© matka All rights reserved.

20181/25

前のめりでスキップ(ロンドン日報)2018年1月25日(木)「『何でもない』が難しい」by hanako

※【前のめりでスキップ(ロンドン日報)】
かなりせっかちで前のめり。急がば周れないばかりか、地団駄踏んで転んでる。プリプリ怒って日が暮れる。そんなハナコのロンドン暮らしの絵日記。あまりロンドンぽくなくてすいません。

今の家に引っ越したのはもう2年半も前なのに、まだまだ家具が揃っていない。

現在の課題はソファーの前に置く「コーヒーテーブル」。

ソファー前にテーブルがないと、手持無沙汰というか、落ち着かないのか。人が来てもあまりソファーに座ってくれない。

皆ダイニングテーブルの方にす~っと向かう。

そんなもんなんですね。

せっかくソファーを買ったのに(これも一苦労だった)「なんだかなあ」とも思うので、焦ってテーブルを買いたくなるのだけれど、家具は1度買ったら捨てるのも大変。なので、グッと我慢して「運命のコーヒーテーブル」を探し続けている。

これが…なかなかないんですよ。

ほしいのは、本当にシンプルな「ただの机」。

ただただシンプルな、4本足の「フツー」のがほしいんです。

でもこの「フツー」の「シンプル」…が、ない。

とは言え探してはいるので、時々ネット上で「オッ、いいな!」と思うものに出会ったりもする。

でも、そういう「フツー」の「シンプル」に限って、おっそろしくお高い。

「なんでもない」ことがポイントなのに、その「なんでもない」が10万円とかしちゃったら、もうそれは「なんでもある」テーブルではないですか!?

イギリスでよく見るタイプのコーヒーテーブルには、天板の下にマガジンラックがついている。でも実は、この部分は私たちには必要なかったりもする。

…というのは、床に座ったときに膝が入る形の方が使いやすいから。

理想の高さは「サザエさんちのちゃぶ台」ぐらい。

でも高すぎたり、低すぎたりで、なかなかないのよ、「サザエさんち」の高さのものって。

「何でもない」が難しい。「運命の」コーヒーテーブル探しはまだまだ続く。

===

instagramでも更新しています。覗いてくださると嬉しいです(ペコリ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

202010/26

文字と本は自由の扉を拓くもの:映画『博士と狂人』を見て(ネタバレほぼなし)

日本で公開がはじまり、『荻上チキ セッション』でも特集されていた映画『博士と狂人』。イギリスでは昨年公開されたが、そ~んなに大きな話題にはならかった…という印象だ。

podcast80

【podcast80】筒美京平さんを追悼しつつ、昭和の歌についてワイワイ話す

先日、筒美京平さんがお亡くなりになりました。長い期間活躍された筒美京平さんですが、主に80年代の歌謡曲は2人にとってドンズバで、口ずさむことができる曲ばかりです。そこで、曲がかけられない私たちのpodcastでは筒美京平さん作曲の歌詞について、主に80年代のことなど、時に脱線しながらワイワイ話して見ました。

202010/24

大人だって救われたいのだ。ETV特集「敏感くんたちの夏」を見て思う事

ETV特集はほとんどの作品を見ている。特に戦争だったり人権だったりの作品はすぐに見ているが、この『敏感くんたちの夏』はちょっとほっておいた作品だった。

森

202010/19

【今日の云々:カルチャー日記 in 東京】10月12日(月)〜10月18日(日)

すっかり寒くなりました。寒さが苦手なので、カルチャーもほっこりするものを求めがちな今日この頃。あと、登場人物が走るシーンが多かったり、運動量が多いドラマやアニメもキモチ暖かくなる気がします。自分は1ミリも動いてないのですが…。

podcast79

【podcast79】「最近『オーラルケア』の話が楽しすぎる」について

妙齢おねいさんとして楽しく生きていきたいと思っているわたくし、フローレンスですが、最近同年代の友人が集まると、必ず「歯と歯周り」についての話題で盛り上がりまくります。

ページ上部へ戻る