© matka All rights reserved.

宇宙 紅茶

20202/13

【写真交換日記203】from Tokyo「宇宙で紅茶」

漫画「あさって朝子さん」、知らない漫画でした。面白そう!そして、柏原よしえはとてもいい声で、歌が上手かったんだなあ!と改めてびっくりしました。ところで、実際問題、「紅茶のおいしい喫茶店」はなかなか見つからないのが現状。たまに行く自由が丘には「ティーダブリュージー ティー(TWG TEA)」「ルピシア」のティールームがありますが、ケーキやマカロンと一緒に飲む「優雅な紅茶」のイメージで、気軽に一人でぷらっと入る感じではありません。

そんな訳で、家で紅茶を飲むのですが、私は紅茶は穏やかな気分で飲みたいような気がするのです。同じカフェイン飲料のコーヒーとはまた違った気分で。そんな時聴きたい曲が、 松本淳一さんの 「 0 Canyon 」(2016年)というアルバムです。

映画音楽などを手がけ、2014年に日本アカデミー賞優秀音楽賞(是枝監督「そして父になる」)を受賞した松本氏の2ndソロアルバム。懐かしさと新しさ、アナログと電子、渾然一体となりながらも不思議と耳馴染みの良い、ポストクラシック音楽。松本氏がアイスランドに留学帰国後に制作された音楽と聞いて、納得。部屋で一人聴いていると、透明な優しい球体に囲まれて、別の場所に旅した気分になってくる。ガラスのカップで綺麗な色の紅茶とともに。

宇宙でこのアルバムを聴きながら紅茶を飲めたなら。と思わずにはいられません。どこかの社長じゃなくても宇宙旅行できる日が早くきますように…。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

【podcast237】旧正月のパーティに初参加して思ったこと in London

2月10日は春節(旧正月)でした。この日、中国系イギリス人の友人が開催した「旧正月を祝うホームパーティ」に初参加したわたくしフローレンス。この日に聞いたこと、思ったこと…についてポッドキャストで話しました。

podcast236

【podcast236】年末年始考えたこと「死と行動」

今生きている人はいずれ亡くなることは、皆が知っている事実ですが、戦争や震災や病気などでいつ誰が亡くなるかは、誰にもわからないなあ。と思いつつ、私自身の死を考えるきっかけがあったことで、とある行動につながることもあったり。そんなことをあれこれ話してみました。

【podcast235】少年犯罪:甲府の事件とイギリスの事件、そして死刑制度について

2024年1回目のポッドキャストですが、マトカらしく?(笑)重いテーマです。録音したのは2024年2月2日。この日、2つのニュースが飛び込んできました。

podcast234

【podcast234】今年見たエンタメあれこれ(豊里耳版)

先週に引き続き、今年見た(読んだ)エンタメの中で面白かった、印象に残った作品を2人であれこれ話してみました。年末年始、何を見ようか(読もうか)と思っている方に参考になれば幸いです。

【podcast233】今年見たエンタメあれこれ(フローレンス版)

いよいよ2023年も終わりですが…今年見たエンタメいろいろについてはなしました。今回はフローレンスが鑑賞した&視聴したものをあれこれ語っています。

ページ上部へ戻る