© matka All rights reserved.

アサーション権

【podcast 18】前髪斜めに切ってみました&宇宙事件簿「もっと広めたい、アサーション権」「憲法裁判記録8割超を廃棄」

こんにちは豊里耳(とよさと みみ)です。

地球の反対側に暮らす ロンドン在住の「フローレンス22世」と東京在住「豊里耳(とよさと みみ)」。 2人がぐるっと電話でつながりアレコレ話す「環・地球おしゃべり」、それがマトカのpodcastです。

今回は両方とも真面目なトーンでお届けします。様々このpodcastでお伝えしたことがある2人なので、トーク力は努力中ですが、おつきあいいただけたらうれしいです。

===

===

いつものようにマトカのPodcastは2つのコーナーに分かれています。

①「前髪斜めに切ってみました」(約20分)

タイトルが表すとおり、世の中や、身の回りの興味深い事柄を、毎回テーマ決めて斜め切りで話していくpodcastです。

今回のテーマはまだ日本では認知の低い「アサーション権」についての話です。
「アサーション権」は「自他尊重のコミュニケーション」※で、人間の基本的な権利です。相手のことを大切にしつつ、自分の意見を話すことは、「空気を読む」ことが大切とされている日本社会では難しいことですが、アサーティブになれれば、生きづらさを解消できる対人関係の悩みや問題が多くあるように思います。

※出典「平木典子. アサーションの心 自分も相手も大切にするコミュニケーション (Japanese Edition) (Kindle の位置No.94). Kindle 版. 」

至らない私の説明で、申し訳ないですが、ぜひ日本に広まって欲しいなと思い、今回のテーマにしました。「アサーション権」については、平木典子さんの著書をはじめ、多数の本が出版されていますので、詳しくはぜひ関連書を読んでみていただけたらと思います。

===

②「宇宙事件簿」(約20分)

宇宙の隅々から奇妙奇天烈なニュースを探して、斜め目線で軽く突っ込んでみるコーナーです 。

今回はフローレンス22世が「あのおめでたニュース」の影で十分に報道されていない、「憲法裁判記録が8割超を廃棄されていた」というニュースを取り上げます。

このニュースに限らず、きちんと広く報道されて欲しいニュースが報道されない現実。テレビで他の重要なニュースを脇に置いて、「その話題」が必要以上に時間を割いて報道する必要がある話題なのかどうかを考え直してはどうだろうか。「視聴者が望んでいるものを」という言い訳はなしにしてね。

===

聞いてくださると嬉しいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

【podcast97】NHK『7年ごとの記録 35歳になりました』について話す

今回はNHK『7年ごとの記録』シリーズについて話しました。私はこの番組の大ファンで、1992年から毎回欠かさず見ています。ちなみにこの番組の元になっているのは、1964年にイギリス・グラナダテレビ制作したドキュメンタリー番組『seven up!(7歳の記録)』と、それに続くシリーズ。

20212/25

【今日の云々:カルチャー日記 in London】2021年2月22日~27日:『ドキュメント72時間』の私的ベスト回、入管法改正、名前のない家事、池内さおりラジオ

■2021年2月22日(月):TBSラジオ『荻上チキ・Session・「名前のない家事」という問題』(2021年2月17日(水)放送分) …

20212/24

【ドキュメンタリー】『Framing Britney Spears(ブリトニー・スピアーズを描く)』毒父VSブリちゃんの戦い(少々ネタバレ有)

TOP画像:『Guardian』オンライン版のキャプチャ画像より。© 2021 Guardian News & Media Limited / Framing Britney Spears. Photograph: Sky どうも私はブリトニー・スピアーズ(以下ブリちゃん)が好きらしい。積極的に彼女を追ってるわけではないのだが、Youtubeを見てると時々&偶然『Baby One More Time』のPVに行き当たる。

【podcast96】花粉の季節到来!ムズムズ展開ストーリー

花粉症を患っている皆様、今年も杉花粉到来の時期になりました。今年はさらに人前で無闇にくしゃみをするとひんしゅくを買うという、苦難。そんな季節にちなみまして、映画やドラマのエンターテイメント作品で散見する、「ああ、またこの展開か!」という観ながら思わずムズムズしてしまう展開についてあーだこーだ話してみました。

【絵葉書通信19】from Yoko in Tokyo

雪が降った先週よりは暖かいけれど、それでもまだまだ冬&どんより空のロンドンに、春の息吹を感じるハガキが届きました! …

ページ上部へ戻る