© matka All rights reserved.

20162/4

【写真交換日記93】from London: やってみました「10分どん兵衛!」

昨日からロンドンもまたどーんと寒くなりました。

寒いと、あったかい汁ものが美味しいですよね?…と、無理やりどん兵衛に繋げます(笑)。

はい、勝手に(笑)満を持して、やってみました「10分どん兵衛!」

↓「10分どん兵衛」についてはコチラ
http://www.tbsradio.jp/tokyopod/2015/11/post-93.html
わたくし、東京ポッド許可局の大大大ファンなもので…。このラジオ番組の10月18日放送分(「実感ですよ論」)から全て始まり、その後日清食品の担当の方もいらっしゃったりしてお祭りでした。

さて、食べてみました。

おお~、想像を超えた新食感!

そもそもどん兵衛自体がもう何年振りかわかんないぐらいだったんですが、その間に麺がかなり進化している模様。なので本当の意味での「ワタシの10分どん兵衛」はデフォルトの「正統派:5分どん兵衛」を食べないと語れないのかもしれないです。

昔むかし、その昔、うどん・ラーメン含めたカップ麺業界は
「何とか生麺感を出そう(せめて、乾麺レベルを目指したいっ 汗)」
「お店レベルは無理だけど、おうちでちゃんと出汁とったぐらいの味は出したい」
と、本格化の道を目指したいけど道半ば…みたいなものだった気がします。

私は油で揚げた&べったべたに化学調味料どっぷり入ってます的な「チープな感じ満々」のカップ麺も大好きなので「何でそんなに本格派になろうとするのかなあ」「そのまんまの君も好きだよ♥」と「進化にやや反対の、現状肯定派」でした。

と、そこそこ愛はあったにも関わらず「ロンドンで日本のカップ麺買うと高い」という、全く愛のない理由で数年ご無沙汰していました。

ちょっと食べない間にカップうどんはそれはそれは恐ろしいほどの進化を遂げていたんですね…。(カップラーメンは最近食べてないので語れず。)麺も出汁も!(どん兵衛の麺は「三層構造」だそうです。)「本格派」なんてかる~くクリアして、まだ見ぬうどんの地平線を超えようとしていたとは…。

ディフォルト5分を食べなくても、その進化っぷりが分かりました。だってもう麺が全然別物だったからです。

さて長くなりましたが、「10分どん兵衛」。

麺は「ふわっ」とした表面に、まだ残る「しこっ」とした歯触りがのコンビネーション。

割と堅麺も好きなんですが、おお、これはこれで別の美味しさです。そして今まで食べたどんな生麺とも違う感じ…。表面の「ふわっ」は「ゆるめのすいとん」か「ほうとう」に近い感じです。

「生麺みたいで美味しい!」といったらどん兵衛さんに失礼な気さえしました。
「みたい」じゃなくて、「10分どん兵衛さんが美味しい!」のです。

「東京ポッド許可局」を愛するあまりに、期待がふくれあがった状態で食べましたが、裏切らないどころか違う次元の美味しさが待っていました。

ロンドンで購入するとどん兵衛はたぶん5倍ぐらいの値段になってしまうので、希少価値の高いご馳走どん兵衛に成り代わっているのですが、うーん、また試したい!

でも次は5分どん兵衛を試そうかな。
5分を知らずに10分を偉そうに語ってはどん兵衛さんに悪い気がしてきました。

↓七味がなかったんで、韓国唐辛子わさわさ入れてみました。
10分どん兵衛

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

podcast182

【podcast182】張り紙とハラスメント(ある喫茶店で思ったこと)

まだまだコロナ以前とはいきませんが、飲食店はほぼ通常営業し、お店でのコミュニケーションも増えてきた今日この頃ですが、先日立ち寄った喫茶店のドアでとても印象に残る張り紙を見ました。

【podcast181】日本⇒欧州に行くなら「絶対おすすめ深夜発フライト!」その理由

今回は、日本⇒ロンドン便で連続利用している「深夜発フライト(深夜便)」の良さについて力説しました。

podcast180

【podcast180】誰しも熱く語りたくなる!座ってるだけで体が熱くなる!映画『RRR』

179分。それがお薦めする映画『RRR』の上映時間です。誰しも見る前は「長いな〜〜」と思うでしょうが、あら不思議!怒涛の展開に熱狂している間にエンドロール迎えています。

【podcast179】今こそ思う「スゴイよ、ジュリー(沢田研二)」

今回は、最近わたくしがYoutubeでヘビロテ再生しているジュリーこと「沢田研二」さんの凄さについて話しました。

podcast178

【podcast178】結婚にまつわる名言に物申す

人生の一大イベントである「入籍」ですが、共に歩む「結婚(生活)」は日々の積み重ね。多くの著名人が「結婚」にまつわる名言を残しています。その中には結構な「迷言」も。その名言たちにあれこれツッコミながら、「結婚」の先輩であるフローレンスさんと話してみました。

ページ上部へ戻る