© matka All rights reserved.

20201/31

【Brexit日記】とうとうこの日がやってきた

2016年6月23日から3年半。とうとう今晩23時にイギリスはEUを離脱する。

私にとっては「離脱する」というより「離脱して“しまう”のか…」という思いだ。

何度もここで書いているが、約20年前、恐る恐るイギリスで暮らし始めたとき、驚いたことの1つが「ヨーロッパの近さ」だった。

私はイギリスに来たんじゃなくて「ヨーロッパ」に来たんだ。

大きな発見だった。

こう思った理由はいろいろだが、もっとも強烈だったのは 人々があまりに気楽に、そして身軽に欧州間を行き来していることだった。 欧州各国行きのフライトチケットはとても安い。

日本→韓国はとても近いけれど「海外旅行」と言う印象が強かった。でもイギリスからフランス、ベルギー、オランダぐらいまでは「ちょっとそこまで」な感覚だ。ちょっと足を延ばしたドイツやイタリアでも、感覚的には「東京から青森」ぐらいの気楽さだ。

ホリデーのために生きているイギリス人は本当によく旅行に行くが、欧州圏内だったら「ちょっと行ってきた」みたいな言い方だ。EU人(EU加盟国の国民)であれば、移動にパスポートも不要だ。

EU人でもない私だが、そういった1つ1つの驚きがありつつのこの20年を思い出し、今朝はちょっと感傷的な気持ちになっている。

===

23時にEUは離脱するが、すぐに何かが変わるわけではない。年内は「移行期間」なので、12月31日までは基本は今までと同じだ。

移行期間中に、各EU加盟国と通商条約を結び、またEUとさらに詳細を詰めるのだが…11カ月(交渉は3月からなので実質10カ月)でちゃんと交渉が完了するのか?というのは…多分無理、というのが現状の見通し。

「移行期間が短いのだったら、また延期すればいいんじゃないの?」

ところがそうもいかないのである。

移行期間中はイギリスはこれまで同様EUに供託金を支払い、そして欧州司法裁判所のルールに従わなくてはならない。

しかし「離脱」したのだから、もう欧州議会にイギリスからの議員はいないし、EUのルールに何も口出しできない。

だから移行期間が長いと困ると考えたボリス・ジョンソン首相は「ブレグジット法(欧州連合(EU)離脱協定を法制化するための関連法)」に「移行期間は延長しない」ことを盛り込んだ。(こちらに詳しく書かれています)。

あと11カ月、何が起こるんだろう。どんな取り決めがされるんだろう?

誰も分からない。

今日は国会前の広場で、ブレグジット党がパーティーをするらしい。

↑1月29日、ブレグジット党のナイジェル・ファラージ、欧州議会での最後のスピーチ。

「あなたはポピュリズムを嫌悪しているかもしれない。でも実際のところ、ポピュリズムはポピュラーになっている(=支持する人が増えている)んですよ」

かなり下品な軽蔑すべきスピーチと行為(欧州議会で英国旗を振る)だが、この一言は現状を表しているなと思った。


EU人でもないのに、こんなに「やれやれ」な気持ちになるのはなぜなのだろう?

EUという壮大な実験は失敗だったのかは分からないが、今日1か所はほころぶ。この後続くものを、しっかり見つめて過ごそうと思う。きっと後世に語られる歴史的な時期のはずなので。

今日は近所のドイツ系激安スーパーで買った、深入りイタリアンローストでいれたコーヒーを飲んでいる。

激安スーパーも、移行期間後、きっと値上がりする。激安じゃなくなる。

美味しいのにものすごく安くて助かっているこのコーヒー。いつまで味わえるのかな。

今日のコーヒーは苦いなあ。

Top Photo by Lāsma Artmane

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

【podcast175】ガーデニングの国イギリスで庭を持ってみたけれど…汗

1カ月ちょっと前に新居に引っ越しました。ロンドン内をちょっとだけ横移動しただけの引っ越しです。

podcast174

【podcast174】モテについて改めて考えてみた(2022秋卒業)

秋になると夏のテンションが落ち着いてなんとなく、改めて考えるのに適していると思うのは私だけでしょうか。そう、「モテ」について先日考えるきっかけになる出来事があったのでそのお話と、ようやく長いモテ願望から卒業した件について話してみました。

【podcast173】「エリザベス女王が亡くなったけど」― リアルで斜め目線、ロンドンからの生報告

エリザベス女王の死去。日本でライブ感覚でニュースになっているようですね。でもさ、それってどうなんだろ。ロンドンではこんな感じ…をフローレンスが現地から生報告しました。

【podcast172】洗濯について。日々のチャレンジ、とにかく汚れを落としたい!

白いTシャツを愛するワタクシ、シミのつきやすい服を着つつ、シミをつけやすい行動(粗相)が多いのでとにかく洗濯には熱心にならざるをえないのが現状。そんな中でも新しい発見があるもので…。そんな洗濯についてのエトセトラをフローレンスさんと話しました。

【podcast171】ロンドンに「うどん」ブームが到来。非日本人友人たちと食べに行ったところ…

こんにちは。フローレンス22世です。 地球の反対側に暮らす ロンドン在住の「フローレンス22世」と東京在住「豊里耳(とよさと みみ)…

ページ上部へ戻る