© matka All rights reserved.

【podcast19】前髪斜めに切ってみました:改めましての「自己紹介ネタ」2本立て

皆様こんにちは、フローレンス22世です。

地球の反対側に暮らす ロンドン在住の「フローレンス22世」と東京在住「豊里耳(とよさと みみ)」。 2人がぐるっと電話でつながりアレコレ話す「環・地球おしゃべり」、それがマトカのpodcastです。

このPodcastを週1更新にしてから早数カ月たちました。ワタクシも耳さんもおしゃべりはなかなか上手にならないものの、

この辺で勇気を出してYoutubeにもアップしようか…?

と思うに至りました。

かなりドキドキしていますが…清水の舞台から飛び降りてみようかと思います。

恐ろしいけれど、公開してみました…。ドキドキドキ…。

そこで今回はYoutube公開をするにあたり、改めてワタクシたち2人を自己紹介する内容にしてみました。「前髪斜めに切ってみました」の2本立てでお送りします。

===

===

「前髪斜めに切ってみました」

タイトルが表すとおり、世の中や、身の回りの興味深い事柄を、毎回テーマ決めて斜め切りで話していくpodcastです。

テーマその①
「フローレンス22世の自己紹介:イギリスの好きなところ、嫌いなところ」

こちらはワタクシ、フローレンスが選んだテーマです。イギリスに暮らして10数年、長く暮らしているので好きなところも嫌いなところもたくさんあります。フローレンスが生活者として眺めるイギリスの長所と短所を語ることで、自己紹介の一端になるかな?と考えました。

ユニークな個性が尊重される良さ、そしてインフラはまあまあグタグタのイギリス。その辺をほめたりディスったりながら語ります。

※お詫び:20分10秒前後で、電話回線の不具合から1度会話が途切れています。申し訳ございません。

テーマその②
「豊里耳の自己紹介:私の好きな好きな映画&本&マンガ」

耳さんはかなりの映画好きであり読書家です。ワタクシも映画・本・マンガと共に人生を歩んできましたが、彼女が紹介してくれる作品にかなり触発を受けています。

例えば映画の場合、80年代はアイドル映画にうつつを抜かし(たのきんトリオとかねw)、90年代は割と時代受けしそうな洋画系アート・シネマにはまっていたワタクシとは異なり、耳さんは大学時代から古い邦画作品(昭和20年代~の名作)を見てきました。彼女の感想を聞きながら、ワタクシも改めて邦画をしっかり見たいと思いました。

耳さんの1番好きな作品「浮雲」。思い出しただけで泣けるそうです。

言葉を選んで語る耳さんに対し、ワタクシがケーハクな突込みをしていますが、その辺が2人の関係性を物語ったりもしております。

聞いていただけると嬉しいです。

===

===

※Youtubeでの公開は準備が整い次第行います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

川

202012/2

【今日の云々:カルチャー日記 in 東京】11月16日(月)〜11月29日(日)異世界で現実逃避、かたやドキュメンタリーに打ちのめされる

毎年のことですが、もう12月。今年は朝ドラや大河ドラマが中断したり、映画も公開延期になったりして(007の新作を早く観たい!)、カルチャーも様々変更を余儀なくされた年でした。そんな中でもアニメ映画もテレビも比較的コロナ禍でも強いコンテンツかもしれないですね。

202011/29

【前のめりでスキップ(ロックダウン・ロンドン日報)】2020年11月28日:「まだ来てないけど…」

ワタクシ大変神経質なたちでして、いままで「ほこりの舞」やら「ちょっとしたチリ」が気になって気になって大変でした。

podcast85

【podcast85】過去の炎上広告から考えるジェンダー

最近、世の中のジェンダー平等への意識の高まりを感じつつ、ジェンダーギャップについて考えることが多い今日この頃です。本来であれば、新しい価値観を提案して欲しい広告ですが、いまだにどうしても旧来の「男らしさ」「女らしさ」を求める広告や、性別役割分業を想起させるステレオタイプ的な広告も多く、結果炎上→謝罪…。そんなことから、ジェンダーについて、あれこれ話してみました。

202011/28

【今日の云々:カルチャー日記 in London】2020年11月23日~更新中「三島由紀夫、英ドラマ『Life』、ISからの帰還etc」

この番組、放送前から楽しみにしていました。いままでとは違う角度からの三島論だったのでその点では興味深かったものの、内容的には不満足。

202011/25

【前のめりでスキップ(ロックダウン・ロンドン日報)】2020年11月25日:腸活とスパイスとお腹問題

わたしはお腹問題をずーっと抱えて生きてきました。赤ちゃんの頃からです。腸が平均よりもずーっと長く&細いため、うまく動かない。

ページ上部へ戻る