© matka All rights reserved.

8mmカメラ

20177/17

【写真交換日記156】from tokyo「青春の瞬き」by yoko

朱塗りのお盆、洋風に使っても朱が綺麗に映えそうですね。
まずは無事に退院されて良かったです。
高齢者の医療問題に関しては、私の親は今のところ元気ですが、今後重要になってくる話題です。周りの人からも難しい問題を聞きますし、ダークな部分が多いように思いました。

さて、親の年齢からすると、「終活」として物を徐々に減らしていく方も多いとは思うのですが、父はむしろ物がずんずん増えていくという、道路逆走しているかのような日々です。それは主にカメラなのですが…。

30歳になりたての頃、昔から好きだった「映画」に関する学校に、毎週土曜日に行くことにしました。渋谷の「イメージフォーラム」の映画学校ですが、クラスの最初の頃は、8mmカメラで撮影してクラスで発表することが課題でありました。私は学校のカメラを1度借りて撮影したものの、見事にカメラの操作ミスで失敗しました。あまりに悔しいので、自分で8mmカメラを買って、その後もそのカメラで度々撮影したのですが、1万円以上して8mmカメラを買ったその後に、実は父もほぼ同じ8mmカメラを持っていたことが判明したのでした。「買う前に聞くんだった!!」と後悔しきり…。ガラクタの山をナメてました。

しかし、このカメラも過ぎし日の青春の品となって、箱の中に眠るばかりです。どうしたものか…。思い切って捨てられないのは、今になって思い返せば明確に「青春」だった、ファインダーを覗いて必死に撮影していたあの瞬間の名残を、このカメラが湛えているからかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

202010/26

文字と本は自由の扉を拓くもの:映画『博士と狂人』を見て(ネタバレほぼなし)

日本で公開がはじまり、『荻上チキ セッション』でも特集されていた映画『博士と狂人』。イギリスでは昨年公開されたが、そ~んなに大きな話題にはならかった…という印象だ。

podcast80

【podcast80】筒美京平さんを追悼しつつ、昭和の歌についてワイワイ話す

先日、筒美京平さんがお亡くなりになりました。長い期間活躍された筒美京平さんですが、主に80年代の歌謡曲は2人にとってドンズバで、口ずさむことができる曲ばかりです。そこで、曲がかけられない私たちのpodcastでは筒美京平さん作曲の歌詞について、主に80年代のことなど、時に脱線しながらワイワイ話して見ました。

202010/24

大人だって救われたいのだ。ETV特集「敏感くんたちの夏」を見て思う事

ETV特集はほとんどの作品を見ている。特に戦争だったり人権だったりの作品はすぐに見ているが、この『敏感くんたちの夏』はちょっとほっておいた作品だった。

森

202010/19

【今日の云々:カルチャー日記 in 東京】10月12日(月)〜10月18日(日)

すっかり寒くなりました。寒さが苦手なので、カルチャーもほっこりするものを求めがちな今日この頃。あと、登場人物が走るシーンが多かったり、運動量が多いドラマやアニメもキモチ暖かくなる気がします。自分は1ミリも動いてないのですが…。

podcast79

【podcast79】「最近『オーラルケア』の話が楽しすぎる」について

妙齢おねいさんとして楽しく生きていきたいと思っているわたくし、フローレンスですが、最近同年代の友人が集まると、必ず「歯と歯周り」についての話題で盛り上がりまくります。

ページ上部へ戻る