© matka All rights reserved.

【podcast19】前髪斜めに切ってみました:改めましての「自己紹介ネタ」2本立て

皆様こんにちは、フローレンス22世です。

地球の反対側に暮らす ロンドン在住の「フローレンス22世」と東京在住「豊里耳(とよさと みみ)」。 2人がぐるっと電話でつながりアレコレ話す「環・地球おしゃべり」、それがマトカのpodcastです。

このPodcastを週1更新にしてから早数カ月たちました。ワタクシも耳さんもおしゃべりはなかなか上手にならないものの、

この辺で勇気を出してYoutubeにもアップしようか…?

と思うに至りました。

かなりドキドキしていますが…清水の舞台から飛び降りてみようかと思います。

恐ろしいけれど、公開してみました…。ドキドキドキ…。

そこで今回はYoutube公開をするにあたり、改めてワタクシたち2人を自己紹介する内容にしてみました。「前髪斜めに切ってみました」の2本立てでお送りします。

===

===

「前髪斜めに切ってみました」

タイトルが表すとおり、世の中や、身の回りの興味深い事柄を、毎回テーマ決めて斜め切りで話していくpodcastです。

テーマその①
「フローレンス22世の自己紹介:イギリスの好きなところ、嫌いなところ」

こちらはワタクシ、フローレンスが選んだテーマです。イギリスに暮らして10数年、長く暮らしているので好きなところも嫌いなところもたくさんあります。フローレンスが生活者として眺めるイギリスの長所と短所を語ることで、自己紹介の一端になるかな?と考えました。

ユニークな個性が尊重される良さ、そしてインフラはまあまあグタグタのイギリス。その辺をほめたりディスったりながら語ります。

※お詫び:20分10秒前後で、電話回線の不具合から1度会話が途切れています。申し訳ございません。

テーマその②
「豊里耳の自己紹介:私の好きな好きな映画&本&マンガ」

耳さんはかなりの映画好きであり読書家です。ワタクシも映画・本・マンガと共に人生を歩んできましたが、彼女が紹介してくれる作品にかなり触発を受けています。

例えば映画の場合、80年代はアイドル映画にうつつを抜かし(たのきんトリオとかねw)、90年代は割と時代受けしそうな洋画系アート・シネマにはまっていたワタクシとは異なり、耳さんは大学時代から古い邦画作品(昭和20年代~の名作)を見てきました。彼女の感想を聞きながら、ワタクシも改めて邦画をしっかり見たいと思いました。

耳さんの1番好きな作品「浮雲」。思い出しただけで泣けるそうです。

言葉を選んで語る耳さんに対し、ワタクシがケーハクな突込みをしていますが、その辺が2人の関係性を物語ったりもしております。

聞いていただけると嬉しいです。

===

===

※Youtubeでの公開は準備が整い次第行います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

podcast75

【podcast75】長谷川町子さんの作品について語る

今回は、フローレンスが子供のときから愛してやまない長谷川町子さんの作品について語りました。

20209/21

【今日の云々:カルチャー日記 in London】9月21日(月)〜更新中「現在、玉木宏と高橋一生に翻弄され中」

今週はバタバタ忙しいのに、本日もかなり無理してジムに行った理由はただ1つ、『竜の道』5話が見たいから! これ見ると、走るの大っ嫌いなわたくしがいつもより長めに走れてしまうのだから、凄いのです。

Photo by Clay Banks on Unsplash

20209/21

【今日の云々:カルチャー日記 in 東京】9月14日(月)〜9月20日(日)

amazonオリジナルドラマ『The Boys ザ・ボーイズ』シーズン25話視聴。前から思ってましたが、MMが知性と冷静さと優しさを兼ね備えた人で、つくづくいいひと。ヒューイとブッチャーの関係の定着がホッとする一幕も。凶暴なお兄ちゃんと温和な弟なんだね。ホームランダーの地位の揺らぎ、そして、とうとう最悪のカップル誕生しちゃったよ。

20209/20

【今日の云々:カルチャー日記 in London】9月14日(月)〜20日(日)

今週は『レイルウェイ』のレビューを書くだけで勝手に息切れ。お恥ずかしい。今週見たものをざざっとプレイバック。

20209/20

【お知らせ】「コロナ禍で「庭付き戸建て」のブーム到来、不動産マーケットが活況に!」Pen オンライン版配信

『Pen Online(雑誌『Pen』オンライン版)』さんの【コロナと闘う世界の都市から】のコーナーで、ロンドンの情報を書かせていただいています。

ページ上部へ戻る