© matka All rights reserved.

【写真交換日記204】from London「ミュージアムの思想」

ヨウコさんの耐熱グラス、とっても素敵。

宇宙 紅茶
【写真交換日記203】
from Tokyo「宇宙で紅茶」

実はほぼ同じ形のものを、テートモダンのカフェで見たことがあります。

カウンターでカプチーノを頼んだら「ごめんね、今日コーヒーマシーンが壊れてしまっています。フィルターコーヒーでいいですか?」と言われ、でてきたのがとても似たグラス(↓)でした。

最近理科実験用みたいなデザインのガラス製品をよく見かけます。
コーヒー4人分が入ったこちらのジャグもそんな感じ。
シンプルで洗練されていて、素敵です。

なだらかな弧を描くフォルムが素敵で、お盆の載せられてでてくると、ワタクシも含め4人全員がサッとスマホを出して写真撮影を始めたので笑ってしまいました。そのぐらい美しい形。

いいなあ、これ家に持ってるんだ…。モノを全然増やせない貧乏性のワタクシ。うーん、素敵なものはやっぱり思い切った方が多分いいんだよね。我が家は全然物が増えませんw。

===

さて、先日ヨウコさんに送った「絵葉書通信」のハガキ(↓)もこのテートモダンのショップで買いました。

絵葉書通信
【絵葉書通信12】from Hanako in London

テイトモダンのカード売り場。
いつ行っても楽しい場所。


テートモダンのショップはいつもいろんな仕掛けがあって楽しいでの、毎度結構長い時間ウロウロしてしまいます。

書籍売り場。アートやデザイン本だけではなく、
料理や園芸、世界の雑誌等「見て美しい本」もいろいろ。


皆さん、長々立ち読みしています。
店内にテーブルと椅子もあるので「座り読み」も可能です。

先日行ったとき、こんなコーナーを見つけました。

一見普通のカラフルな本棚なんですが…

よーく見てみてください。

なんだか、オサレな現代美術の殿堂には似つかわしくないこのお2人。

右『ドナルド・トランプの美しいポエム集』
トランプの発言やツイッターコメントを集めた〝詩集”

左『ウラジミール・プーチン:ライフコーチ』
プ―ディンに学ぶ、コーディング本

どちらもロブ・シアーズ著。


こちら、トランプとプ―ディンを賛美している本ではありません。自伝でもありません。彼らの言葉などから引用し、ポエム集に仕立てたりコーチング本にしている、つまり

思いっきりトランプとプーチンをディスりまくっている本です。

トランプのポエム集はYoutubeがあり…

私は差別主義者とは程遠い人間だ。
黒人といつも仲良くやってきた。
タイガー・ウッズが大変だったときもずっと仲良しだった。
私の名前は、他の度の名前よりも黒人ヒップホップに使われてるんだ
(トランプの発言からの引用)

悪意ありまくりで素敵です♡


プーチンの方はインスタでアニメーション↓がありました。

この投稿をInstagramで見る

Canongate(@canongatebooks)がシェアした投稿

その横には↓ブレグジットやイギリス政府をディスっている本の数々。

「ブレグジット一コマ漫画」
「ブレグジット物語」
などなど…

つまりレジ前に位置するこの棚は「現在の政治にモノ申す!」コーナーだったのです。

このミュージアムは、トランプにも賛同しないしブレグジットにも反対だよ!」と明確な意思表示をしているわけです。

テート、やるなあw。

テートモダンは国立のミュージアムではありませんが、イギリスを、そしてロンドンを代表するミュージアムの1つです。そこにあるショップがこんなにはっきりと政治的ポリシーを打ち出しているなんて、なかなかすごい。

ブレグジットはしてしまったし、ボリス・ジョンソンは右派&強硬離脱派として知られる首相です。この状況を楽しく見ていない人は多いですが、黙ってしまうのは簡単なこと。

でもこんなにウィットに富んだ方法で声をあげている。

テート、かっこいい!

そしてまだこういったことを主張し、発言できる自由はイギリスには残っているんだなあと思いました。

多分…日本では厳しいですよね。

何だか嬉しくなって、ニヤニヤしながらショップを何周もしてしまいました。そして、私もちょっと皮肉っぽいことを言いたくなって、書いたのがコチラ↓だったわけです。

【絵葉書通信12】from Hanako in London

ハガキを買ってそのままテートモダン内のカフェに直行。光が当たる窓際のカウンター席に座ってコーヒーを飲みながら、ちょっとニヒルな気持ちでヨウコさんにハガキを書きました。

Everything is going to be allright.
すべてはきっと、大丈夫

絵葉書通信

とネオンで書いた、マーティン・クリードのインスタレーションの写真のハガキ。

コロナウィルスもあるし、ブレグジットのディールはまとまらなさそうだし、異常気象で洪水は起こるし、この冬は雨ばかり。

状況は全然大丈夫なんかじゃありません。

悪くなる一方…に見えるこの頃です。

でも…
でも…

もしかしたらまだ何とかなるのかもしれない。

「発言する自由」が残っていれば、まだ大丈夫なのかもしれない。

そんなことを思いながら飲むコーヒーは美味しかったです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20211/16

【今日の云々:カルチャー日記 in London】罪悪感なし人生ってどんなだろ?BBCドラマ『The Serpent(蛇)』、TBSラジオ『セッション』(成人の日・新聞社説読み比べ)にブヒブヒ笑う

シリアルキラー、シャルル・ソブラジについてこのドラマを見るまで全く知らなかったのですが、オサレな作りが目に楽しく、ソブラジの手軽に殺人していく奇妙さに眉を顰めつつで最後まで興味深く見切りました。

タイプライター

20211/14

コロナ禍だからこそのヒット要因?アニメ映画『劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン』と『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』の斜め評(ネタバレなし)

コロナ禍の年末の映画館、2作品とも公開からだいぶ経っているというのに、密を避ける1席空けではなくなった劇場の席はほぼ満席に近い状況だった。…

朝焼け

20211/13

【写真交換日記231】from Tokyo 「朝焼けと生業と」

新年になりました。今年もどうぞよろしくお願いします。ハナコさんは素敵なクリスマスツリーのある自宅で、クリスマスやお正月は豪華な料理を作って過ごしたことと思いますが、私は今年は実家に帰らず、独り、あまり平日と変わらない年末年始を過ごしました。

20211/13

【前のめりでスキップ(ロックダウン・ロンドン日報)】2021年1月12日:「『分かる言葉で』がむずかしい」

日本でひとり暮らしをするロージン(81歳になりました)母。このお方、地震と洪水を世界で1番心配しながら生きている。

podcast90

【podcast90】2021年これ流行るんじゃないか?日英談義

2021年がどんな年になるのか先行きの見えない新年ですが、そんな中でも地球をまたいで、トレンド予想をあれこれ話してみました!カルチャー、食、ファッションなど。ああ、トレンドセッターになってみたい…。

ページ上部へ戻る