© matka All rights reserved.

桜とグラウンド

20194/16

【写真交換日記182】from Tokyo「R指定」

桜が開花しても寒暖差があって、なかなかの冬日もありましたが、ようやく暖かい春めいた日がやってきました。
そんでもって、「令和」ですよ。この日本のお祭り的なウェーイウェーイな騒ぎを横目に、冷めた気持ちで「平成最後」(←これもメディアで言い過ぎ)の日々を過ごしております。

ところで私、最近20年ぶりくらいにHip Hopにハマっております。その昔、「ラッパ我リヤ」や「オジロザウルス」など日本のHip Hop黎明期に色々聴いては、歌詞に共感したりしていましたが、その後はあまり進んで聴いていませんでした。

その20年ぶりにハマったバンドは「Creepy Nuts」。ラッパーのR指定さんとDJ松永さんのユニットです。オーソドックスなHip Hopではなく、さまざなな音楽の要素を感じる楽曲で、スピード感ある音楽と最高にセンスのよい言葉の羅列が魅力!

お金を題材にした「紙様」の歌詞は本当に唸ります。聞くたびに発見があったり。「俺から退屈を奪わないでくれ」もいろんな捉え方があって面白い。
ラッパーは頭がよくないと務まらないなあと思う。R指定さん、天才です!

「令和」の省略が「R」になるということで「R12」とか「R18」とか書くこともあるのかなあ。「R指定」っぽいなあと思ったことからの「Creepy Nuts」押しでした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

202011/29

【前のめりでスキップ(ロックダウン・ロンドン日報)】2020年11月28日:「まだ来てないけど…」

ワタクシ大変神経質なたちでして、いままで「ほこりの舞」やら「ちょっとしたチリ」が気になって気になって大変でした。

podcast85

【podcast85】過去の炎上広告から考えるジェンダー

最近、世の中のジェンダー平等への意識の高まりを感じつつ、ジェンダーギャップについて考えることが多い今日この頃です。本来であれば、新しい価値観を提案して欲しい広告ですが、いまだにどうしても旧来の「男らしさ」「女らしさ」を求める広告や、性別役割分業を想起させるステレオタイプ的な広告も多く、結果炎上→謝罪…。そんなことから、ジェンダーについて、あれこれ話してみました。

202011/28

【今日の云々:カルチャー日記 in London】2020年11月23日~更新中「三島由紀夫、英ドラマ『Life』、ISからの帰還etc」

この番組、放送前から楽しみにしていました。いままでとは違う角度からの三島論だったのでその点では興味深かったものの、内容的には不満足。

202011/25

【前のめりでスキップ(ロックダウン・ロンドン日報)】2020年11月25日:腸活とスパイスとお腹問題

わたしはお腹問題をずーっと抱えて生きてきました。赤ちゃんの頃からです。腸が平均よりもずーっと長く&細いため、うまく動かない。

【podcast84】「選択的夫婦別姓」について話す

11月17日にこのニュースを知り…わたくし、本気でギョーテンしてしまいました!「宇宙レベルのびっくりだわあ…」と本当に驚いたのです。

ページ上部へ戻る