© matka All rights reserved.

【写真交換日記23】from London 「レバノン料理」

おフランス料理、おいしそう!
ジュレ的なもの、大好きです。
夏らしいですね。

先日あやしいレバノン料理店の写真をUPしましたが、このお店のお料理は、「美味しいんだけど、ほんとにこれがレバノン料理??」的なちょっと分からない感じでした。

美味しいんですよ、確かに。
でも店のメイン料理の種類が少なく(4種類しかない)、そして全て「味がちょこっとだけ違うけど、基本はご飯にお肉とトマトのソースが掛かったもの」で、サンプル少なすぎでよくわからない・・・。

レバノン料理はロンドンでは人気で、お店もたくさんあるのですが、トルコ、ギリシャ、レバノン、イラン辺りのメニューは大変似ていて、ボーダーをクリアにするのは難しそう。

と、さらにレバノン料理に興味が湧き、今度は割と王道と思われるレバノン料理店に行ってきました。
とても美味しかったですが、やっぱりトルコとかギリシャとかと激似。
ラムやチキンの炭火焼、ハンバーグ的なもの、イタリアンパセリたっぷりのサラダ、ハモスなどなど。
各国で違いがあるのかないのか・・・。店ごとにも違いがあるはずなので、よくわからない。

美味しかったのはロールキャベツ的な料理。
縦長くるくる。
日本のきっちりと巻くロールキャベツより造の簡単そう。
今度試してみましょうかね。

・・・とこの話にはちょこっと後日談。
わざわざ「レバノン料理」を食べに行ったはずなのに、同じレストランの支店を偶然通りかかったら「ペルシャ(イラン)料理」って書いてあった・・・・。

探求はさらに続く。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

【遠くに暮らす、両親のこと】点滴だけの日々(10月16日~)

*【遠くに暮らす、両親のこと(高齢者の環境/医療/介護)】 日本の地方の街に住む80代&70代の両親にやってきた老後。遠い国(イギリス)に…

201810/10

【写真交換日記175】from London「ひこうき雲」

いつも忙しい陽子さんを私が催促しているのに、今回は私が更新滞ってしまいました。ごめんなさい。 美しい竹林画像のときはまだ夏だったんです…

20189/23

【作るひと】現代イギリスを代表する陶芸家ジェニファー・リーさん  by hanako

何もないところから何かを生みだす― 「作るひと」 日々何かを“作ること”を糧としている人たち。「作る」に至ったのはなぜなのか? 「作ろう」…

【遠くに暮らす、両親のこと】告知

*【遠くに暮らす、両親のこと(高齢者の環境/医療/介護)】 日本の地方の街に住む80代&70代の両親にやってきた老後。遠い国(イギリス)に…

【家を買ってみたものの: London】白ヤギさんから小包来ない by Hanako

※【家を買ってみたものの: London】2015年7月にロンドンに小さなフラット(マンション)を購入。買ったはいいけど、日々事件が起こりま…

ページ上部へ戻る