© matka All rights reserved.

【デザイン】キンキンに冷えたアイスティーをいれたいカラフェ&グラス

このカラフェ&グラスのセットは、6/7発売号のオブザーバー紙(イギリスの新聞「ガーディアン」の日曜版)の別誌「Observer Magazine」 の“Home”記事で見つけた。

ベランダや庭で使いたいホームグッズを紹介していたのだが、美しいフォルムが目についた。

ガラスの透明感を程よく引き立たせる色も素敵だし、グラスとセットなのも可愛い。

キャプションを見ながら調べてみると、オーストラリア・シドニーを拠点とするブランド「Maison Balzac」のものだった。

↑<Maison Balzac>サイトのキャプチャ画像より。<Mason Balzac>はガラス容器入りキャンドル、アロマオイルなど「香り」を演出するラインナップに加え、美しいガラス製品をデザイン&販売しているブランド。

上記8色に加え、白もある。

これからの時期、冷蔵庫で冷やせて、飲むときもそのまま使えるガラス容器はとても重宝しそう。ミント入りのアイスティーがとても似合う。

===

HPを見ていると、<Mason Balzac>ゴブレットのシリーズも素敵で目が止まった。

我が家はかなりテキトーなコップしかないので、グラス類も「いつか何とかしなくては」のエリアなのだが、写真を見ていると、8個ぐらい一気買いしたい衝動にかられる。

この投稿をInstagramで見る

HOME COLLECTION(@maisonbalzac)がシェアした投稿

冷たい飲み物が美味しい季節。ガラス容器がほしくなって困ります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

川

202012/2

【今日の云々:カルチャー日記 in 東京】11月16日(月)〜11月29日(日)異世界で現実逃避、かたやドキュメンタリーに打ちのめされる

毎年のことですが、もう12月。今年は朝ドラや大河ドラマが中断したり、映画も公開延期になったりして(007の新作を早く観たい!)、カルチャーも様々変更を余儀なくされた年でした。そんな中でもアニメ映画もテレビも比較的コロナ禍でも強いコンテンツかもしれないですね。

202011/29

【前のめりでスキップ(ロックダウン・ロンドン日報)】2020年11月28日:「まだ来てないけど…」

ワタクシ大変神経質なたちでして、いままで「ほこりの舞」やら「ちょっとしたチリ」が気になって気になって大変でした。

podcast85

【podcast85】過去の炎上広告から考えるジェンダー

最近、世の中のジェンダー平等への意識の高まりを感じつつ、ジェンダーギャップについて考えることが多い今日この頃です。本来であれば、新しい価値観を提案して欲しい広告ですが、いまだにどうしても旧来の「男らしさ」「女らしさ」を求める広告や、性別役割分業を想起させるステレオタイプ的な広告も多く、結果炎上→謝罪…。そんなことから、ジェンダーについて、あれこれ話してみました。

202011/28

【今日の云々:カルチャー日記 in London】2020年11月23日~29日「三島由紀夫、英ドラマ『Life』、ISからの帰還、『テロルの決算』」

この番組、放送前から楽しみにしていました。いままでとは違う角度からの三島論だったのでその点では興味深かったものの、内容的には不満足。

202011/25

【前のめりでスキップ(ロックダウン・ロンドン日報)】2020年11月25日:腸活とスパイスとお腹問題

わたしはお腹問題をずーっと抱えて生きてきました。赤ちゃんの頃からです。腸が平均よりもずーっと長く&細いため、うまく動かない。

ページ上部へ戻る