© matka All rights reserved.

20194/29

【写真交換日記183】from London「今の祭には乗らない」

「相撲好き」「夜の工事現場が好き」等々、ヨーコさんの趣味趣向についてはある程度分かっていると思っていたけど、そういえば音楽については案外知らないんだなあと今回の「写真交換日記」を読んで思いました。そうかHip Hopか。意外だ。私が全然聴かない未知の領域だわ。今度ググって聞いてみます。

こちらはイースター近辺に夏が来たけど、またそこそこ冬に戻りました。寒いんでコート着てるし、1度止めたセントラルヒーティングを再度スイッチ入れようかと迷うところ。毎年この時期は季節が前後している感覚です。私は何度も言ってるけれど断然「冬派」なので、ずっと寒くていいんですが。これからやってくる明るすぎる夏が心底恐怖でございます。

日本は10連休が始まり、時代も変わるのだから大騒ぎなのでしょう。こんなに遠くにいるのに、それでも大騒ぎぶりが伝わってきて、あえてその辺の騒ぎを避けるようにして生活している感じです。

私は在外選挙登録をしているから国政選挙は海外にいてもできるけど、地方選挙はできません(残念)。先日(4月21日)の統一地方選、結果を注力してみていました。特に大阪12区の衆議院補選の結果(共産党・宮本岳志さんの落選。すばらしい政治家。尊敬しています)を見て、またしてもかなりガッカリしたばかり。旦那のヒトと「宮本さんが落選したら、もう日本に帰らなくていいかも」と話していて、そのぐらいの気持ちで期待しながら選挙を見ていたのだけど、またしてもガッカリ。本当に 本当に 暗い気持ちになりました。

一見華やかな祭に乗るのは楽しいこともあるけれど、その下にある「集団で何となくムードにのせて、大事なことは隠してしまおう」という意図とか、実はとっても恐ろしい事態になっているのに、そういうことは別に見なくてもやっていけると思ってしまう雰囲気とか、そういうものが遠くにいるからなのか、私がそう思っているからなのか、すごーくすごーく見えてしまって、辛すぎるなあと感じています。この作られた感じの「いやーな祭」、遠くにいてもこんなに嫌だし怖いのに、近くにいたら私は耐えられるのかなあ?

先日ロンドンにあるJapan Houseに用事があったので行ってきました。染色家による作品が展示してあり、大変キレイでした。

今日本的なものを見ると、本当にキレイでも「 キレイ だなあと」純粋に楽しめない。アメリカに行ってはバンバン営業にのってしまう日本の首相とか、本気で戦争できる国に変えようとしてる人たちとか、でもそういう怖いことを別に見なくっても生きていけるし、と思って興味を持たない人たちとか、そういう私の心をぞわぞわさせるものを一切肯定したくない気持ちが、私に「キレイをキレイ」と言えなくしてしまっているのです。日本の美をまとうキレイなものたちそのものには、罪はないし、ただキレイなだけ。でもおっかない人たちもキレイなものを大いに利用しているのが分かるので、そこの祭にどうしても乗れない。一緒に神輿を担ぎたくないのです。

キレイをキレイだと普通に言える。そういう気持ちになりたいなあと、キレイを見ながら複雑な気持ちになるこの頃です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20211/20

【写真交換日記232】from London「年末年始ふりかえり」

この間クリスマスがやってきて、つい先日大晦日になり、そして一昨日ぐらいにお正月だったはずなのですが、恐ろしいことにもう1月も後半。このまま…

【podcast91】イギリス発・最近視聴したおススメ2本(ドキュメンタリー&ドラマ)『The Mole: Infiltrating North Korea(モグラ:北朝鮮への潜入取材)』『ザ・サーペント(毒蛇)』

こんにちは。ロンドン在住のフローレンス22世です。 地球の反対側に暮らす ロンドン在住の「フローレンス22世」と東京在住「豊里耳(と…

20211/16

【今日の云々:カルチャー日記 in London】2021年1月11~14日:罪悪感なし人生ってどんなだろ?BBCドラマ『The Serpent(毒蛇)』、TBSラジオ『セッション』(成人の日・新聞社説読み比べ)にブヒブヒ笑う

シリアルキラー、シャルル・ソブラジについてこのドラマを見るまで全く知らなかったのですが、オサレな作りが目に楽しく、ソブラジの手軽に殺人していく奇妙さに眉を顰めつつで最後まで興味深く見切りました。

20211/15

【前のめりでスキップ(ロックダウン・ロンドン日報)】2021年1月15日(金):「断らなくてもいいのに」

夫のヒトは昨年3月から1度も出社せず在宅勤務。別の部屋で仕事をしているので、夜仕事が終わるまではあまり顔も合わせません。

タイプライター

20211/14

コロナ禍だからこそのヒット要因?アニメ映画『劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン』と『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』の斜め評(ネタバレなし)

コロナ禍の年末の映画館、2作品とも公開からだいぶ経っているというのに、密を避ける1席空けではなくなった劇場の席はほぼ満席に近い状況だった。…

ページ上部へ戻る