© matka All rights reserved.

podcast115

【podcast115】日本公開直前!映画『プロミシング・ヤング・ウーマン』について語る

こんにちは。ロンドン在住のフローレンス22世です。

地球の反対側に暮らす ロンドン在住の「フローレンス22世」と東京在住「豊里耳(とよさと みみ)」。 2人がぐるっと電話でつながりアレコレ話す「環・地球おしゃべり」、それがマトカのpodcastです。

今回は、日本で7月16日から公開される映画『プロミシング・ヤング・ウーマン』について、一足先にロンドンで見たわたくしが語りました。

=====

この投稿をInstagramで見る

映画『プロミシング・ヤング・ウーマン』公式 7.16 公開(@pywjapan2021)がシェアした投稿

『プロミシング・ヤング・ウーマン』あらすじ(配給会社公式ページより):
30歳を目前にしたキャシー(キャリー・マリガン)は、ある事件によって医大を中退し、今やカフェの店員として平凡な毎日を送っている。その一方、夜ごとバーで泥酔したフリをして、お持ち帰りオトコたちに裁きを下していた。ある日、大学時代のクラスメートで現在は小児科医となったライアン(ボー・バーナム)がカフェを訪れる。この偶然の再会こそが、キャシーに恋ごころを目覚めさせ、同時に地獄のような悪夢へと連れ戻すことになる……。

https://pyw-movie.com/

↑公式トレーラー

この映画は今年の米アカデミー賞に何部門のノミネートされ、脚本賞を受賞した秀作です。全編、ものすごくポップな色合いのセットと衣装で構成されています。登場するものがイチイチかわいいのです。80年代ファッションが好きな人にはたまらんでしょう。

この投稿をInstagramで見る

映画『プロミシング・ヤング・ウーマン』公式 7.16 公開(@pywjapan2021)がシェアした投稿

でもそんな可愛い画面の向こうから性虐待や性差別の犠牲者の叫び声が聞こえます。そのコントラストが絶妙で、より闇の深さを人の心に届ける効果を発揮している「映像コントラストの勝利」映画です。

皆さん、この映画はある意味「リトマス試験紙」なのです。この映画を見た後の反応で、その人の異性や人に対する意識を「測れます」。場合によってはその人と

絶交

したっていいかもです。

という内容だということを、力を込めて話しております。
聞いて下さると嬉しいです!

久々の5★映画です!

5.0 out of 5.0 stars
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

【podcast237】旧正月のパーティに初参加して思ったこと in London

2月10日は春節(旧正月)でした。この日、中国系イギリス人の友人が開催した「旧正月を祝うホームパーティ」に初参加したわたくしフローレンス。この日に聞いたこと、思ったこと…についてポッドキャストで話しました。

podcast236

【podcast236】年末年始考えたこと「死と行動」

今生きている人はいずれ亡くなることは、皆が知っている事実ですが、戦争や震災や病気などでいつ誰が亡くなるかは、誰にもわからないなあ。と思いつつ、私自身の死を考えるきっかけがあったことで、とある行動につながることもあったり。そんなことをあれこれ話してみました。

【podcast235】少年犯罪:甲府の事件とイギリスの事件、そして死刑制度について

2024年1回目のポッドキャストですが、マトカらしく?(笑)重いテーマです。録音したのは2024年2月2日。この日、2つのニュースが飛び込んできました。

podcast234

【podcast234】今年見たエンタメあれこれ(豊里耳版)

先週に引き続き、今年見た(読んだ)エンタメの中で面白かった、印象に残った作品を2人であれこれ話してみました。年末年始、何を見ようか(読もうか)と思っている方に参考になれば幸いです。

【podcast233】今年見たエンタメあれこれ(フローレンス版)

いよいよ2023年も終わりですが…今年見たエンタメいろいろについてはなしました。今回はフローレンスが鑑賞した&視聴したものをあれこれ語っています。

ページ上部へ戻る