© matka All rights reserved.

【デザイン】キンキンに冷えたアイスティーをいれたいカラフェ&グラス

このカラフェ&グラスのセットは、6/7発売号のオブザーバー紙(イギリスの新聞「ガーディアン」の日曜版)の別誌「Observer Magazine」 の“Home”記事で見つけた。

ベランダや庭で使いたいホームグッズを紹介していたのだが、美しいフォルムが目についた。

ガラスの透明感を程よく引き立たせる色も素敵だし、グラスとセットなのも可愛い。

キャプションを見ながら調べてみると、オーストラリア・シドニーを拠点とするブランド「Maison Balzac」のものだった。

↑<Maison Balzac>サイトのキャプチャ画像より。<Mason Balzac>はガラス容器入りキャンドル、アロマオイルなど「香り」を演出するラインナップに加え、美しいガラス製品をデザイン&販売しているブランド。

上記8色に加え、白もある。

これからの時期、冷蔵庫で冷やせて、飲むときもそのまま使えるガラス容器はとても重宝しそう。ミント入りのアイスティーがとても似合う。

===

HPを見ていると、<Mason Balzac>ゴブレットのシリーズも素敵で目が止まった。

我が家はかなりテキトーなコップしかないので、グラス類も「いつか何とかしなくては」のエリアなのだが、写真を見ていると、8個ぐらい一気買いしたい衝動にかられる。

この投稿をInstagramで見る

HOME COLLECTION(@maisonbalzac)がシェアした投稿

冷たい飲み物が美味しい季節。ガラス容器がほしくなって困ります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

podcast75

【podcast75】長谷川町子さんの作品について語る

今回は、フローレンスが子供のときから愛してやまない長谷川町子さんの作品について語りました。

Photo by Clay Banks on Unsplash

20209/21

【今日の云々:カルチャー日記 in 東京】9月14日(月)〜9月20日(日)

amazonオリジナルドラマ『The Boys ザ・ボーイズ』シーズン25話視聴。前から思ってましたが、MMが知性と冷静さと優しさを兼ね備えた人で、つくづくいいひと。ヒューイとブッチャーの関係の定着がホッとする一幕も。凶暴なお兄ちゃんと温和な弟なんだね。ホームランダーの地位の揺らぎ、そして、とうとう最悪のカップル誕生しちゃったよ。

20209/20

【今日の云々:カルチャー日記 in London】9月14日(月)〜20日(日)

今週は『レイルウェイ』のレビューを書くだけで勝手に息切れ。お恥ずかしい。今週見たものをざざっとプレイバック。

20209/20

【お知らせ】「コロナ禍で「庭付き戸建て」のブーム到来、不動産マーケットが活況に!」Pen オンライン版配信

『Pen Online(雑誌『Pen』オンライン版)』さんの【コロナと闘う世界の都市から】のコーナーで、ロンドンの情報を書かせていただいています。

【絵葉書通信17】from Yoko in Tokyo

すっかり秋になったかと思いきや、今週は突然の小春日和。「汗だく」「寝苦しい夜」カムバーックだったロンドンに、まだまだ猛暑の東京のヨウコさん…

ページ上部へ戻る