© matka All rights reserved.

201712/19

前のめりでスキップ(ロンドン日報)2017年12月18日(月)「こんなことバッカ」by hanako

※【前のめりでスキップ(ロンドン日報)】
かなりせっかちで前のめり。急がば周れないばかりか、地団駄踏んで転んでる。プリプリ怒って日が暮れる。そんなハナコのロンドン暮らしの日報、書いた分ずつちょこちょこ更新します。時々絵日記。あまりロンドンぽくなくてすいません。

とある公的機関に申請書の送付をオンラインで申し込み。3日で届くはずが2週間待っても来ない。

まあ、よくあること。

ホームページから手続き進行具合を追跡。とっくに送ったことになっている。

まあ、よくあること。

メールで問い合わせできないから電話。つながるのに1時間掛かった。

まあ、よくあること。

やっとつながったオペレーターさんと話す。「もうとっくに送りました」けど(届かないっていうのなら、仕方ないから)「あなたのために」「ワタクシが再度手配してあげましょう。3日待ってね」(←とっても上から目線)

この人とケンカしても意味ないので「はいはい、お願いします」と次へ進む

でもこれでも届かないこともある。

イギリス生活、こんなのバッカ。

でも今日はオペレーターのおねいさんがまあまあ優しかった。

これは大変珍しい。

鍛えられるよ、イギリス生活。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

絵葉書通信

【絵葉書通信12】from Hanako in London

EU離脱したイギリス 。ハナコさんのセレクト、皮肉が効いてますね。ロンドン在住時、TATEは私も大好きでよく行っていました。ハガキのインスタレーションは2009年のものですが、現代アートは今起こっている社会の状況や現象を皮肉めいて表現したもものも多く、アートにしかできない面白い表現だと私は思います。

【マトカのポッドキャスト45】いまさらですが映画『新聞記者』を見たので話したい

こんにちは。フローレンス22世です。 地球の反対側に暮らす ロンドン在住の「フローレンス22世」と東京在住「豊里耳(とよさと みみ)…

スタバとワタシ

スタバとワタシ Part3「TSUTAYAのスタバとワタシ」

カルチャー(CCC)という最強のパートナーを得たスタバは、キラキラしている。それはTSUTAYAにとってもそうだ。アプローチの方法は無限にあり、現在BOOK&CAFÉスタイルのスタバは全国に69店舗も存在する。

【今日の云々】同じ人間とは思えない:昭和の名曲「まちぶせ」に思う

ちょっと音楽ネタが続いていますが… 陽子さんはコーヒーや紅茶からさまざまなジャンルの音楽を思い浮かべているのに、私が思い出すのはなぜか歌謡…

podcast44

【podcast44】メガネの時間「ごはんのお供 動画」

今回、「ごはんのお供」といっても、佃煮とかイカの塩辛とか、そういう「お供」ではなく、ごはんを食べながら、楽しく快適に観れる動画のお話です。

ページ上部へ戻る