© matka All rights reserved.

20198/25

【デザイン・ギーク】風が通る空間: HESSELBRANDが手掛けたトスカーナのヴィラ

Photo: ©Art Direction Victor Melchior Olsson and Photography Henrik Lundell

※【デザイン・ギーク】
「ギーク」とは「オタク」のこと。「いいなあ」「素敵だなあ」「ほしいなあ」と思ったデザインがらみのアレコレをここに記録。基本、好きなものばかり。

今年は7月に猛暑日があったものの、8月はまあまあ涼しい夏でした。数日30度超えはあったものの、寝苦しい夜は少なくて助かりました。

イギリス人(とイギリスに暮らす人たち)は6~8月にかけて、有給休暇をガンガン使って旅行(ホリデー)に行ってしまいます。この時期どこにメールしても、 「現在休暇中」 「●日まで戻りません」の自動返信がすごい頻度で戻ってきます。私は基本「いつでも家にいたい人」ですが、長年イギリスに住み、ホリデー文化に慣れてくると、何となく「どこかに行きたい」と言う気持ちになります。

ホテルや建築物のデザイン・リサーチは年間通じてやっているのですが、最近見つけた イタリア・トスカーナ地方にあるエステイト「ヴィラ・レナ(Villa Lena)」内のホテル「Fattoria(ファットリア)」が素敵です。

©Art Direction Victor Melchior Olsson and Photography Henrik Lundell
高い天井。まるで修道院のような清廉な印象。
©Art Direction Victor Melchior Olsson and Photography Henrik Lundell

改築デザインを手掛けたのは、ロンドンの建築ファームHesselbrand。写真を見るだけで気持ちのよさそうな空間が広がり、

「今すぐ荷物をまとめて旅立ちたい!」

そんな気持ちになりました。

今日本では「凪のお暇」というドラマが人気ですよね。このヴィラには、爽やかで澄んだ空気がさらさらと流れている…。写真を見るだけでそんなイメージが浮かんだ、涼し気で清らかで、クラシカルな雰囲気。心をギュッともっていかれました。

©Art Direction Victor Melchior Olsson and Photography Henrik Lundell
オーク材によるフローリングとパネルが色味を添えます。

©Art Direction Victor Melchior Olsson and Photography Henrik Lundell

ヴィラ・レナは500ヘクタールもの敷地に建物、ブドウ畑、オリーブ畑を持つ広大なエステイト。アーティスとやクリエイターを支援するNPO法人(Villa Lena Foundation)が運営し、アーティストがレジデンスとして滞在・制作活動を行うサポートする他、敷地内には一般宿泊客が利用できるホテルがあります。

その1つがHasselbrandが改築デザインを担当した「Fattoria 」。かつては貴族の邸宅として使用されていたお屋敷。クラシカルなフォルムを残しつつ、コンテンポラリーなデザイン取り入れ、美しい線と面が映える空間です。

©Art Direction Victor Melchior Olsson and Photography Henrik Lundell
地元のカララ大理石にカスタムメイドのスチールが美しいラインを描くバスルーム。

©Art Direction Victor Melchior Olsson and Photography Henrik Lundell

オーク材の天井と大理石が描く格子模様の中にある、曲線のバスタブ。

©Art Direction Victor Melchior Olsson and Photography Henrik Lundell

この窓からどんな景色が見えるのか…。

ここで暮らすような気持ちで滞在できたら、何だかいろんなことがリセットできそうな気がします。

©Art Direction Victor Melchior Olsson and Photography Henrik Lundell

©Art Direction Victor Melchior Olsson and Photography Henrik Lundell

©Art Direction Victor Melchior Olsson and Photography Henrik Lundell

イギリスの夏はもうすぐ終了。楽しいホリデーシーズンももうすぐ終わりです。

ラスティック(錆感のある)な印象のファットリアの佇まいに思いをはせつつ、過ぎ行く夏の日を過ごしています。

近い将来行けることを夢見つつ。

Villa Lena:
https://www.villa-lena.it/en/
Hesselbrand
https://www.hesselbrand.com/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

絵葉書通信

【絵葉書通信12】from Hanako in London

EU離脱したイギリス 。ハナコさんのセレクト、皮肉が効いてますね。ロンドン在住時、TATEは私も大好きでよく行っていました。ハガキのインスタレーションは2009年のものですが、現代アートは今起こっている社会の状況や現象を皮肉めいて表現したもものも多く、アートにしかできない面白い表現だと私は思います。

【マトカのポッドキャスト45】いまさらですが映画『新聞記者』を見たので話したい

こんにちは。フローレンス22世です。 地球の反対側に暮らす ロンドン在住の「フローレンス22世」と東京在住「豊里耳(とよさと みみ)…

スタバとワタシ

スタバとワタシ Part3「TSUTAYAのスタバとワタシ」

カルチャー(CCC)という最強のパートナーを得たスタバは、キラキラしている。それはTSUTAYAにとってもそうだ。アプローチの方法は無限にあり、現在BOOK&CAFÉスタイルのスタバは全国に69店舗も存在する。

【今日の云々】同じ人間とは思えない:昭和の名曲「まちぶせ」に思う

ちょっと音楽ネタが続いていますが… 陽子さんはコーヒーや紅茶からさまざまなジャンルの音楽を思い浮かべているのに、私が思い出すのはなぜか歌謡…

podcast44

【podcast44】メガネの時間「ごはんのお供 動画」

今回、「ごはんのお供」といっても、佃煮とかイカの塩辛とか、そういう「お供」ではなく、ごはんを食べながら、楽しく快適に観れる動画のお話です。

ページ上部へ戻る