© matka All rights reserved.

201712/11

前のめりでスキップ(ロンドン日報)2017年12月11日「ツリー屋の前で」by hanako

※【前のめりでスキップ(ロンドン日報)】
かなりせっかちで前のめり。急がば周れないばかりか、地団駄踏んで転んでる。プリプリ怒って日が暮れる。そんなハナコのロンドン暮らしの日報、書いた分ずつちょこちょこ更新します。時々絵日記。あまりロンドンぽくなくてすいません。

■2017年12月11日(月)「ツリー屋の前で」

私と旦那の人では、物事に対する考え方がかなり違う。

旦那の人は「たいていのことは、やってみたらどうにかなる」と考えている、良く言えば「大らか」なタイプ。

私は「どうにかならないことも多いから、シュミレーションしてから前に進みたい」と思う良く言えば「慎重派」。悪く言えば「悲観主義者」。

我が家の斜め前の小さな空き地で、毎週末植木屋さんが出店を出している。
この時期は大小さまざまなクリスマスツリーを販売。

昨年は「運び入れるのも捨てるのも大変(かも)」
「葉っぱがばらけちゃったら(←そんなことがあるのかは不明)掃除が大変」
と、あくまで悲観的な私の意見が勝ち、眺めているだけで買わなかった。

今年、旦那の人はがぜんやる気。

「買おうよ」
「いつ買うの」
「ちっさいのなら大丈夫だよ」
「みんな買ってるんだから、どうにかなるんだよ」

全然引かない。

今年のクリスマス&年末年始はお客さんが何人か来てくれるので私たちもかなり楽しみにしている。
11歳の女の子も来てくれるし、ちょっと家を飾りたいという気持ちもあるので、慎重派の私も実はココロが揺れているのだが…。

「もっと小さい鉢植えの買ったほうが簡単じゃん」(わたし)
「大丈夫だよ、捨てるのはオレがやるから」(旦那の人)

ツリー屋の目の前まで行っても、地味にケンカ。

結局買いました。
お店で1番小さいのを。

実はその後、想定外のことでひと悶着(↓)あったんですが…

First ever “real” Christmas tree at home. It was the tiniest one sold in the corner of the street stall. We struggled to put the stem in the trench, but A Very kind couple (whom we don’t know and just passing by us) offered their hand and they made it! This tree got a blessing story already and plus the leaves keep releasing nice aroma whole the small flat 😊 – – 初めて本物のもみの木のツリーを買いました。ウチの斜め向かいの植木屋さんの出店で売られていた1番小さいものを購入。木を立たせるためにはトレンチの穴に幹を刺さないとならないけど、穴の大きさが微妙に合わず、しかもお店でやってもらえなかった💧。糸ノコを急遽購入、家の前で四苦八苦していたら、通りがかりのカップルが「車に大工道具を全部積んであるから僕たちがやってあげるよ」と声をかけてくれた。ものの数分で無事もみの木は直立。日本のチョコレートが手元にあったのでお礼に渡そうとしたら「そんなのいいから。自分達にじゃなくてぜひ教会に寄付して」となかなか受け取ってもらえなかった。もみの木がきたのも嬉しいけれど、こんなことがあったことが嬉しかった日曜日。居間に行くたびにあの優しい2人のこと思い出している。ありがとう🎄 #london #interior #christmas #christmastree #ロンドン #インテリア #クリスマス #クリスマスツリー #matka #マトカ

A post shared by hanako miyata, matka (@hanako_london_matka) on

優しい人たちの親切が心にしみる結果に。

しかも、運び入れるのは…すいません、大変簡単でした。思ったより軽かった。
私が片手でひょいっと持ち上げられるレベルだった。

家の中がもみの木アロマで良い香り。

葉っぱはまったく散らばらない(現在のところ)。

すみません、買ってよかった。
今回はワタクシの完敗。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

podcast103

【podcast103】第93回アカデミー賞予想!&おすすめ作品

第93回アカデミー賞は日本時間4月26日朝からスタートします。コロナ禍で劇場公開作品が少ない中での選考ですが、今回派手なガツンとした作品群ではないけれど、時代を反映した地味な中にもピリリとした味わいの名作揃い(視聴したものでは)。そんなノミネート作品についてあーだこーだ話しながら、賞レースを予想してみました。

【写真交換日記238】from London『復活祭と卵デコレーションとエヴァンゲリオン』

そうか、ヨーコさんはエヴァファンだったのか。ワタクシはエヴァを通らずに過ごしてきましたが、NHK『プロフェッショナル』は感慨深く視聴しました。そして、実はこの番組を見たことで、エヴァを見る気が全くなくなってしまったです(笑)。

20214/6

ランチ小説『フラットメイト』第1話公開「マヌカハニーたっぷりのスパイスティー」

ずっと雑誌や新聞、オンラインに「記事」を書いてきたのですが、「物語」も書いてみたいなあと思うようになりました。この数年のことです。 …

オリンピックすごろく

【podcast102】東京オリンピック・パラリンピックすごろくを作ろう

先月3月25日から聖火リレーがはじまりました。日本ではワクチン接種も進まない中、本当にオリンピック開催するんでしょうか。今一度招致から現在までの「あれこれ」をすごろくにしてみよう!と思い立ち、オリパラにまつわる事件を振り返ってみました。

20214/2

【映画のはなし】トーベ・ヤンソンが教えてくれた「ムーミン」以外のこと。映画『Tove(トーベ)』(ややネタバレ有)

英国映画協会(British Film Institute)が毎年開催しているLGBTQ+映画祭「BFI Flare」。今年も2021年3月17~28日まで開催された。ロックダウン中なのですべてオンライン上映であり、プレス試写もすべてオンライン。家から見られるので有難い。

ページ上部へ戻る