© matka All rights reserved.

【podcast169】NHK『イエスと歩む沖縄』に感激

こんにちは。フローレンス22世です。

地球の反対側に暮らす ロンドン在住の「フローレンス22世」と東京在住「豊里耳(とよさと みみ)」。 2人がぐるっと電話でつながりアレコレ話す「環・地球おしゃべり」、それがマトカのpodcastです。

今回はNHK Eテレ『こころの時代~宗教・人生~』で放送された(初回放送は2012年)『イエスと歩む沖縄』について耳さんと話しました。

沖縄在住の牧師・平良修さんを一躍有名にしたのは1966年11月2日のこと。当時沖縄はアメリカ領でしたが、沖縄第5代琉球列島高等弁務官就任式に祈祷牧師として招かれました。そして「神よ、新高等弁務官が最後の高等弁務官となり、沖縄が本来の正常な状態に回復されますように」と祈りました。つまり高等弁務官に、アメリカに、沖縄を悲惨な戦争に巻き込んだ日本に、社会に、政治に対し、真正面から挑み、反意を唱えたのです。

これがどんなに勇気がいる行為だったのか、番組を見ると分かります。

すごいよ。カッコいいよ。

番組を見て感動し、平良さんの事を調べると、あら。平良さんって、平良愛香さんのお父さまだったのですね。ゲイとカミングアウトした上で牧師になった日本第1号です。

↑良記事です。番組とこの記事、合わせて視聴・読むと味わい深いです。

またポッドキャストの中で触れたゴスペル曲『We Shall Overcome(勝利を我らに)』にも心打たれました。シンプルな歌詞ですが、胸を突きます。

この曲はアメリカが公民権運動に燃えていた時代に盛んに歌われていたそうです。しかしこの曲を世界的に有名にしたのは意外にも白人です。公民権運動を支持していたフォーク歌手、ピート・シーガーが世界に広めました。

↓こちらは圧倒的な歌唱力で聞かせるJoan Baez版。

「かならずいつか、私達は乗り越える」と繰り返される歌詞は、平良さんの人生そのものです。

このドキュメンタリーを見ると、沖縄のこと、キリスト教のこと、ゴスペルのこと、アメリカのこと、いろいろ知りたくなります。素晴らしい番組です。NHKアーカイブスから視聴できるのでぜひ見てくださると嬉しいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

【podcast173】「エリザベス女王が亡くなったけど」― リアルで斜め目線、ロンドンからの生報告

エリザベス女王の死去。日本でライブ感覚でニュースになっているようですね。でもさ、それってどうなんだろ。ロンドンではこんな感じ…をフローレンスが現地から生報告しました。

【podcast172】洗濯について。日々のチャレンジ、とにかく汚れを落としたい!

白いTシャツを愛するワタクシ、シミのつきやすい服を着つつ、シミをつけやすい行動(粗相)が多いのでとにかく洗濯には熱心にならざるをえないのが現状。そんな中でも新しい発見があるもので…。そんな洗濯についてのエトセトラをフローレンスさんと話しました。

【podcast171】ロンドンに「うどん」ブームが到来。非日本人友人たちと食べに行ったところ…

こんにちは。フローレンス22世です。 地球の反対側に暮らす ロンドン在住の「フローレンス22世」と東京在住「豊里耳(とよさと みみ)…

【podcast170】夏の終わりにおすすめ!涼しげな波の表現を堪能する夏休みアニメ映画3選

お盆過ぎると「夏を満喫できたんだろうか?」という気持ちのままま年末のことをぼんやり考えてしまう今日この頃。海に行ってない方も「もう海行ったな、私!(海に行ったも同然)」と思えるような波や水の表現が心地いいアニメを3作品の見どころ紹介します。三者三様の水の表現が楽しめます。

【podcast168】おすすめ映画『沖縄スパイ戦史』

毎年、この時期になると自分への課題として意識的に戦争関連の作品を見たり読んだりするようにしています。普段から見ればいいのですけど、なかなか覚悟がいる作品も多くて…。とウォッチリストに入っていて、先日ようやく観た作品が映画『沖縄スパイ戦史』です。その見どころについてあれこれ話してみました。

ページ上部へ戻る