© matka All rights reserved.

絵葉書

【絵葉書通信16】from Hanako in London

梅雨明けが8月にずれ込む見込みの、どんより空の東京にイギリスのハナコさんから絵葉書が届きました。QUEENの切手がステキすぎる!

絵葉書テキスト面

バウハウスの展示、いいなあ。今もデザイン界に大きなな影響を与え続けているバウハウス。私はドイツに行ったことがないので、いつか行ってバウハウスゆかりの場所を巡りたい!

そして絵葉書の女性たちの写真、とてもいい写真ですね。生き生きしている。昨年バウハウス100年を記念して日本でも関連映画が特集上映されていたりしました(バウハウス100年映画祭)。絵葉書の写真に惹かれて、2019年制作のドキュメンタリー「バウハウスの女性たち」を観たくなりました。日本ではまだソフト化されていないようなので、DVD化や配信されたら、ぜひ。

ジェンダーの問題は私も考えることが多いです。先日、男性のジェンダー考察エッセイ『さよなら、俺たち』が出版され、代表の清田 隆之さんがラジオで話していた内容が興味深かった。女性側からのフェミニズムの本は多いように思いますが、男性自身が気づいてない思考を知ることができそうなので読んでみたいと思いました。

イギリスには「(ジェンダー平等への)強い動き」があるだけまだいいのかな。日本はようやく話題にのぼりはじめたぐらいな感覚です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

podcast81

【podcast81】罪悪感のあるお菓子・罪悪感のないお菓子

今日はハロウィンですね。今年はコロナの影響で世界的におとなしいハロウィンなのでしょうね。ともあれハロウィンにちなみまして罪悪感をテーマに「お菓子・おやつ」について2人であれこれ話してみました。

202010/26

言葉は自由の扉を拓くもの:映画『博士と狂人』を見て(ネタバレほぼなし)

日本で公開がはじまり、『荻上チキ セッション』でも特集されていた映画『博士と狂人』。イギリスでは昨年公開されたが、そ~んなに大きな話題にはならかった…という印象だ。

podcast80

【podcast80】筒美京平さんを追悼しつつ、昭和の歌についてワイワイ話す

先日、筒美京平さんがお亡くなりになりました。長い期間活躍された筒美京平さんですが、主に80年代の歌謡曲は2人にとってドンズバで、口ずさむことができる曲ばかりです。そこで、曲がかけられない私たちのpodcastでは筒美京平さん作曲の歌詞について、主に80年代のことなど、時に脱線しながらワイワイ話して見ました。

202010/24

大人だって救われたいのだ。ETV特集「敏感くんたちの夏」を見て思う事

ETV特集はほとんどの作品を見ている。特に戦争だったり人権だったりの作品はすぐに見ているが、この『敏感くんたちの夏』はちょっとほっておいた作品だった。

森

202010/19

【今日の云々:カルチャー日記 in 東京】10月12日(月)〜10月18日(日)

すっかり寒くなりました。寒さが苦手なので、カルチャーもほっこりするものを求めがちな今日この頃。あと、登場人物が走るシーンが多かったり、運動量が多いドラマやアニメもキモチ暖かくなる気がします。自分は1ミリも動いてないのですが…。

ページ上部へ戻る