© matka All rights reserved.

20176/8

【写真交換日記149】from London「緑マイブーム」

多肉植物、私も有り難いな~と思いつつ部屋に飾っています。
初心者でも育てやすいのに、元気で育ってくれるので本当にありがたい。
出来の良い我が子として日々愛でています。

私は以前「部屋の中に生き物があるのがイヤ」と思っていた時期がありました。
なので花も滅多に飾らなかったし、植物もおかない。庭いじりとかにも興味ナシ。
その当時「コンクリートの真四角の箱の中に住める」「家具はすべてスチール製のインダストリアルなものがいい」と思っていました。

ああなのに、ここ数年の突然の「緑マイブーム」は何なのでしょう?
ガーデンセンターに行くのが突然大好きになってしまい、街を歩いていて花屋があると必ず足を止めてしまう。
公園も大好きになり、その辺にいい感じの木や葉っぱが落ちていると拾って持って帰るぐらいなんだか「緑なヒト」になっている。

私は田舎っ子なので、緑に囲まれて育ちました。だから憧れがなかったのかもしれません。
そんな私にやってきた突然の「緑マイブーム」。
木でできた家具などが好きになってきた時期と緑ブームは時期が被るので、その辺から趣向が変わっていったようにも思います。

…と書くと、何だか突然の趣向変化のようにも見えるんですが、たぶん…これって加齢がなせる業なのかなあと?最近思ったり。

とんがったデザインのものも好きだけど、でも柔らかなもの、手になじむもの、肌障りがいいもの、目に優しいものもだんだん好きになってくる。その有り難さが身に染みるようになる。

数十年ぶりの「緑への回帰」はそんなことが理由なのかなあと。

今の家はベランダも庭もないので、緑を育てるのには向かないけれど、それでも多肉ちゃんや小さなハーブの鉢なら育てられそう。

この写真は先日、わりと近所のリッチモンド地区にあるオサレなガーデンセンターに行ったときの写真。

このガーデンセンターは素敵ですがお高~いことでも有名。
美しく育てられた苗木とガーデングッズが購入でき、そしてカフェ&レストランが併設されています。

ここは私にとってお茶を楽しみつつ、植木や苗木類を目で見て観察する場所。トレンドの植木や苗木、ディスプレイ法などのリサーチに最適です。
でも実際に家に持ち帰る鉢植えや苗木は、近所の野外園芸即売所(←ものすごくお安い)で買っています(笑)。
オサレガーデンセンターさん、すいません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20211/16

【今日の云々:カルチャー日記 in London】罪悪感なし人生ってどんなだろ?BBCドラマ『The Serpent(蛇)』、TBSラジオ『セッション』(成人の日・新聞社説読み比べ)にブヒブヒ笑う

シリアルキラー、シャルル・ソブラジについてこのドラマを見るまで全く知らなかったのですが、オサレな作りが目に楽しく、ソブラジの手軽に殺人していく奇妙さに眉を顰めつつで最後まで興味深く見切りました。

タイプライター

20211/14

コロナ禍だからこそのヒット要因?アニメ映画『劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン』と『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』の斜め評(ネタバレなし)

コロナ禍の年末の映画館、2作品とも公開からだいぶ経っているというのに、密を避ける1席空けではなくなった劇場の席はほぼ満席に近い状況だった。…

朝焼け

20211/13

【写真交換日記231】from Tokyo 「朝焼けと生業と」

新年になりました。今年もどうぞよろしくお願いします。ハナコさんは素敵なクリスマスツリーのある自宅で、クリスマスやお正月は豪華な料理を作って過ごしたことと思いますが、私は今年は実家に帰らず、独り、あまり平日と変わらない年末年始を過ごしました。

20211/13

【前のめりでスキップ(ロックダウン・ロンドン日報)】2021年1月12日:「『分かる言葉で』がむずかしい」

日本でひとり暮らしをするロージン(81歳になりました)母。このお方、地震と洪水を世界で1番心配しながら生きている。

podcast90

【podcast90】2021年これ流行るんじゃないか?日英談義

2021年がどんな年になるのか先行きの見えない新年ですが、そんな中でも地球をまたいで、トレンド予想をあれこれ話してみました!カルチャー、食、ファッションなど。ああ、トレンドセッターになってみたい…。

ページ上部へ戻る