© matka All rights reserved.

瀬戸内レモンクリームケーキ

20205/5

【朝のコーヒー、午後のお茶】紅茶とお菓子「瀬戸内レモンクリームケーキ」

爽やかな気候になったゴールデンウィーク、気温が上がってくると酸っぱいものが食べたくなるのはなぜだろう?

「酸っぱいものにはクエン酸(酢)が含まれます。体内に乳酸がたまると疲れると言われており、その乳酸を代謝させるためにクエン酸が必要です。そのため、『疲れると酸っぱいものが食べたくなる』と言われているようです」

zakzak

家にいるだけだし特に疲れてはいないのですが、酸味が恋しくなる新緑が眩しい、いい天気です。酸味といえば、レモン!レモンのお菓子といえば、レモンケーキ!

日本のレモンケーキは、東京はじめ日本各地で様々な品が販売されてますが、レモン産地で有名な「瀬戸内産レモン」のレモンケーキの種類が多いようです。写真のブールアンジュ「瀬戸内レモンクリームケーキ」はイラストレーター佐伯ゆう子さんのイラストが全体に描かれているパッケージがとてもお洒落な品。レモンの間に描かれた黒猫が効いてます。

箱はとっておこうっと。

外側ははちみつレモンジャムとホワイトチョコレートでコーティングされていて、口溶けの良いスポンジの中に爽やかな甘さのレモンクリーム。レモンジャムとレモンクリームが互いにレモンの風味を際立たせていて、レモンの酸味を存分に感じられます。加えてコーティングの薄いホワイトチョコレートのさりげない甘さも楽しめます。
言わずもがな、レモンケーキには紅茶がよくあいます。紅茶はアッサム、ストレートで砂糖を入れず、レモンクリームとのハーモニーを味わいました。
あー美味しい!

疲れてはいなかったはずですが、酸味と甘味と紅茶でかなりリフレッシュされた感じがしました!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

podcast206

【podcast206】スマホとテクノロジー

ニュースでCatGPTの話題をよく耳にするこの頃ですが、その他にも人工知能(AI)研究の第一人者が生成AIに警鐘をならしたり、私は長らく積読にしていた「スマホ脳」アンデシュ・ハンセン著をようやく読んだこともあり、この機会にスマホとテクノロジーについてあれこれ話してみました。

【Podcast205】ドラッグクイーンショーを見てきて思ったこと

今回はつい先日フローレンスが近所のパブで開催されていた「ドラッグクイーンショー」に行き、思ったことを話しました。

podcast204

【podcast204】雑誌「Wedge」の物流記事から考える物流の現状とこれから

私は最近雑誌「Wege」の「最後の暗黒大陸・物流『2024年問題』に光を灯せ」という記事を読み、その特集の多岐に渡る内容の広さや掘り下げ方、記事の構成や文面から、かなり響くものがあったので、これを機になくてはならない物流に関してイギリスの配送状況も含めフローレンスさんとあれこれ話してみました。

【podcast203】〇〇と■■に効果抜群!大根おろしデトックス

今回はフローレンスが実践している「大根おろしデトックス」を紹介しました。※個人的感想・感覚なので、医学的科学的な効果を語るものではありませんの。ご注意ください。

podcast202

【podcast202】最新家電レポート

新生活にともなっていくつか家電を新調したり、頂いたりしました。最新家電への驚きとともに、「これは便利!」、「AI化であまりいらないかも…」といった機能を紹介します。イギリスの家電との違いなども含め、フローレンスさんの家電買物事情も聞いてみました。

ページ上部へ戻る