© matka All rights reserved.

20209/20

【今日の云々:カルチャー日記 in London】9月14日(月)〜20日(日)

※TOP画像:BBC iplayer『Defending the Guilty』のキャプチャ画面より。Copyright © 2020 BBC

今週は『レイルウェイ』のレビューを書くだけで勝手に息切れ。お恥ずかしい。今週見たものをざざっとプレイバック。

■日本のドラマ『竜の道』3&4話

3.5 out of 5

霧島まゆみ役の松本まりかがやたらとエンタメニュースに出ているけれど、まさにはまり役ですねえ。嫌われてなんぼなので、まりかさん、頑張れー。しっかし壇蜜にそっくり。

■英ドラマ『Defending the Guilty』(2018年)1~2話

4.0 out of 5

全6話、法廷弁護士インターンのウィル(ウィル・シャープ)が主役の法廷ドタバタコメディ。インターン仲間は4人いるものの、チャンバー(法廷弁護士事務所)が採用するのは1人のみ。就活競争は熾烈でやっかみ&蹴落とし合いがひどいのだけど、上司弁護士はやる気ゼロ。弁護する被告人は嘘つきばかりで弁護の価値なし。そんな人たちに囲まれているウィル君の、そこそこ(;´д`)トホホな日々を描いてます。面白いのだけど、法廷用語や難しいジョークも連発なので、ちゃんと分かっているのかな、わたし。崇高な気持ちで法廷弁護士を目指してるっぽい人が全然出てこないところや、ウィル君が気持ちをくじかれまくる様子がおかしくて、視聴継続中。

■書籍『おうちで深夜食堂』

4.5 out of 5

料理本は見ているだけでも大好き。こちらは簡単にできるつまみ系が豊富で、「ちょっと何か」のアイデア満載。最初に作ったのは「ツナレモンオニスラ」。オニオンスライスにツナを混ぜ、醤油とレモンで味付け。美味。

■NHK『ドキュメント72時間』「ワークアウト! 眠らない巨大スポーツジム」

4.0 out of 5

この番組の大ファンですが、同じジム通いをしている身としても興味がありました。体を鍛えるそれぞれの理由も面白いけれど、「人間のことが好きではない」と答えていた40歳男性(通信会社勤務)の人のコメントが1番興味深かったです。人がたくさんいる中の“個”を改めて感じた番組。私がそこそこ人のいる電車の中で本を読むとやたらと集中できるのと、ちょっと似てる気がして。共感しました。

■NNNドキュメント『ある日、夫が消えた』

3.0 out of 5

2015年に中国で人権弁護士が一斉に拘束された事件は覚えており、王さんが「消えて」しまったこともどこかのニュースで見ていました。こういったドキュメンタリーを見る時、スマホや動画撮影の意味や強さが良く分かります。興味深い内容だったのですが、中国にある自由と不自由がどの程度なのか、さらに分からなくなりました。両方の面(動画を撮影して海外メディアに流せる、取材に答える自由と、理不尽な理由で権利をはく奪されたり逮捕される不自由)の両方が見て取れるので、そのアンバランスさに謎が深まりました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

202010/26

言葉は自由の扉を拓くもの:映画『博士と狂人』を見て(ネタバレほぼなし)

日本で公開がはじまり、『荻上チキ セッション』でも特集されていた映画『博士と狂人』。イギリスでは昨年公開されたが、そ~んなに大きな話題にはならかった…という印象だ。

podcast80

【podcast80】筒美京平さんを追悼しつつ、昭和の歌についてワイワイ話す

先日、筒美京平さんがお亡くなりになりました。長い期間活躍された筒美京平さんですが、主に80年代の歌謡曲は2人にとってドンズバで、口ずさむことができる曲ばかりです。そこで、曲がかけられない私たちのpodcastでは筒美京平さん作曲の歌詞について、主に80年代のことなど、時に脱線しながらワイワイ話して見ました。

202010/24

大人だって救われたいのだ。ETV特集「敏感くんたちの夏」を見て思う事

ETV特集はほとんどの作品を見ている。特に戦争だったり人権だったりの作品はすぐに見ているが、この『敏感くんたちの夏』はちょっとほっておいた作品だった。

森

202010/19

【今日の云々:カルチャー日記 in 東京】10月12日(月)〜10月18日(日)

すっかり寒くなりました。寒さが苦手なので、カルチャーもほっこりするものを求めがちな今日この頃。あと、登場人物が走るシーンが多かったり、運動量が多いドラマやアニメもキモチ暖かくなる気がします。自分は1ミリも動いてないのですが…。

podcast79

【podcast79】「最近『オーラルケア』の話が楽しすぎる」について

妙齢おねいさんとして楽しく生きていきたいと思っているわたくし、フローレンスですが、最近同年代の友人が集まると、必ず「歯と歯周り」についての話題で盛り上がりまくります。

ページ上部へ戻る