© matka All rights reserved.

20177/28

【前のめりでスキップ】2017年7月24日(月)~27(木):おぼっさまと「腹心の友」 (by Hanako)

※ 前のめりでスキップ(ロンドン日報)
かなりせっかちで前のめり。急がば周れないばかりか、地団駄踏んで転んでる。プリプリ怒って日が暮れる。そんなハナコのロンドン暮らしの日報、書いた分ずつちょこちょこ更新します。あまりロンドンぽくなくてすいません。

■2017年7月24日(月):シミ、ひとつ

家で仕事をしている日はスッピンメガネで過ごしている。化粧をしない日は鏡も見ないし、鏡なんてそもそも見たくない。だから出掛ける用がない限りは鏡なんて見ない。ああだから気づかなかったよ、またシミが1つ増えていることを…。

今日は外出する用事があるので、仕方なく朝化粧をした。そして化粧をし終わった後に気が付いた。ほっぺたの上に何だか黒い「まる」があることを。最初はマスカラがちょこっと落ちたか、アイシャドウが落ちたのかと思ったから、せっかくした化粧が落ちないように注意深く顔をひっかいてその小さい「まる」を消そうとした。けど全然消えない…のはなぜ?

もしかして…新たなシミ?

顔を洗って確認したかったけど、そんなことしてたらアポの時間に間に合わん。不穏な気持ちで家を出て、今日1日中顔をひっかきまくってもうファンデーションも残ってないんだけど、それでも一縷の望みをかけて家に戻って顔を洗う。

ああやっぱり…シミだった。また増えたよ、シミ、ひとつ(涙)。

滅多に鏡見ないから、いつからできてたか分からない。キミはいつからそこにいたんだい? もちょっとマメに見たほうがいいのかしら、鏡って? でも鏡見たってシミ防止にはなんないんだから、別に同じか。

絶望しつつ、明日も明後日も、たぶん私は鏡を見ない。

■2017年7月27日(木):おぼっさまと「腹心の友」

最近日本のニュースが騒がしい。遠くにいるけど日本の政治に危機感を持っているから、すり寄るようにして追いかけている。最近おぼっさま宰相さまとそのお友だちとの関係にムカムカするのはもちろんだが、おぼっさま宰相がお友だちを「腹心の友」と言っているのが気になって仕方がない。

「腹心の友」と聞いて思い出すのは「赤毛のアン」。モンゴメリ作の「赤毛のアン」で、村岡花子(朝ドラ「花子とアン」のモデル)翻訳版でアンはダイアナを「腹心の友」と呼んでいた。ちょっと古めかしい言葉の羅列で描かれるトンデモなくユニークな少女の物語は、大好きすぎて何度も読んだ。そして「あんなに突拍子もなく生きられないヨ~」と自分の小ささに打ちのめされたりもした。しかしこんな局面で聞くことになろうとは…! そして何だかちょっと嫌なんだけど。

おぼっさま2人の国を巻き込んだ「秘密クラブ」が、アンとダイアナ的「腹心の友」の間柄なかどうかは知らないが、1つだけ確信していることがある。おぼっさま宰相はきっと「赤毛のアン」を読んでない。そして「赤毛のアン」に「腹心の友」が登場することもきっと知らない。

瑞々しくもかぐわしい、永遠不滅の名作文学。もしチラリとでも読んで大人になったら、きっとこんなことになってない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20211/20

【写真交換日記232】from London「年末年始ふりかえり」

この間クリスマスがやってきて、つい先日大晦日になり、そして一昨日ぐらいにお正月だったはずなのですが、恐ろしいことにもう1月も後半。このまま…

【podcast91】イギリス発・最近視聴したおススメ2本(ドキュメンタリー&ドラマ)『The Mole: Infiltrating North Korea(モグラ:北朝鮮への潜入取材)』『ザ・サーペント(毒蛇)』

こんにちは。ロンドン在住のフローレンス22世です。 地球の反対側に暮らす ロンドン在住の「フローレンス22世」と東京在住「豊里耳(と…

20211/16

【今日の云々:カルチャー日記 in London】2021年1月11~14日:罪悪感なし人生ってどんなだろ?BBCドラマ『The Serpent(毒蛇)』、TBSラジオ『セッション』(成人の日・新聞社説読み比べ)にブヒブヒ笑う

シリアルキラー、シャルル・ソブラジについてこのドラマを見るまで全く知らなかったのですが、オサレな作りが目に楽しく、ソブラジの手軽に殺人していく奇妙さに眉を顰めつつで最後まで興味深く見切りました。

20211/15

【前のめりでスキップ(ロックダウン・ロンドン日報)】2021年1月15日(金):「断らなくてもいいのに」

夫のヒトは昨年3月から1度も出社せず在宅勤務。別の部屋で仕事をしているので、夜仕事が終わるまではあまり顔も合わせません。

タイプライター

20211/14

コロナ禍だからこそのヒット要因?アニメ映画『劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン』と『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』の斜め評(ネタバレなし)

コロナ禍の年末の映画館、2作品とも公開からだいぶ経っているというのに、密を避ける1席空けではなくなった劇場の席はほぼ満席に近い状況だった。…

ページ上部へ戻る