© matka All rights reserved.

アサーション権

【podcast 18】前髪斜めに切ってみました&宇宙事件簿「もっと広めたい、アサーション権」「憲法裁判記録8割超を廃棄」

こんにちは豊里耳(とよさと みみ)です。

地球の反対側に暮らす ロンドン在住の「フローレンス22世」と東京在住「豊里耳(とよさと みみ)」。 2人がぐるっと電話でつながりアレコレ話す「環・地球おしゃべり」、それがマトカのpodcastです。

今回は両方とも真面目なトーンでお届けします。様々このpodcastでお伝えしたことがある2人なので、トーク力は努力中ですが、おつきあいいただけたらうれしいです。

===

===

いつものようにマトカのPodcastは2つのコーナーに分かれています。

①「前髪斜めに切ってみました」(約20分)

タイトルが表すとおり、世の中や、身の回りの興味深い事柄を、毎回テーマ決めて斜め切りで話していくpodcastです。

今回のテーマはまだ日本では認知の低い「アサーション権」についての話です。
「アサーション権」は「自他尊重のコミュニケーション」※で、人間の基本的な権利です。相手のことを大切にしつつ、自分の意見を話すことは、「空気を読む」ことが大切とされている日本社会では難しいことですが、アサーティブになれれば、生きづらさを解消できる対人関係の悩みや問題が多くあるように思います。

※出典「平木典子. アサーションの心 自分も相手も大切にするコミュニケーション (Japanese Edition) (Kindle の位置No.94). Kindle 版. 」

至らない私の説明で、申し訳ないですが、ぜひ日本に広まって欲しいなと思い、今回のテーマにしました。「アサーション権」については、平木典子さんの著書をはじめ、多数の本が出版されていますので、詳しくはぜひ関連書を読んでみていただけたらと思います。

===

②「宇宙事件簿」(約20分)

宇宙の隅々から奇妙奇天烈なニュースを探して、斜め目線で軽く突っ込んでみるコーナーです 。

今回はフローレンス22世が「あのおめでたニュース」の影で十分に報道されていない、「憲法裁判記録が8割超を廃棄されていた」というニュースを取り上げます。

このニュースに限らず、きちんと広く報道されて欲しいニュースが報道されない現実。テレビで他の重要なニュースを脇に置いて、「その話題」が必要以上に時間を割いて報道する必要がある話題なのかどうかを考え直してはどうだろうか。「視聴者が望んでいるものを」という言い訳はなしにしてね。

===

聞いてくださると嬉しいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

川

202012/2

【今日の云々:カルチャー日記 in 東京】11月16日(月)〜11月29日(日)異世界で現実逃避、かたやドキュメンタリーに打ちのめされる

毎年のことですが、もう12月。今年は朝ドラや大河ドラマが中断したり、映画も公開延期になったりして(007の新作を早く観たい!)、カルチャーも様々変更を余儀なくされた年でした。そんな中でもアニメ映画もテレビも比較的コロナ禍でも強いコンテンツかもしれないですね。

202011/29

【前のめりでスキップ(ロックダウン・ロンドン日報)】2020年11月28日:「まだ来てないけど…」

ワタクシ大変神経質なたちでして、いままで「ほこりの舞」やら「ちょっとしたチリ」が気になって気になって大変でした。

podcast85

【podcast85】過去の炎上広告から考えるジェンダー

最近、世の中のジェンダー平等への意識の高まりを感じつつ、ジェンダーギャップについて考えることが多い今日この頃です。本来であれば、新しい価値観を提案して欲しい広告ですが、いまだにどうしても旧来の「男らしさ」「女らしさ」を求める広告や、性別役割分業を想起させるステレオタイプ的な広告も多く、結果炎上→謝罪…。そんなことから、ジェンダーについて、あれこれ話してみました。

202011/28

【今日の云々:カルチャー日記 in London】2020年11月23日~29日「三島由紀夫、英ドラマ『Life』、ISからの帰還、『テロルの決算』」

この番組、放送前から楽しみにしていました。いままでとは違う角度からの三島論だったのでその点では興味深かったものの、内容的には不満足。

202011/25

【前のめりでスキップ(ロックダウン・ロンドン日報)】2020年11月25日:腸活とスパイスとお腹問題

わたしはお腹問題をずーっと抱えて生きてきました。赤ちゃんの頃からです。腸が平均よりもずーっと長く&細いため、うまく動かない。

ページ上部へ戻る