© matka All rights reserved.

20197/19

前のめりでスキップ(ロンドン日報)「キビシめ『おべんとうレター』」by hanako in London


※【前のめりでスキップ(ロンドン日報)】
かなりせっかちで前のめり。急がば周れないばかりか、地団駄踏んで転んでる。プリプリ怒って日が暮れる。そんなハナコのロンドン暮らしの絵日記。

子どもの時好きだった絵本の1つ「おべんとうレター」。お父さんが娘に手紙を書き、おべんとうに入れてくれるお話です。

私の記憶では洋物絵本の翻訳だったんですが、全然違いました。日本の絵本です。作者は久保田昭三さん。今ブログを発見しましたが、とてもやさしい言葉でつづられています。ほかの著作も読みたくなりました。

この絵本の画像を探したのですが埋め込めるものがなかったので、挿絵を描いた中谷千代子さんの別の絵本を紹介したツイートを埋め込みます。松谷みよ子さんとの作品も大好きでした。

====

さて、可愛らしい久保田さんと中谷さんの絵本とはうって変わって…コチラが本日のワタクシから旦那のヒトへの「おべんとうレター」。


グレートニュース!! ビール2杯までは 罪悪感フリーを安心保証!」
と書いております。 こちらでよく見る割引チラシ風。

このお手紙の背景をお話しすると、現在日本から友人が来英しており、久々に会うのです。大好きなガストロパブを予約しました。

ビールも食べ物も素敵に美味しいパブなんです。

私も楽しみにしているのですが、実は昨晩、こんなことがありました。

ジムに行った後に体重計に乗って「ちょっと痩せた!」と喜んでいた旦那のヒト。

ワタクシ:「おお、よかったねえ」

と喜んだその直後に、旦那のヒトは本日のパブについての「やる気(=飲む気・食べる気)」の意思表明を延々とぶちまかしており…。

なので本日のおべんとうレターはこんなんで。

ハイ、分かってますよ。

イヤーな嫌味

です♡。

英語で書いたのは、嫌味の「ちょい緩和」を狙って。

このお手紙のビール抑制剤的効果がゼロなのは承知の介だけど、まあ、言うのはタダだからさ(笑)。

ご存じの通り、家庭内厳しめキャラでやってますのよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

podcast117

【podcast117】【ネタバレ有】ドキュメンタリー『カルロス・ゴーン:最後のフライト』について語る

先日記事としてもUPしましたが、カルロス・ゴーン(元日産CEO)の世紀の大逃亡劇を自分でべらべら語るドキュメンタリーがBBCで放送されました。とても面白かったので、ポッドキャストでも紹介しました。

イサム・ノグチ展あかりシリーズ

【写真交換日記243】from Tokyo 「梅雨明けの猛暑を逃れて“イサム・ノグチ展”」

セレブ歯医者に通うハナコさんの前回の写真交換日記を読み返して、「そうだ私も歯医者に検診行かねば!」と思うのでした。意図しないところにお金が…

20217/19

【前のめりでスキップ(ロックダウン・ロンドン日報)】2021年7月18日(日):「短い夏と、パブと、フリーダムディと」

ここ数日、夏らしい日が続いているロンドンです。そして明日は「フリーダムディ」。イングランドのソーシャルディスタンス策が撤廃になるのです。

podcast116

【podcast116】「食品成分表」からの食クイズ!(小ネタ)

普段生活していて、「食品成分表」の本を読む機会のある方は少ないかと思いますが、「食」は全ての人に関係あるもの。「食品成分表」はペラペラめくってるだけでも実はとっても面白い読み物なのです!そんな「食品成分表」の中からワタクシ耳からフローレンスさんへクイズを出題する形式で、食に関しての小ネタをさまざま話してみました。皆さんも一緒に答えを考えてみてくださいね!

20217/16

【ややネタバレ有】ドキュメンタリー『カルロス・ゴーン:最後のフライト』世紀の大脱走、その一部始終を「自分解説」

TOP画像:BBCオンライン版のキャプチャ画像より。© 2021 BBC  BBCのドキュメンタリー番組「Storyville」は英国内外の事例を骨太な視点で描いた作品を放送・配信しているシリーズだ。

ページ上部へ戻る