© matka All rights reserved.

スコーン

20207/16

【写真交換日記219】from Tokyo「スコーン、スコーン、スコーン!」

二子玉川は確かに(私を除いて)あらゆる種類のリア充が集いがちな場所ですが、「ロンドンの公園」という響きも十二分に「羨山(うらやましい)」ですわよ。

そして私は相変わらず家にいることが多いので、目新しい写真を撮れずにいます(言い訳)。そんな中で、ハナコさんほどではないのですが、私もたまにお菓子作りをするようになりました。お菓子の中でも最近はスコーンにハマっております。元々スコーン大好きなので、たまに購入したりもしていたのですが、自分で作って見ると意外にも簡単で「何だ〜、私にも作れるじゃない」と思った次第。

ただ、一言に「スコーン」と言っても、レシピは多種多様で実に興味深い。その辺はイギリス在住歴の長いハナコさんの方がもちろん詳しかろうと思いますが、ちょっとした材料の違いや手順の違いでスコーンの印象が変わるのは面白いですね!この変は今度ポッドキャストのテーマにしたいです。

最初に何度か作っていたのは、全粒粉入りのざっくりとした食感とたっぷりのレーズンが美味しい「スコーン」。雑誌TRANSITの33号「美しきヨーロッパ-スイートな旅をしよう」特集に載っていたレシピです。

所用時間30分!

先日は英国の伝統ある老舗ホテル「クラリッジズ」の「スコーン」をもとにアレンジされたレシピ(by All about)で作成してみました。こちらはレーズンは入らず、生クリーム入りでなめらかな口当たり。余った生クリームを振って、分離させてクロテッドクリーム風にしました。

次回はホテルオークラの「スコーンレシピ」で作ってみたいと思います。こちらはヨーグルト入りなのでまた違った風味なのだろうなあ。

しかし、スコーンのいいところは、1.手順が簡単、ねかせる+焼く時間が短い 2.バター使用料が少ない(安く作れる)3.そのまま冷凍して小出しに食べれる ところ。一方で糖質制限が緩む私であります….。

追伸:「スコーン」って三回繰り返して言うと、楽しくなることに気付きました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

202011/25

【前のめりでスキップ(ロックダウン・ロンドン日報)】2020年11月25日:腸活とスパイスとお腹問題

わたしはお腹問題をずーっと抱えて生きてきました。赤ちゃんの頃からです。腸が平均よりもずーっと長く&細いため、うまく動かない。

【podcast84】「選択的夫婦別姓」について話す

11月17日にこのニュースを知り…わたくし、本気でギョーテンしてしまいました!「宇宙レベルのびっくりだわあ…」と本当に驚いたのです。

202011/19

【今日の云々:カルチャー日記 in London】2020年11月16日~22日(日)「ゾンダーコマンド、突然の肩こり、重信房子、赤軍界隈、鈴木義男」

週頭から重い内容のドキュメンタリーを視聴。アウシュビッツ収容所から見つかった謎のメモを解読。メモはすべて収容所内の「ゾンダーコマンド」が書いたものだった、という内容です。

異世界

202011/17

【今日の云々:カルチャー日記 in 東京】11月2日(月)〜11月15日(日)異世界に飛び込むの巻

年末が近くなり、日常生活がなんだかワサワサしてきたこの頃。私はワサワサを忘れるべく、カルチャーには非日常を求めがちです。そこで、なんとなく避けてきた、今アニメのジャンルとして多くのコンテンツのある、いわゆる「異世界もの」に飛び込んでみることにしました。

podcast83

【podcast83】ちょっと好きな人

普段生活していて、「あ、この人ちょっと好きだな」と思う事はありませんか?スーパーやスポーツジムで接する人や、テレビで見かけるあの人。大ファンという訳ではないけれど、「ちょっと好き」な人たちについて2人であれこれ話してみました。「ちょっと好きな人」が多くなれば、生活もちょっと楽しくなるかも!?

ページ上部へ戻る