© matka All rights reserved.

20159/16

【写真交換日記55】from London「チャーチルと狛犬」

よーこさんが狛犬ファンだったとは初めて知りました。そうだと知っていたら写真撮って来ればよかった・・・。

というのは先週末にわりとたくさん狛犬見て来たんです。

仕事で美術館や宮殿に行ったのですが、江戸や明治時代に日本や中国からお偉い方々が購入したり、プレゼントとしてもらった狛犬がイギリスにはたくさんあります。

写真はウィンストン・チャーチルの生家として知られるブレナム宮殿です。ここにも何匹も大事に飾られていました。

赤子だったチャーチルをハイハイしている姿をきっと目撃したであろう狛犬たち。綺麗な絨毯や棚の上でにらみを利かせていました。

しっかしこのお城・・・、本当に大きい・・・!
いろんな貴族の屋敷がありますが、かなりの規模。

公共交通機関で行くんにはなかなか不便な場所なのですが、観光バスがガンガン止まり、たくさんに人で賑わっていました。
庭園が見事なので、天気が良い日にのんびり行くには素敵な場所です。

ちょっとどんより空だった残念な写真ですみません・・・。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

202010/26

言葉は自由の扉を拓くもの:映画『博士と狂人』を見て(ネタバレほぼなし)

日本で公開がはじまり、『荻上チキ セッション』でも特集されていた映画『博士と狂人』。イギリスでは昨年公開されたが、そ~んなに大きな話題にはならかった…という印象だ。

podcast80

【podcast80】筒美京平さんを追悼しつつ、昭和の歌についてワイワイ話す

先日、筒美京平さんがお亡くなりになりました。長い期間活躍された筒美京平さんですが、主に80年代の歌謡曲は2人にとってドンズバで、口ずさむことができる曲ばかりです。そこで、曲がかけられない私たちのpodcastでは筒美京平さん作曲の歌詞について、主に80年代のことなど、時に脱線しながらワイワイ話して見ました。

202010/24

大人だって救われたいのだ。ETV特集「敏感くんたちの夏」を見て思う事

ETV特集はほとんどの作品を見ている。特に戦争だったり人権だったりの作品はすぐに見ているが、この『敏感くんたちの夏』はちょっとほっておいた作品だった。

森

202010/19

【今日の云々:カルチャー日記 in 東京】10月12日(月)〜10月18日(日)

すっかり寒くなりました。寒さが苦手なので、カルチャーもほっこりするものを求めがちな今日この頃。あと、登場人物が走るシーンが多かったり、運動量が多いドラマやアニメもキモチ暖かくなる気がします。自分は1ミリも動いてないのですが…。

podcast79

【podcast79】「最近『オーラルケア』の話が楽しすぎる」について

妙齢おねいさんとして楽しく生きていきたいと思っているわたくし、フローレンスですが、最近同年代の友人が集まると、必ず「歯と歯周り」についての話題で盛り上がりまくります。

ページ上部へ戻る