© matka All rights reserved.

前のめりでスキップ(ロンドン日報)「増える帽子と母」by hanako

※【前のめりでスキップ(ロンドン日報)】
かなりせっかちで前のめり。急がば周れないばかりか、地団駄踏んで転んでる。プリプリ怒って日が暮れる。そんなハナコのロンドン暮らしの絵日記。あまりロンドンぽくなくてすいません。

母はずっと働いていた人だったので、10数年前に仕事を引退したときはまあまあ嬉しかったんじゃないかと思っていた。しかし、引退してから数年経ったころからせっせと手仕事(手芸)をはじめた。

日々は忙しく過ぎていく。今は父が病気だし、母自身も昨年ガンの手術をしたので各種病院への通院も忙しい。父の嚥下が難しくなってきたこともあって、食事や日々の動作のサポートも大変になってきた。暇どころか仕事をしていた頃より忙しいのではないだろうか? 時々自身も疲れて横になったりしているようだが、そうすると父が心配するからと、元気そうに頑張っている。私は遠くにいるので日々の手伝いができないことに罪悪感を感じているが、「2人で気楽にやっているから」「ハナコが帰ってくると、ペース変わっちゃうから(帰ってこないで)」とあまりヘルプを求めない。

そんな多忙な毎日なのに、母の手仕事のペースが加速している。目が悪くなってきてミシンを使うのが怖いらしく、編み物の方が得意。編めるものだったらなんでも編む。手袋、マフラー、レッグウォーマー、手提げ、帽子などいろいろ。私の日々の生活で身に着ける、かなり多くのものが母の手編みだ。なかなかセンスが良く「何でもオーダーして」というので、「こんなのほしい」とよくリクエストしている。するといろいろ工夫したうえでリクエスト通りのものを編んでくれる。海を渡って、母手作りのいろいろが定期的に届いている。

ここ数年、私は帽子なしで外出することがあまりない。秋~春はベレー帽。夏はつばのついた麦わら帽子。今はいろんな素材の手芸用品がでているので、麦わら帽子も毎年母の手作りのものをかぶっている。帽子なしで外出するのが違和感なほどだ。

毎年大量に編まれ、大量に送られてくる帽子たち。1つ1つ似ているようで、ちょっとずつ違う。気温や日差し、洋服に合わせて別のものを選ぶのも外出時の楽しみになっている。とはいえ、被る私は1人なのに、棚に鎮座して被られるのを待っている帽子たちが多すぎる…。その数、20個以上。棚だけ見ると、まるで小さな帽子屋のようだ。出番のない帽子たちが時に不憫に思うほど。

「無理して頑張って編まなくていいよー」と言っても、せっせと「快速編み機」のように製作する母。毎晩テレビを見ながら、手を止めることなくずっと編み続けているらしい。そうやって一生懸命、忙しく、ずっと働いて生きてきた人なんだなあ…と思う。もしくは編み物に集中している時間が、母の癒しの時間にもなっているのだろうか? そうだったらいいのだけれど。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

【写真交換日記173】from London 「誰も、いない」by hanako

「七草」、ステキです。木材のよい香りが漂ってきそう外観を見ているだけで、しゃっきりすっきりおいしい和食(の店か分かりませんが、そう予想)の味…

【お知らせ】Pen+「コーヒーのある暮らし」発売

ロンドンのハナコです。 6月27日に雑誌Penの別冊「Pen+(ペン・プラス)」のコーヒー本「コーヒーのある暮らし。」が発売になりまし…

【Pub in London1】 The Duke of Cambridge (ガストロパブ/Angel駅)

※イギリスの「飲みどころ」と言えば「パブ(Pub)」。ほぼ下戸の・matkaロンドンのハナコと、ビールとパブを愛しすぎている「旦那のヒト」が…

【お知らせ】<REISM(リズム)>さんサイトの連載更新  by Hanako

5月から東京のリノベーション・デザイナーズ賃貸会社「REISM(リズム)」さんのサイトで、インテリアやライフスタイルについての連載をさせてい…

20186/25

【絵葉書通信5】from Yoko in Tokyo

梅雨の東京から青空のロンドンに、素敵な紫陽花の絵葉書が届きました。 イギリスは日本と反対。6月が年間ででもっとも降雨量が少ないんです。…

ページ上部へ戻る