© matka All rights reserved.

ルーブル美術館

201711/22

【写真交換日記160】from Paris「コテコテもまたよし!in ルーブル美術館」by yoko

すみません…。前回投稿からずいぶん時が経ってしまい、もう年末!!と言う恐ろしさ。気分は6月ぐらいなんですが…。10月にロンドン・パリ滞在をして(お世話になりました)、今年は国内も含め、いろんな見聞を広げられた年でした。

久しぶりにヨーロッパさ行ったので、「お〜!デコラティブ!」といろんな所で心の中で思う場面があり、日本にいると目にすることがない、イギリス・フランスの古い装飾的な建築物や美術品の数々に、久しぶりに新鮮な気持ちで見入っていました。

中でも、2度目の訪問となったルーブル美術館は格別でした。最高峰の美術館にこんなこと言うのも、なんですが…..コテコテです。てんこ盛りです。バターたっぷりです。

今回は時間をたっぷりとっていたので、「モナ・リザ」をはじめとした有名な作品だけでなく、美術館内を隈なく観てまわれました。美術品や建物の細かい所を観ていると、気の遠くなるような作業を当然機械もない時代に、手作業で成されたことに改めて驚きます。それは、絵画の縁を飾る、「名もわからない職人の作った額」だったり、「名を知るよしもない時代の彫刻」だったり、ふと見上げた天井だったり。どんな人がこれを作ったのかな。何を思いながら作業したのかな。お昼休みにどんなものを食べたのかな。などなど、名前も顔もわからない何世紀も前の人を妄想するのもまた楽し。コテコテもまたよし!

名は残らなくても後世に残る仕事をする人は幸せかもしれない。とふと思ったりもする美術館訪問でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

202010/26

言葉は自由の扉を拓くもの:映画『博士と狂人』を見て(ネタバレほぼなし)

日本で公開がはじまり、『荻上チキ セッション』でも特集されていた映画『博士と狂人』。イギリスでは昨年公開されたが、そ~んなに大きな話題にはならかった…という印象だ。

podcast80

【podcast80】筒美京平さんを追悼しつつ、昭和の歌についてワイワイ話す

先日、筒美京平さんがお亡くなりになりました。長い期間活躍された筒美京平さんですが、主に80年代の歌謡曲は2人にとってドンズバで、口ずさむことができる曲ばかりです。そこで、曲がかけられない私たちのpodcastでは筒美京平さん作曲の歌詞について、主に80年代のことなど、時に脱線しながらワイワイ話して見ました。

202010/24

大人だって救われたいのだ。ETV特集「敏感くんたちの夏」を見て思う事

ETV特集はほとんどの作品を見ている。特に戦争だったり人権だったりの作品はすぐに見ているが、この『敏感くんたちの夏』はちょっとほっておいた作品だった。

森

202010/19

【今日の云々:カルチャー日記 in 東京】10月12日(月)〜10月18日(日)

すっかり寒くなりました。寒さが苦手なので、カルチャーもほっこりするものを求めがちな今日この頃。あと、登場人物が走るシーンが多かったり、運動量が多いドラマやアニメもキモチ暖かくなる気がします。自分は1ミリも動いてないのですが…。

podcast79

【podcast79】「最近『オーラルケア』の話が楽しすぎる」について

妙齢おねいさんとして楽しく生きていきたいと思っているわたくし、フローレンスですが、最近同年代の友人が集まると、必ず「歯と歯周り」についての話題で盛り上がりまくります。

ページ上部へ戻る