© matka All rights reserved.

20183/13

前のめりでスキップ(ロンドン日報)「紙か電子か?」by hanako

※【前のめりでスキップ(ロンドン日報)】
かなりせっかちで前のめり。急がば周れないばかりか、地団駄踏んで転んでる。プリプリ怒って日が暮れる。そんなハナコのロンドン暮らしの絵日記。あまりロンドンぽくなくてすいません。

子どものころから本屋に行くと、コーフンしすぎてトイレに行きたくなって困ったものだった。いまでも本屋に行くと嬉しくってソワソワする。一時帰国したときの最大の楽しみのひとつが本屋のはしご&本の買いだめすること。

紙の匂い、インクの匂い、美しい装丁、本屋の雰囲気。全部好き。

ロンドンに何年暮らしても母国語は日本語だから、趣味で読む本は日本語が多い。でもイギリスの本屋も大好きだ。イギリスの装丁デザインも美しい。日本とはセンスや質感がまったくちがう。子どものころ読んだ本の原書を見つけるのもまた楽し。

と、紙の本が大好きなのに、実は英語の本は最近もっぱら電子書籍で読んでいる。なぜなら電子だと辞書機能がアプリに内蔵されているので、分からない単語に指を触れるだけであっというまに意味を教えてくれるからだ。昔のように辞書をひきひき頑張って読む必要がない。大変便利。

本屋に行って紙の本を手により、質感を確かめ、パラパラ眺める。気に入ったものは電子で再度数ページ「無料お試し読み」し、その後電子版を購入、というのが最近の英語書籍購入のパターン。矛盾してる買い方なのは重々承知。

電子書籍が現れて、英語の本に対するハードルがかなり低くなってありがたいのだけど、紙の本も大好きだからなくなってほしくない。本屋に入り浸るのが好きなだけに、その辺が悩ましい。

 

 height=

 

(絵は「Days of Reading」 (Penguin Great Ideas) の装丁をもとに、アレンジしたものです)

===

「前のめりでスキップ」はInstagramでも更新しています。良かったらチラ見してください。
https://www.instagram.com/hanako_london/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピーター・ドイグ

【写真交換日記221】from Tokyo「心地よいところをついてくる絵」

更新遅くなってすみません。36度を超える祝日、マスクも汗だくにな猛暑日の中、ものすごく久しぶりに美術館に行って来ました。その美術館は東京国…

【ポッドキャスト69】新型コロナウィルス、イギリスの現況報告⑤(2020年8月7日録音)

今回は新型コロナウィルスについてのイギリスの現状の第5弾をお伝えします。イギリスでは7月初旬に大きく緩和されました。具体的にはルールを厳守した上での「店内飲食の緩和」です。

【失敗しない糖質制限スイーツ】混ぜて焼くだけ。ガトーショコラ

ここ数年糖質制限しているマトカの2人。劇的には痩せないけれど、そこそこ効果はある模様。コーヒー&紅茶にぴったりな、糖質制限レシピをご紹介し…

【調べてみました】ガトーショコラとチョコレートブラウニーの違いとは?

最近、お菓子づくりにはまっております。小麦粉を使わない糖質制限スイーツを中心に作っているですが、中でもガトーショコラは定番です。

podcast68

【ポッドキャスト68】チャーミングおじさんのすゝめ

最近、動画配信でドラマ「シャーロックホームズの冒険」、「名探偵ポワロ」を立て続けに視聴しているおかげで(?)私のなかで「おじさんブーム」が巻き起こっていて、「おじさんの魅力」についてぼんやり考えたりなどしていました。

ページ上部へ戻る