュースを見たり読んだり確認したりするのですが、朝から一通り憤り、かなりの濃度のコーヒーを飲みながらなんとか心を静めるのが日課です。

「こんなの変だよ」の雄たけびを小さい声でもあげるしかないのよね…そう最後にまとめて、仕事に取り掛かる。その繰り返しです。

ロンドンは今年かなりの冷夏ですが、それでも一応は夏なんで、最近は毎朝アイスコーヒーを飲んでます。

氷をたっぷり入れ、長いスプーンで氷を「カラカラ」させるのが好きなんですが、最近は怒りがすごすぎてスプーンをまわす手に力がこもりすぎています。氷の音が「カラカラ」ではなくて「ジャカジャカ」とスゴイ音を立てている。

私の「氷ジャカジャカ」が日本までこだましてないかしら?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

202010/26

言葉は自由の扉を拓くもの:映画『博士と狂人』を見て(ネタバレほぼなし)

日本で公開がはじまり、『荻上チキ セッション』でも特集されていた映画『博士と狂人』。イギリスでは昨年公開されたが、そ~んなに大きな話題にはならかった…という印象だ。

podcast80

【podcast80】筒美京平さんを追悼しつつ、昭和の歌についてワイワイ話す

先日、筒美京平さんがお亡くなりになりました。長い期間活躍された筒美京平さんですが、主に80年代の歌謡曲は2人にとってドンズバで、口ずさむことができる曲ばかりです。そこで、曲がかけられない私たちのpodcastでは筒美京平さん作曲の歌詞について、主に80年代のことなど、時に脱線しながらワイワイ話して見ました。

202010/24

大人だって救われたいのだ。ETV特集「敏感くんたちの夏」を見て思う事

ETV特集はほとんどの作品を見ている。特に戦争だったり人権だったりの作品はすぐに見ているが、この『敏感くんたちの夏』はちょっとほっておいた作品だった。

森

202010/19

【今日の云々:カルチャー日記 in 東京】10月12日(月)〜10月18日(日)

すっかり寒くなりました。寒さが苦手なので、カルチャーもほっこりするものを求めがちな今日この頃。あと、登場人物が走るシーンが多かったり、運動量が多いドラマやアニメもキモチ暖かくなる気がします。自分は1ミリも動いてないのですが…。

podcast79

【podcast79】「最近『オーラルケア』の話が楽しすぎる」について

妙齢おねいさんとして楽しく生きていきたいと思っているわたくし、フローレンスですが、最近同年代の友人が集まると、必ず「歯と歯周り」についての話題で盛り上がりまくります。

ページ上部へ戻る