© matka All rights reserved.

20186/20

前のめりでスキップ(ロンドン日報)「増える帽子と母」by hanako

※【前のめりでスキップ(ロンドン日報)】
かなりせっかちで前のめり。急がば周れないばかりか、地団駄踏んで転んでる。プリプリ怒って日が暮れる。そんなハナコのロンドン暮らしの絵日記。あまりロンドンぽくなくてすいません。

母はずっと働いていた人だったので、10数年前に仕事を引退したときはまあまあ嬉しかったんじゃないかと思っていた。しかし、引退してから数年経ったころからせっせと手仕事(手芸)をはじめた。

日々は忙しく過ぎていく。今は父が病気だし、母自身も昨年ガンの手術をしたので各種病院への通院も忙しい。父の嚥下が難しくなってきたこともあって、食事や日々の動作のサポートも大変になってきた。暇どころか仕事をしていた頃より忙しいのではないだろうか? 時々自身も疲れて横になったりしているようだが、そうすると父が心配するからと、元気そうに頑張っている。私は遠くにいるので日々の手伝いができないことに罪悪感を感じているが、「2人で気楽にやっているから」「ハナコが帰ってくると、ペース変わっちゃうから(帰ってこないで)」とあまりヘルプを求めない。

そんな多忙な毎日なのに、母の手仕事のペースが加速している。目が悪くなってきてミシンを使うのが怖いらしく、編み物の方が得意。編めるものだったらなんでも編む。手袋、マフラー、レッグウォーマー、手提げ、帽子などいろいろ。私の日々の生活で身に着ける、かなり多くのものが母の手編みだ。なかなかセンスが良く「何でもオーダーして」というので、「こんなのほしい」とよくリクエストしている。するといろいろ工夫したうえでリクエスト通りのものを編んでくれる。海を渡って、母手作りのいろいろが定期的に届いている。

ここ数年、私は帽子なしで外出することがあまりない。秋~春はベレー帽。夏はつばのついた麦わら帽子。今はいろんな素材の手芸用品がでているので、麦わら帽子も毎年母の手作りのものをかぶっている。帽子なしで外出するのが違和感なほどだ。

毎年大量に編まれ、大量に送られてくる帽子たち。1つ1つ似ているようで、ちょっとずつ違う。気温や日差し、洋服に合わせて別のものを選ぶのも外出時の楽しみになっている。とはいえ、被る私は1人なのに、棚に鎮座して被られるのを待っている帽子たちが多すぎる…。その数、20個以上。棚だけ見ると、まるで小さな帽子屋のようだ。出番のない帽子たちが時に不憫に思うほど。

「無理して頑張って編まなくていいよー」と言っても、せっせと「快速編み機」のように製作する母。毎晩テレビを見ながら、手を止めることなくずっと編み続けているらしい。そうやって一生懸命、忙しく、ずっと働いて生きてきた人なんだなあ…と思う。もしくは編み物に集中している時間が、母の癒しの時間にもなっているのだろうか? そうだったらいいのだけれど。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20211/20

【写真交換日記232】from London「年末年始ふりかえり」

この間クリスマスがやってきて、つい先日大晦日になり、そして一昨日ぐらいにお正月だったはずなのですが、恐ろしいことにもう1月も後半。このまま…

【podcast91】イギリス発・最近視聴したおススメ2本(ドキュメンタリー&ドラマ)『The Mole: Infiltrating North Korea(モグラ:北朝鮮への潜入取材)』『ザ・サーペント(毒蛇)』

こんにちは。ロンドン在住のフローレンス22世です。 地球の反対側に暮らす ロンドン在住の「フローレンス22世」と東京在住「豊里耳(と…

20211/16

【今日の云々:カルチャー日記 in London】2021年1月11~14日:罪悪感なし人生ってどんなだろ?BBCドラマ『The Serpent(毒蛇)』、TBSラジオ『セッション』(成人の日・新聞社説読み比べ)にブヒブヒ笑う

シリアルキラー、シャルル・ソブラジについてこのドラマを見るまで全く知らなかったのですが、オサレな作りが目に楽しく、ソブラジの手軽に殺人していく奇妙さに眉を顰めつつで最後まで興味深く見切りました。

20211/15

【前のめりでスキップ(ロックダウン・ロンドン日報)】2021年1月15日(金):「断らなくてもいいのに」

夫のヒトは昨年3月から1度も出社せず在宅勤務。別の部屋で仕事をしているので、夜仕事が終わるまではあまり顔も合わせません。

タイプライター

20211/14

コロナ禍だからこそのヒット要因?アニメ映画『劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン』と『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』の斜め評(ネタバレなし)

コロナ禍の年末の映画館、2作品とも公開からだいぶ経っているというのに、密を避ける1席空けではなくなった劇場の席はほぼ満席に近い状況だった。…

ページ上部へ戻る