© matka All rights reserved.

20207/22

【写真交換日記220】from London「チーズケーキは『高さ』でしょ?」

お~~、スコーン、美味しそう!!

スコーン

写真交換日記219】from Tokyo
「スコーン、スコーン、スコーン!」 より

「スコーン、スコーン、スコーン!」 と3回言うと可愛いけど、そういえば、湖池屋が発売している「スコーン」っていうスナック菓子ありますよね?


いまだにスコーンと聞くと、この↓CMがこだましてしまう、昭和生まれのワタクシです。

↑耳の残る、「スコーン、スコーン、湖池屋スコーン」の三連呼。一生忘れない、たぶん。

バーベキュー味じゃなくて、チーズ味の方がものすごく好きでした。パッケージ、新しくなってるんですね↓。

そして、えーーこんな↓オサレなのも出てるの? 

「キャラメル x スコーン」らしいですが、これじゃなんていうか…「スコーン、スコーン、湖池屋スコーン」って踊れないじゃん!

…と、遠いところまで行ってしまってごめんなさい。

私もスコーン作ってみようと思います。

お菓子づくりは始めたばかりなので、まだまだ全然な感じです。糖質制限してても食べられるし、私自身も大好きなのでよく作るのがチーズケーキ。

最近「バスクチーズケーキ作ったよ」的なSNSをやたらと見かけるんで、私も作ってみたのですが、今まで作ってたのより簡単な上においしく、そして下にビスケットを敷かないので完璧な糖質制限!といいとこどりです。

わたくしの最近の発見は、

「チーズケーキは高さがあった方が断然美味しい!」

という、個人的事実。

皆さんもそうなのかしら? ヨウコさん、この辺どうですか?

以前は3.5cm程度の高さで作ってたんですが、フォークをいれたときにザックリ、どしんと厚みを感じた方が美味しいようなのです。

↑これで大体5cmぐらいの高さなんですが、もちょっと厚い方が良いなあと試行錯誤中です。

小麦粉を入れると固さがでるので、高さが出やすいのかもですが、自分的には安心して食べたいので、小麦粉なしレシピでやっております。

レシピは恐ろしく簡単です。

【バスクチーズケーキ】
材料:
クリームチーズ300g(常温にしておく)
砂糖 120g (ダイエットシュガーで代用可)
卵 2個
バニラエッセンス 少々
生クリーム 220ml
※あればコワントローなどのリキュールを小さじ1ぐらい入れても美味しいです。

作り方:
①オーブンを240度に予熱しておく
②材料を全部滑らかになるまで混ぜる
③クッキングシートを敷いた型に流す
④オーブンを220~230度に下げて、③を入れ、約30分焼く。
⑤上にしっかり焦げ目がついたらできあがり!
オーブンから出し、荒熱を取った後、冷蔵庫で一晩寝かせてから食べましょう。

ちゃんと工程の写真も撮影しとかなくては、ですね。次回からそうします。

混ぜて焼くだけ。絶対美味しいですが、それだけにクリームチーズの美味しさに左右されそうです。スーパーの適当なのを使って作っているのですが(十分美味ですが)、今度ちょいとお高めのでもやってみようと思います。

濃い目のコーヒーに最適です。もしくはかな~り濃い目で作ったアイスティーにも合いますよ。

糖質制限おやつ、引き続き開発中です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

podcast182

【podcast182】張り紙とハラスメント(ある喫茶店で思ったこと)

まだまだコロナ以前とはいきませんが、飲食店はほぼ通常営業し、お店でのコミュニケーションも増えてきた今日この頃ですが、先日立ち寄った喫茶店のドアでとても印象に残る張り紙を見ました。

【podcast181】日本⇒欧州に行くなら「絶対おすすめ深夜発フライト!」その理由

今回は、日本⇒ロンドン便で連続利用している「深夜発フライト(深夜便)」の良さについて力説しました。

podcast180

【podcast180】誰しも熱く語りたくなる!座ってるだけで体が熱くなる!映画『RRR』

179分。それがお薦めする映画『RRR』の上映時間です。誰しも見る前は「長いな〜〜」と思うでしょうが、あら不思議!怒涛の展開に熱狂している間にエンドロール迎えています。

【podcast179】今こそ思う「スゴイよ、ジュリー(沢田研二)」

今回は、最近わたくしがYoutubeでヘビロテ再生しているジュリーこと「沢田研二」さんの凄さについて話しました。

podcast178

【podcast178】結婚にまつわる名言に物申す

人生の一大イベントである「入籍」ですが、共に歩む「結婚(生活)」は日々の積み重ね。多くの著名人が「結婚」にまつわる名言を残しています。その中には結構な「迷言」も。その名言たちにあれこれツッコミながら、「結婚」の先輩であるフローレンスさんと話してみました。

ページ上部へ戻る