© matka All rights reserved.

カフェオレとブラウニー

20205/4

【写真交換日記211】from Tokyo「ミルクフォーマー:茶せん」

ハナコさんのカフェの写真、構図がいいですね。私はなんだかエドワード・ホッパーの絵を連想しました。

私は外出自粛が続くと、つい余計なものを買ってしまいそうになります(「いつもじゃん」と自分でツッコミ)。「倹約界のこんまり(近藤真理恵)」と言っても過言ではない、幼少時から倹約家のハナコさんは絶対そんなことはないと思うのですが…。
どうやら、世間も出かけられないストレスか、ちょっとした雑貨を購入する人が多い傾向にあるよう。私は、中途半端に購買意欲を満たすため、(実際購入せずに)気になったものをとりあえずカートに入れておいたりするのですが、最近はカートに入れていたものがしばらくすると、ことごとく「在庫なし」になるではありませんか!

その中の一つが前から気になっていた、「HARIO(ハリオ) クリーマー・キュート ブラウン CQT-45BR」です。いわゆるミルクを泡立てる「ミルクフォーマー」で、自分の家でカフェオレやカプチーノなんかを楽しむ際に使います。ハリオの製品は「ミルクフォーマー」部門で評価が高いようです。ハリオのサイトはこちら

実際、買ってもそんなに使わないだろうと思うので「在庫なし」になってもいいのですが、一旦気になると気になるもので、「ミルク泡立てたい!」という気持ちがややもすれば泡立ってくるのでした。前回、「ダルゴナコーヒー」でコーヒーを泡立てた、ハンディではあるものの、お菓子作りなどに使う大きめ電動泡立て器を使うか?(取り出すのやや面倒) それともネット見た、ペットボトルを使って振る方法か?(あ、ペットボトルがない!)など考えていて、辿り着いたのが、

茶道具の茶せん

でした。以前、いただきものの抹茶を家で立てようと思って買っていたのでした。それで、お茶を嗜んでいたハナコさんにとっては邪道かと思いますが、茶せんで泡立ててみました。茶道をされてる方には怒られそうですが、「今あるものを用いる」気持ちをお許しください。

レンジで温めたミルクを器に入れて、いざ、立てん! 泡立ちは、もちろん「ミルクフォーマー」のようにはいかないのですが、泡の口当たりを楽しむことはできました。器は栃木の益子陶器市で安く購入した茶器です。
陶芸家のおじちゃんに「今はひとりでも、2つ買っといたらいいよー。安くしとくから」と言われ、ペアで買ったのでした。ひとつはあらかじめコーヒーを入れておき、ひとつはミルク泡立て用に。2つあってちょうどよかった!(ちがう、そうじゃない)

シナモンかけるとおいしい
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

イサム・ノグチ展あかりシリーズ

【写真交換日記243】from Tokyo 「梅雨明けの猛暑を逃れて“イサム・ノグチ展”」

セレブ歯医者に通うハナコさんの前回の写真交換日記を読み返して、「そうだ私も歯医者に検診行かねば!」と思うのでした。意図しないところにお金が…

20217/19

【前のめりでスキップ(ロックダウン・ロンドン日報)】2021年7月18日(日):「短い夏と、パブと、フリーダムディと」

ここ数日、夏らしい日が続いているロンドンです。そして明日は「フリーダムディ」。イングランドのソーシャルディスタンス策が撤廃になるのです。

podcast116

【podcast116】「食品成分表」からの食クイズ!(小ネタ)

普段生活していて、「食品成分表」の本を読む機会のある方は少ないかと思いますが、「食」は全ての人に関係あるもの。「食品成分表」はペラペラめくってるだけでも実はとっても面白い読み物なのです!そんな「食品成分表」の中からワタクシ耳からフローレンスさんへクイズを出題する形式で、食に関しての小ネタをさまざま話してみました。皆さんも一緒に答えを考えてみてくださいね!

20217/16

【ややネタバレ有】ドキュメンタリー『カルロス・ゴーン:最後のフライト』世紀の大脱走、その一部始終を「自分解説」

TOP画像:BBCオンライン版のキャプチャ画像より。© 2021 BBC  BBCのドキュメンタリー番組「Storyville」は英国内外の事例を骨太な視点で描いた作品を放送・配信しているシリーズだ。

20217/13

【前のめりでスキップ(ロックダウン・ロンドン日報)】2021年7月13日(火):「高額スマイル」

最近歯に問題を抱えている。この1カ月で、セレブ御用達・高額歯科に3回も行ってしまった。合計1500ポンド也。日本円にして23万円也。

ページ上部へ戻る