© matka All rights reserved.

20205/5

【絵葉書通信13】from Yoko in Tokyo

晴天の本日、東京のヨウコさんから、美しい雨の絵葉書届きました。

NYを拠点に活躍した写真家ソール・ライターの作品の絵葉書です。


この1枚に、わたくし、朝から相当打ちのめされています。

雨の日のカフェの中から撮影したのでしょうか。窓ガラスの向こう側の雫、黄色いキャブ(?かな?)、そして帽子を押さえる人影、すべてがパーフェクトに生かし合っている、雫がすぐ目の前に見えるような静かで美しい写真。

さすがです。

(ソール・ライターも、これを選ぶヨウコさんも)

文章の中で、1か所「あれ?」と思った点が。

“思いを馳せては、またソール・ライターが作品を撮れるようにと願っています。”

ソール・ライターは確か亡くなっているのだけど…。

ググってみたら、やはり2013年に亡くなっていました。(Wiki参照

何かの比喩なのかな~?と思ってヨウコさんに聞いてみると、

「がーん!この前映画みたので、まだ生きてると思ってたー」

という、いつもちゃんとしてるヨウコさんらしくない回答(笑)。

その辺も味わい深い1通となりました。

写真家ソール・ライター 急がない人生で見つけた13のこと
(2013年、トーマス・リーチ監督)

ヨウコさんからハガキを受け取り、私もこの映画を見たくなってUKで配信しているサービスをかなり必死に探したけれど…ない!涙 

日本のAMAZONでは配信中ですが、UKのAMAZONでは配信していないのです。

絶対見たいので、何とか探さねば。

見たらここにも書こうと思います。

と思うぐらい、この1枚の写真にドキュン!とやられました。

ほんと、何度も書きますがさすがです(ソール・ライターも、ヨウコさんも)。

ソール・ライターはヨウコさんに教えてもらって知った写真家です。改めて、教えてくれて、ありがとね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

【podcast168】おすすめ映画『沖縄スパイ戦史』

毎年、この時期になると自分への課題として意識的に戦争関連の作品を見たり読んだりするようにしています。普段から見ればいいのですけど、なかなか覚悟がいる作品も多くて…。とウォッチリストに入っていて、先日ようやく観た作品が映画『沖縄スパイ戦史』です。その見どころについてあれこれ話してみました。

【podcast167】宗教2世について考える

今回は現在話題になっている「宗教2世」について耳さんと話しました。「宗教2世」はカルトだけではなく、伝統宗教にもたくさんいます。フローレンスはこの10数年クリスチャンですが、自分で洗礼を受ける決断をしたので宗教2世ではありません。でも、周りに宗教2世はたくさんいます。

podcast166

【podcast166】2022年上半期TVニュースランキングについて話してみる

人の話を聞いていて、「ん?」それってどうなの?それは違くないか?と思うことはないですか?人の話だけでなく、日常には「ん?」という違和感がたくさん存在しているように思います。その人(こと)は特に何の悪気もなければ、何ならいいことを言っているていなので流してしまいがちなことも、「違和感」は拭えなく…そんな日常の「違和感」のお話です。

【Podcast165】猛暑40度→今日は23度。地球がおかしい… in London

今回のポッドキャストを録音したのは7月22日(金)でしたが、7月18日(月)と19日(火)はロンドンな~んと40度!まで上がりました。

【Podcast164】「無知の罪」―「知らないで済ます」が社会を壊す?(偉そうでごめんなさい。でもモヤってます)

こんにちは。フローレンス22世です。 地球の反対側に暮らす ロンドン在住の「フローレンス22世」と東京在住「豊里耳(とよさと みみ)…

ページ上部へ戻る