© matka All rights reserved.

カフェオレとブラウニー

20205/4

【写真交換日記211】from Tokyo「ミルクフォーマー:茶せん」

ハナコさんのカフェの写真、構図がいいですね。私はなんだかエドワード・ホッパーの絵を連想しました。

私は外出自粛が続くと、つい余計なものを買ってしまいそうになります(「いつもじゃん」と自分でツッコミ)。「倹約界のこんまり(近藤真理恵)」と言っても過言ではない、幼少時から倹約家のハナコさんは絶対そんなことはないと思うのですが…。
どうやら、世間も出かけられないストレスか、ちょっとした雑貨を購入する人が多い傾向にあるよう。私は、中途半端に購買意欲を満たすため、(実際購入せずに)気になったものをとりあえずカートに入れておいたりするのですが、最近はカートに入れていたものがしばらくすると、ことごとく「在庫なし」になるではありませんか!

その中の一つが前から気になっていた、「HARIO(ハリオ) クリーマー・キュート ブラウン CQT-45BR」です。いわゆるミルクを泡立てる「ミルクフォーマー」で、自分の家でカフェオレやカプチーノなんかを楽しむ際に使います。ハリオの製品は「ミルクフォーマー」部門で評価が高いようです。ハリオのサイトはこちら

実際、買ってもそんなに使わないだろうと思うので「在庫なし」になってもいいのですが、一旦気になると気になるもので、「ミルク泡立てたい!」という気持ちがややもすれば泡立ってくるのでした。前回、「ダルゴナコーヒー」でコーヒーを泡立てた、ハンディではあるものの、お菓子作りなどに使う大きめ電動泡立て器を使うか?(取り出すのやや面倒) それともネット見た、ペットボトルを使って振る方法か?(あ、ペットボトルがない!)など考えていて、辿り着いたのが、

茶道具の茶せん

でした。以前、いただきものの抹茶を家で立てようと思って買っていたのでした。それで、お茶を嗜んでいたハナコさんにとっては邪道かと思いますが、茶せんで泡立ててみました。茶道をされてる方には怒られそうですが、「今あるものを用いる」気持ちをお許しください。

レンジで温めたミルクを器に入れて、いざ、立てん! 泡立ちは、もちろん「ミルクフォーマー」のようにはいかないのですが、泡の口当たりを楽しむことはできました。器は栃木の益子陶器市で安く購入した茶器です。
陶芸家のおじちゃんに「今はひとりでも、2つ買っといたらいいよー。安くしとくから」と言われ、ペアで買ったのでした。ひとつはあらかじめコーヒーを入れておき、ひとつはミルク泡立て用に。2つあってちょうどよかった!(ちがう、そうじゃない)

シナモンかけるとおいしい
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

podcast103

【podcast103】第93回アカデミー賞予想!&おすすめ作品

第93回アカデミー賞は日本時間4月26日朝からスタートします。コロナ禍で劇場公開作品が少ない中での選考ですが、今回派手なガツンとした作品群ではないけれど、時代を反映した地味な中にもピリリとした味わいの名作揃い(視聴したものでは)。そんなノミネート作品についてあーだこーだ話しながら、賞レースを予想してみました。

【写真交換日記238】from London『復活祭と卵デコレーションとエヴァンゲリオン』

そうか、ヨーコさんはエヴァファンだったのか。ワタクシはエヴァを通らずに過ごしてきましたが、NHK『プロフェッショナル』は感慨深く視聴しました。そして、実はこの番組を見たことで、エヴァを見る気が全くなくなってしまったです(笑)。

20214/6

ランチ小説『フラットメイト』第1話公開「マヌカハニーたっぷりのスパイスティー」

ずっと雑誌や新聞、オンラインに「記事」を書いてきたのですが、「物語」も書いてみたいなあと思うようになりました。この数年のことです。 …

オリンピックすごろく

【podcast102】東京オリンピック・パラリンピックすごろくを作ろう

先月3月25日から聖火リレーがはじまりました。日本ではワクチン接種も進まない中、本当にオリンピック開催するんでしょうか。今一度招致から現在までの「あれこれ」をすごろくにしてみよう!と思い立ち、オリパラにまつわる事件を振り返ってみました。

20214/2

【映画のはなし】トーベ・ヤンソンが教えてくれた「ムーミン」以外のこと。映画『Tove(トーベ)』(ややネタバレ有)

英国映画協会(British Film Institute)が毎年開催しているLGBTQ+映画祭「BFI Flare」。今年も2021年3月17~28日まで開催された。ロックダウン中なのですべてオンライン上映であり、プレス試写もすべてオンライン。家から見られるので有難い。

ページ上部へ戻る