© matka All rights reserved.

【パブが好きすぎる in London 番外編】くつろぎ&愛しの「おやじパブ」

※イギリスの「飲みどころ」と言えば「パブ(Pub)」。ほぼ下戸の・matkaロンドンのハナコと、ビールとパブを愛しすぎている「旦那のヒト」が訪れたパブのうち、おすすめのみを限定で紹介しているコーナーですが、今回はパブについてハナコが書いた記事のご紹介。

あまり飲めないのにパブが大好きなハナコと、生ぬるいエールを心から愛している「旦那のヒト」の2人でせっせと通うパブあれこれですが、「半パイント(1パイント=568mlなのでその半分)で朝まで踊れる」レベルでお酒に弱いワタクシが、パブに開眼したのにはきっかけがありました。

それはロンドンでも最も古いパブの1つとして有名な、クラーケンウェル地区にある「Jerusalem Tavern(エルサレム・タバーン)」に初めて行ったとき、その「しなびすぎた雰囲気」に一目ぼれしてしまったからです。

Jerusalem Tavern の外観。看板に「 1720」の文字が。この年からこの場所にあるそうです。古いフラット通りにあります。この近くに住めたらなあ…(お高すぎて買えませんw)。

初めて行ったのは暗くて寒い真冬の夜でした。せまーい店内に2か所ある暖炉がパチパチたかれていて、雪は降ってなかったけれど、気分は「雪の降る夜は楽しいペチカ♪」と歌いたくなるような暖かな雰囲気。そしてアンティーク感があふれまくる内装に本当に「陥落した」という気持ちになりました。

そこにある小汚い椅子も机もベンチも、すすけまくった暖炉も、ぜーんぶ持って帰りたいっ!

絶叫に近い心の雄たけびをあげたのが数年前。以来季節問わずに行っていますが、夏の平日の昼間に行ったのは今回が初めてでした。そしてこ~んな幸せな写真が撮影できて、うれしかった…!

写真撮影させてくれたおじさん、ありがとうございます♡。かなりいい気持ちになってて、陽気なお二人でした。

この手の古いたたずまいのパブは「Old man pub(オールドマン・パブ)」、つまり「おやじパブ」と呼ばれています。この辺の言葉の使い方は日英変わらないのも可笑しいのですね。でもこちらのパブはただの「おやじパブ」というだけでなく、この雰囲気が気に入って「このパブを目指してわざわざやってくる」人が多いのです。

クラーケンウェル界隈にあるデザインやファッション業界の人、大学が違いので学校関係者もお客さんとしてやってきます。「ちょっと意識高い系」の雰囲気醸し出しまくりのお客さん&ひなびたアンティーク感=すべて含めて「良い感じ」のたたずまいに仕上がっているのです。

うんちくこねないつもりで書いているこのカテゴリーなのに、十分講釈垂れてますね(笑)。毎月コラムを掲載させていただいている、東京最大のリノベーション賃貸会社「リズム」さんサイトで2つのお気に入りおやじパブを紹介しています。(もう1つのパブは、当サイトでも紹介済みの「Anterope」です。)

リズムさんのインスタグラムから。

記事はリンクはこちらです。読んでくださるとうれしいです(ペコリ)。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

【絵葉書通信11】from Yoko in Tokyo

震えるように寒い日の午後、東京のヨウコ さんから、寒色なのに暖かな風合いの葉書を受け取りました。 前回の私の「月面着陸第一歩」とつな…

スタバとワタシ Part2「海外のスタバとワタシ」

私は海外旅行の際、結構スタバを利用する。そう、「利用」する。海外でひとりで気ままにぷらぷらしていて疲れてきた時、地元のカフェの戸を開けたい気持ちは山々だが、如何せん入りづらい時もある。

20201/21

【ビスケット】M&S Viennese Rasperry Creams:ふんわりラズベリー色の憎いヤツ

イギリスで見つけた、紅茶・コーヒー・ビスケットのパッケージ。可愛いもの、洗練されたもの、何とも洒落ているものいろいろ。デザインも素敵、そし…

スタバとワタシPart1

スタバとワタシ Part1 「日本のスタバとワタシ」

「スタバ(Starbucks)を観察すると、社会が見えてくる!」との勝手な思い込みで、私のほんの少しの思い出と共に綴る6回シリーズです。お付き合いいただけたら幸いです。

【podcast41】前髪斜めに切ってみました「占いについて思うこと」

年のはじめは、いろんなサイトで2020年の占いを掲載していますよね。私は占いに狂信的ではないですが、この時期は占いの読み比べをするのが楽しいです。占いの言葉使いは独特で、著者は抽象的な内容を読者に納得できるように、いかに書くかがポイントだと思います。同じ占星術でも著者によって言葉選びが全然異なるところも興味深いですね。揶揄するわけではなく、時に真理を突く占いあれこれについて思うことろを話してみました。

ページ上部へ戻る