© matka All rights reserved.

【今日の云々】ストックホルムの朝は…

このタイトルを見て、ピンと来た方は…きっと私と同世代なのでしょう。

ストックホルムの朝…はどうしたって?

はい、ストックホルムの朝は

ネスカフェで始まる


んですよ (笑)。

何言ってるんじゃい!」というお方…がたぶんほとんどですね。

これはネスカフェCMのストックホルム編のコピーなんです。たぶん80年代初頭ぐらいに放送していたのではないかと思うのですが…覚えておりません。

私と同世代の人にとっては「ストックホルムと言えば、ネスカフェだよねえ」ぐらいの常識かと思ってググってみたりYoutubeで過去のネスカフェCMを検索してみたんですが、意外なぐらい、全然でてこない!

えーーー、そんなもんだったの、あのCM! 私の記憶の中ではこんなにも、あんなにも鮮やかなのに~~!(叫)

下記、1972年からのネスカフェCMを集めた動画でもストックホルム編は入っておらず(ぐっすん涙)。

ネスカフェの懐かしCM集。私がロンドンに来たばかりの頃はまだ存在していた「飛び乗り乗車可能な2階建てバス」が登場するロンドン編もあり、なかなか興味深い…のですが、目的だったストックホルム編がないのです涙。

おかしいなあ、常識だと思ってたんだけどなあ…。 残念なことにワタクシ以外の皆さまの記憶に強烈に残るタイプのCMではなかったのかもしれません。

曲はこちらのダイアナ・ロスさま歌唱の「Do You Know Where You’re Going To」でした。

意味も分からず「ドゥユノ~ウェアゴイングトゥ~~」と歌っておりましたよ…。今歌詞を読んだら、すんごい大人な内容の悲しい歌だったんですねえ。

一体このCMを何歳のときに見たのか分からないのですが、私にとってこのCMがほぼ初の「ストックホルム(スウェーデン)との出会い」でした。「スウェーデン」も「北欧」も「スカンジナビア半島」も一体どこにあるのが分からなかった時。寒そうな国ですするコーヒーがとっても美味しそうで、「ストックホルム~♪ いつか行ってみたいな~」なんて思ったのを覚えています。

北欧ブームも、トーレ・ヨハンソン(←これも時代がバレバレねw)もなかった&知らなかった、ずっとずっと昔のことです。ピッピやニルス(スウェーデンの児童文学)は知っていたけど、国名とは合致していなかったあの頃。あのCMがあまりに強烈だったため、かなり最近までワタクシはネスレ社がスウェーデンの会社だと思っており、しったかぶりをして恥をかいたこともございます(実際にはスイスです)。そんな武勇伝?もあるぐらい、映像で見たスウェーデンは強烈だったわけです。

ダラダラ失礼いたしました。なんでこんな思い出話をしているのかと申しますと毎月連載中の「リズム」さんのサイトのコラムで、 今回「ロンドンの中の北欧」について書かせていただいたからなのです。

北欧マーケットに出店していた雑貨屋さん。

北欧へ憧れる人は多いですが、実はイギリス人にとっても北欧へほのかな憧れを感じている人が多いんです。その辺も含め、コラムに書きました。

いつも北欧について思いを寄せるとき、必ずこの「ネスカフェCM」が頭をよぎります。北欧カフェに行っても、北欧インテリアショップに行っても、ずーっと頭の中は「ダイアナ・ロス様の熱唱」。

CMそのものはウン十年も前の記憶なのに。たぶん70歳になっても80歳になっても、そうなのかもしれません。三つ子の魂100までも。恐ろしい。

あの頃、「いつか行きたいなあ」と思った遠い国スウェーデンに2年前に初めて行ったときは感無量でしたが、誰ともこの暑苦しい思いを共有できなかったことだけは残念でした。そして行ったのは冬じゃなくて、初夏でした。全然寒くなかったのもちょっと残念ではありました。

ちなみに北欧はコーヒーが美味しいので、あまり皆さんネスカフェ飲んでないと思いますw。

コラムの本文とネスカフェCMは全然関係ないのですが、読んでくださると嬉しいです(ペコリ)。年に2回の北欧マーケット、そして大好きな北欧インテリアショップをご紹介しています。

記事リンクはこちらから
リズム「イギリスでも人気!北欧デザインin London

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

202011/29

【前のめりでスキップ(ロックダウン・ロンドン日報)】2020年11月28日:「まだ来てないけど…」

ワタクシ大変神経質なたちでして、いままで「ほこりの舞」やら「ちょっとしたチリ」が気になって気になって大変でした。

podcast85

【podcast85】過去の炎上広告から考えるジェンダー

最近、世の中のジェンダー平等への意識の高まりを感じつつ、ジェンダーギャップについて考えることが多い今日この頃です。本来であれば、新しい価値観を提案して欲しい広告ですが、いまだにどうしても旧来の「男らしさ」「女らしさ」を求める広告や、性別役割分業を想起させるステレオタイプ的な広告も多く、結果炎上→謝罪…。そんなことから、ジェンダーについて、あれこれ話してみました。

202011/28

【今日の云々:カルチャー日記 in London】2020年11月23日~更新中「三島由紀夫、英ドラマ『Life』、ISからの帰還etc」

この番組、放送前から楽しみにしていました。いままでとは違う角度からの三島論だったのでその点では興味深かったものの、内容的には不満足。

202011/25

【前のめりでスキップ(ロックダウン・ロンドン日報)】2020年11月25日:腸活とスパイスとお腹問題

わたしはお腹問題をずーっと抱えて生きてきました。赤ちゃんの頃からです。腸が平均よりもずーっと長く&細いため、うまく動かない。

【podcast84】「選択的夫婦別姓」について話す

11月17日にこのニュースを知り…わたくし、本気でギョーテンしてしまいました!「宇宙レベルのびっくりだわあ…」と本当に驚いたのです。

ページ上部へ戻る