© matka All rights reserved.

【デザイン】小さなディスプレーの場として「白木のハンガーフック」(by hanako)

※【デザイン】
「いいなあ」「素敵だなあ」「ほしいなあ」と思ったデザインがらみのアレコレをここに記録。基本、好きなものばかり。

家を買って2年、少しずつインテリアを何とかしようとしている。(家を買うまでの悲惨な物語はコチラから。全6回)

でも雑誌やオンライン等の2次元で見て「いいっ!」と思うものや目の前で見て「単体」として「いいっ!」と思うものを、家の中=3次元で置くとどうなるか?がピンと来ないのでなかなか進まない。

モノをアレコレ組み合わせ、1つの箱の中でどう見えるかを一瞬にして想像できるのは才能の1つだと思う。しかし残念ながら私はこの手の才が圧倒的に欠落している。1つ1つの素敵なものを見つけて「いいっ!」と騒ぐ「瞬発力」と、そのたびに心が異常に震える「動揺力(なんてものがあるのかは別にして)」はそこそこあるような気がするが、それを「狭いながらの楽しい我が家」にいかにもってくるのか?の「3次元パズル」が解けないから、そこで思考がほぼ停止してしまう。

そんな理由でノロノロとやっているインテリア。最近気になっているのが木製のハンガーフック。きっかけは昨年のデザイン・フェア「Tent London」で↑コチラ↓のハンガーフックを見かけたから。


アメリカ、オレゴン州在住のデザイナー&建築家&クリエイター、Brendon Farrell作。

年輪を感じさせるアンティーク風のダークブラウンと北欧家具を彷彿とさせる白木。家具やインテリア雑貨はそのどちらを基調としたものも好きなのだけど、時期によって「こちらの気分”寄り”」というのがある。今は「ミニマリスト」への憧れが強くなっている時期なせいか、よりシンプルに感じられる白木が気になっている。

こんなのがあったら白壁に映えるなあ…と考えていたら、よく覗くInstagramのアカウントに、白木のハンガーフックがよく出てくることに気付いた。Farrell氏の作品よりエッジも効いていないし、特徴もないけれど、その分空間に馴染むしいろんな使い方ができそう。登場するたびにじっと見入って勉強している。

<tessahop>さんのアカウントから。子供部屋のハンガーフックがかなりの頻度で登場。(この方、どこに住んでいるどなたなのか情報はまったくないが、何となく北欧の方のような気がする。)

Everything is ready. I am ready. And I am the luckiest with a mother who can knit.

A post shared by tessa (@tessahop) on

Yesterday I met a beautiful inspiring woman with so much creativity. She brought me some presents which are so beautifully wrapped that I just didn't want to open them till today. And another lovely package at the mail today. So happy with both of them. 🌿

A post shared by tessa (@tessahop) on

Sometimes in your life you meet someone who feels very connected and special from the very first moment. I was so lucky to meet a woman like this. We have met twice and both times were very special to me. She brought me some handmade wooden products which I fell in love with immediately. If you have a love for pure and beautiful handmade wooden products you should defenitely take a look at her website @woodchuck.nl

A post shared by tessa (@tessahop) on

Yesterdays shoot for @lereperedesbelettes

A post shared by tessa (@tessahop) on

「ハンガーフックは玄関の壁が定位置で、コートを掛けるためのもの」…と思っていたけれど、こうしてみるとその日の気分でいろいろ「ひっかける」ものを変えて楽しむ「即席ディスプレー」になるんだなあと。Brendon Farrell作のような存在感はないけれど、その分飾るモノで変化をつけられそう。

他にも似たテイストで気になったものをいくつか↓。

<sannehop>さんのアカウントから。

celebrations ✨

A post shared by sanne (@sannehop) on

小さいものを2つ繋げて。

family 💛

A post shared by sanne (@sannehop) on

monday – little reminders of the weekend ✨

A post shared by sanne (@sannehop) on

やや小さめのもの。

little souvenirs 🌼

A post shared by sanne (@sannehop) on

<tintaluhrman>さんのアカウントから。こちらも子ども部屋に使っている様子。

Love to see how she plays with our own products☺️ this playstand is available in our webshop from september @woodchuck.nl

A post shared by Tinta (@tintaluhrman) on

Girls and their make-up💕

A post shared by Tinta (@tintaluhrman) on

In her room there's always a party✨

A post shared by Tinta (@tintaluhrman) on

こちらは白木ではないけれど、気になったもの。少し飴色がかったものも素敵。

2 weeks to go ✨✨✨

A post shared by Tinta (@tintaluhrman) on

Net de #adventskalender afgemaakt Gevuld met iets liefs, iets bruikbaars, iets lekkers, iets te doen, iets te vertellen, iets te spelen en iets waardevols, samen zijn met kerst❤️

A post shared by Tinta (@tintaluhrman) on

Looking forward to our mini trip to Stockholm next week. Tips are very welcome!

A post shared by Tinta (@tintaluhrman) on

===

こうした使い方なら、玄関や廊下だけでなくリビングルームにもいけるかもしれない。

数カ月そんなことを思っていたら、ストックホルムのインテリアショップで<tessahop>さんとほぼ同じものを見つけ、値段もかなりお手頃だったので即購入。抱えて帰ってきた。

しかしここからはいつものこと。「『いいっ!』の瞬発力」はあっても「3次元パズル」に難儀してており、つまり設置できないまま。かれこれ2カ月もビニールが掛かった状態で放置している。

チラチラ見かける度に、何とかしようとゆるく焦っているのだけど。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

【写真交換日記173】from London 「誰も、いない」by hanako

「七草」、ステキです。木材のよい香りが漂ってきそう外観を見ているだけで、しゃっきりすっきりおいしい和食(の店か分かりませんが、そう予想)の味…

【お知らせ】Pen+「コーヒーのある暮らし」発売

ロンドンのハナコです。 6月27日に雑誌Penの別冊「Pen+(ペン・プラス)」のコーヒー本「コーヒーのある暮らし。」が発売になりまし…

【Pub in London1】 The Duke of Cambridge (ガストロパブ/Angel駅)

※イギリスの「飲みどころ」と言えば「パブ(Pub)」。ほぼ下戸の・matkaロンドンのハナコと、ビールとパブを愛しすぎている「旦那のヒト」が…

【お知らせ】<REISM(リズム)>さんサイトの連載更新  by Hanako

5月から東京のリノベーション・デザイナーズ賃貸会社「REISM(リズム)」さんのサイトで、インテリアやライフスタイルについての連載をさせてい…

20186/25

【絵葉書通信5】from Yoko in Tokyo

梅雨の東京から青空のロンドンに、素敵な紫陽花の絵葉書が届きました。 イギリスは日本と反対。6月が年間ででもっとも降雨量が少ないんです。…

ページ上部へ戻る