© matka All rights reserved.

20201/31

【Brexit日記】とうとうこの日がやってきた

2016年6月23日から3年半。とうとう今晩23時にイギリスはEUを離脱する。

私にとっては「離脱する」というより「離脱して“しまう”のか…」という思いだ。

何度もここで書いているが、約20年前、恐る恐るイギリスで暮らし始めたとき、驚いたことの1つが「ヨーロッパの近さ」だった。

私はイギリスに来たんじゃなくて「ヨーロッパ」に来たんだ。

大きな発見だった。

こう思った理由はいろいろだが、もっとも強烈だったのは 人々があまりに気楽に、そして身軽に欧州間を行き来していることだった。 欧州各国行きのフライトチケットはとても安い。

日本→韓国はとても近いけれど「海外旅行」と言う印象が強かった。でもイギリスからフランス、ベルギー、オランダぐらいまでは「ちょっとそこまで」な感覚だ。ちょっと足を延ばしたドイツやイタリアでも、感覚的には「東京から青森」ぐらいの気楽さだ。

ホリデーのために生きているイギリス人は本当によく旅行に行くが、欧州圏内だったら「ちょっと行ってきた」みたいな言い方だ。EU人(EU加盟国の国民)であれば、移動にパスポートも不要だ。

EU人でもない私だが、そういった1つ1つの驚きがありつつのこの20年を思い出し、今朝はちょっと感傷的な気持ちになっている。

===

23時にEUは離脱するが、すぐに何かが変わるわけではない。年内は「移行期間」なので、12月31日までは基本は今までと同じだ。

移行期間中に、各EU加盟国と通商条約を結び、またEUとさらに詳細を詰めるのだが…11カ月(交渉は3月からなので実質10カ月)でちゃんと交渉が完了するのか?というのは…多分無理、というのが現状の見通し。

「移行期間が短いのだったら、また延期すればいいんじゃないの?」

ところがそうもいかないのである。

移行期間中はイギリスはこれまで同様EUに供託金を支払い、そして欧州司法裁判所のルールに従わなくてはならない。

しかし「離脱」したのだから、もう欧州議会にイギリスからの議員はいないし、EUのルールに何も口出しできない。

だから移行期間が長いと困ると考えたボリス・ジョンソン首相は「ブレグジット法(欧州連合(EU)離脱協定を法制化するための関連法)」に「移行期間は延長しない」ことを盛り込んだ。(こちらに詳しく書かれています)。

あと11カ月、何が起こるんだろう。どんな取り決めがされるんだろう?

誰も分からない。

今日は国会前の広場で、ブレグジット党がパーティーをするらしい。

↑1月29日、ブレグジット党のナイジェル・ファラージ、欧州議会での最後のスピーチ。

「あなたはポピュリズムを嫌悪しているかもしれない。でも実際のところ、ポピュリズムはポピュラーになっている(=支持する人が増えている)んですよ」

かなり下品な軽蔑すべきスピーチと行為(欧州議会で英国旗を振る)だが、この一言は現状を表しているなと思った。


EU人でもないのに、こんなに「やれやれ」な気持ちになるのはなぜなのだろう?

EUという壮大な実験は失敗だったのかは分からないが、今日1か所はほころぶ。この後続くものを、しっかり見つめて過ごそうと思う。きっと後世に語られる歴史的な時期のはずなので。

今日は近所のドイツ系激安スーパーで買った、深入りイタリアンローストでいれたコーヒーを飲んでいる。

激安スーパーも、移行期間後、きっと値上がりする。激安じゃなくなる。

美味しいのにものすごく安くて助かっているこのコーヒー。いつまで味わえるのかな。

今日のコーヒーは苦いなあ。

Top Photo by Lāsma Artmane

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

【podcast128】宴会シーズンにはコレ!結婚式でウケたおすすめクイズ

こんにちは。ロンドン在住のフローレンス22世です。 地球の反対側に暮らす ロンドン在住の「フローレンス22世」と東京在住「豊里耳(と…

【podcast127】ロンドンの代替ミルクのトレンドは「コレ!」

今回は代替ミルクのトレンド in London について話しました。日本では「代替ミルク」と言えば豆乳が王様で、次にアーモンドミルク、ライスミルク…という感じだと思います。

podcast126.jpg

【podcast126】憧れの女性

先日、NHK「あさイチ」9月17日放送の「プレミアムトーク 中谷美紀さん」を拝見して、大学生の頃からの憧れだった中谷美紀さんが、時を経てさらに魅力が増している!と感動。憧れる女性について、フローレンスさんとあーだこーだと話してみました。

【podcast125】「在外選挙制度」について話す

マトカの2人は選挙に欠かさず行っていますが、ロンドンに暮らすわたくし、フローレンスは「在外選挙制度」という方法で選挙しています。そこで今回は、「在外選挙制度って何?」について話しました。

【絵葉書通信21】from Yoko in Tokyo

東京で行われていた某スポーツ大会(後半)の最中に書いた陽子さんからのハガキが、このスポーツ大会を1秒も見なかったロンドンのわたくしの元に届…

ページ上部へ戻る