© matka All rights reserved.

【家を買ってみたものの】椅子が欲しい

家を買って4年。基本「何にもなさそうにみえる家」を目指している。

狭い家(というか小さいマンション)なのでできるだけモノを増やしたくない。特に大物家具はよほどのことがない限り、増やさない。

でも必要なものは必要。

このハザマで悩み、いつも「結局買わない」→「必要なものもなかなか買えない」がずーっとずーっと終わらない。

ずっと買いたいと思っていて買えないものの第1位はソファー前に置く「コーヒーテーブル」。

この投稿をInstagramで見る

ercol_uk(@ercol_uk)がシェアした投稿

↑こんな素敵なお部屋は我が家にはないが、窓の前にあるようなercolのシンプルなコーヒーテーブルをずっと探している。新品は手が出ないので、中古品でお手頃値段が希望だが、いまだ巡り合えずにいる涙。

お客さんが来ると、普段は私の仕事用ちゃぶ台として使用している小さなテーブルを移動させて間に合わせております。

そして次に欲しいのは、ダイニングテーブル用の椅子2脚。現在4脚しかないので、ワタクシと旦那のヒトが在宅中に2人以上の来客があると、もうそれで足りない。

この投稿をInstagramで見る

hanako miyata, matka(@hanako_london_matka)がシェアした投稿

↑我が家の椅子。これが4脚あります。

仕方なく昔使っていた、長時間座っているともれなくお尻が痛くなるIKEA製の折り畳み椅子を出して何とかしている。

来客があると「あと2脚、ちゃんとしたのがほしいなあ」と思い、そして誰も来ないときはすっかり忘れる

椅子は骨董市や中古家具店に行くと案外出会いがあるのだが、毎回「う~ん、そんなに来客ないしなあ…」と考えて、いつも買わない選択をしている。

そして来客があると、買わなかったことを後悔する。

そのループが終わらない涙。

しかしそんなループを今度こそ断ち切ってくれそうな場所に行ってきた。

ケンブリッジにあるギャラリー「Kettle’s Yard」。ここは1958~73年に元テイト・ギャラリーのキュレーターであり美術収集家のジム・エディと妻のヘレンが暮らしていた住居「ハウス」が元になっており、現在も住居部分が保存され、見学できるようになっている。

この「ハウス」で垂涎ものの椅子たちをびっくりするほどたくさん見てしまったのだから、まあ大変!(笑)

買い足したい2脚のうち、1脚はアームチェアーがいいなと思っている。この椅子のような背もたれが理想。

奥にある、背もたれがカーブになっているのも素敵。

こちらは中心部の飾りがちょっとがっしりしすぎているけれど、広い空間に置くと素敵。

ハウスの統一感のあるインテリアには、同じテイストの、でも1つ1つ個性のある椅子の存在が欠かせない。

見ているうちに

「椅子欲しい 、椅子欲しい、もう絶対欲しい! 今すぐ欲しい!」

と今すぐ椅子を買いに行きたくなるほど椅子に取りつかれてしまったのだが、探し始めると巡り合えないのも常(泣)。

その後何度も骨董市や中古家具店に行っているのに、「これぞ!」の椅子に出会えていない。

今までは「また会ったね♡ でもまたいつかね~♪」っていうぐらい、毎度毎度見つけていたのに!

今度こそ、出会ったら(値段が合えば)離さず絶対連れて帰らねば!そう誓いつつ、割とこまめに骨董市やら中古家具店を覗いている。

===

そんな風にワタクシの頭の中を「椅子・イス・いす」に変えてしまったKettle’s Yard訪問について、リズムさんの連載コラムで書きました。

ケンブリッジの駅からやや遠く、決して行きやすい場所ではないけれど、もし同地に行くことがあったら訪ねてほしい場所です。

読んでくださると嬉しいです。

リズム・スタイル
現代陶芸と50年代の家具。ケンブリッジで過ごした幸せな日。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

川

202012/2

【今日の云々:カルチャー日記 in 東京】11月16日(月)〜11月29日(日)異世界で現実逃避、かたやドキュメンタリーに打ちのめされる

毎年のことですが、もう12月。今年は朝ドラや大河ドラマが中断したり、映画も公開延期になったりして(007の新作を早く観たい!)、カルチャーも様々変更を余儀なくされた年でした。そんな中でもアニメ映画もテレビも比較的コロナ禍でも強いコンテンツかもしれないですね。

202011/29

【前のめりでスキップ(ロックダウン・ロンドン日報)】2020年11月28日:「まだ来てないけど…」

ワタクシ大変神経質なたちでして、いままで「ほこりの舞」やら「ちょっとしたチリ」が気になって気になって大変でした。

podcast85

【podcast85】過去の炎上広告から考えるジェンダー

最近、世の中のジェンダー平等への意識の高まりを感じつつ、ジェンダーギャップについて考えることが多い今日この頃です。本来であれば、新しい価値観を提案して欲しい広告ですが、いまだにどうしても旧来の「男らしさ」「女らしさ」を求める広告や、性別役割分業を想起させるステレオタイプ的な広告も多く、結果炎上→謝罪…。そんなことから、ジェンダーについて、あれこれ話してみました。

202011/28

【今日の云々:カルチャー日記 in London】2020年11月23日~29日「三島由紀夫、英ドラマ『Life』、ISからの帰還、『テロルの決算』」

この番組、放送前から楽しみにしていました。いままでとは違う角度からの三島論だったのでその点では興味深かったものの、内容的には不満足。

202011/25

【前のめりでスキップ(ロックダウン・ロンドン日報)】2020年11月25日:腸活とスパイスとお腹問題

わたしはお腹問題をずーっと抱えて生きてきました。赤ちゃんの頃からです。腸が平均よりもずーっと長く&細いため、うまく動かない。

ページ上部へ戻る