© matka All rights reserved.

201810/10

【写真交換日記175】from London「ひこうき雲」

いつも忙しい陽子さんを私が催促しているのに、今回は私が更新滞ってしまいました。ごめんなさい。

美しい竹林画像のときはまだ夏だったんですね…。深緑の世界が本当に素敵です。

ロンドンは今年猛暑だったけれど、9月になって以来すっかり秋の風です。

実は今、いろいろあって日本にいるのですがこれはロンドンの写真。陽子さんの「あー、夏休み」に反応してみて、日本の歌謡曲しばりで「ひこうき雲」(荒井由実)で攻めてみました(笑)。

ほかの記事でも書いているように、父が難病と診断されて以来落ち着くことのない日々を送っています。この写真は今回帰国する前、ロンドンで本気の「バッタバタの日々」を過ごしていた時に見上げた空の写真です。

今回の帰国がどれだけなのかわからないから、とにかく先にやっておける仕事をやっつけるために、ロンドン中を走り回っていました。日本を思いながらの心配と、目の前の仕事と、片付けることの山積み具合に絶望していたけど、ふと見上げたらあまりに空がきれいで、そこにスーッと飛行機が過ぎ去っていきました。

そこでユーミンの音楽が頭の中に響いたわけではないけれど、後で写真を見ながら「荒井由実」だった時の曲はいいなあと改めて思ったり。ユーミンのファンではまったくないものの、年齢的には「松任谷由実」が女王様としてふんぞり返っていた時期を知っている世代。あまのじゃくの私はその流れに乗らなかったけど、(「松任谷時代」と比べ)「荒井時代」の割と暗めでキラキラのない曲はいいなあと思いました。

「まちぶせ」の歌詞の陰湿さには正直ドン引きますが(ねっちりした恨み節がなんとも凄いぜw)、「ひこうき雲」はアニメ「風立ちぬ」を映画館で見て久々に聞き、抑揚がありすぎない曲調がすごくあっているなあと思った次第。

死を思わせる歌詞が、今は心に響きます。誰もいつか迎えるその日。空の向こうに何があるのか、私は知っているつもりだけどもちろん行ったことはない。私はその時を迎えるとき、まっすぐ恐れずに舞い上がっていけるのだろうか? 今、空を見るとそんなことを考えます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20209/27

【写真交換日記226】from London 「黒にんじん・黄色にんじん」

更新おそくなってごめんなさい。「画家が見たこども展」は、私も行きたい!!と思った展覧会です。行けたのね、いいな~! …

【podcast76】「絶望名人」カフカさんに学ぶ人生論

世の中はポジティブな名言に溢れていますが、今はコロナのこともあり、ポジティブな言葉に何も救われなかったり、かえって暗い気持ちで受け止める人も少なくないかもしれません。そんな時に、とてもオススメの本『絶望名人カフカの人生論』。

podcast75

【podcast75】長谷川町子さんの作品について語る

今回は、フローレンスが子供のときから愛してやまない長谷川町子さんの作品について語りました。

20209/21

【今日の云々:カルチャー日記 in London】9月21日(月)〜更新中「現在、玉木宏と高橋一生に翻弄され中」

今週はバタバタ忙しいのに、本日もかなり無理してジムに行った理由はただ1つ、『竜の道』5話が見たいから! これ見ると、走るの大っ嫌いなわたくしがいつもより長めに走れてしまうのだから、凄いのです。

Photo by Clay Banks on Unsplash

20209/21

【今日の云々:カルチャー日記 in 東京】9月14日(月)〜9月20日(日)

amazonオリジナルドラマ『The Boys ザ・ボーイズ』シーズン25話視聴。前から思ってましたが、MMが知性と冷静さと優しさを兼ね備えた人で、つくづくいいひと。ヒューイとブッチャーの関係の定着がホッとする一幕も。凶暴なお兄ちゃんと温和な弟なんだね。ホームランダーの地位の揺らぎ、そして、とうとう最悪のカップル誕生しちゃったよ。

ページ上部へ戻る