© matka All rights reserved.

20181/11

【写真交換日記165】from London「明けない年はない」by hanako

七草も過ぎ、明日11日は鏡開きですね。

1月2日から通常営業のイギリスなので、本来ならばもうお正月モードはなくなっているはずなのだけど、今年は昨日(1月8日(月))が仕事はじめだった人も多いよう。なのでまだ何となくスローペースのイギリスから、改めましてあけましておめでとうございます。

去年も一昨年もその前の年も、思えばロンドンで出会った10年以上前からお世話になり続けているけれど、今年はたぶん今まで以上にお世話になり、一緒に頑張る年にしたいです。今年もどうぞよろしくね。

===

1年1年、あっという間に過ぎる様になってどのぐらいたつのかな?
子どものころ、たった1カ月の夏休みが永遠のように感じられたのにねえ。

でもあっという間に1年経つのに、真逆の思いがよぎるときもあります。「この仕事、終わらないんじゃないの?」とか「この状況に出口はないんじゃないのかな」、大げさに言えば「明日は来ないんじゃないの?」という、簡単に日々が、状況が進まない「行き詰った事態」になることが多いのも大人ならではなのでしょう。

個人的な問題はもちろんだけど、政治や社会情勢も含め、自分の考えとは真逆に物事が動いていく。
それを自分だけでは解決できず、ただ見るしかない苦しさや無力感。

でも毎年思うのだけど、それでも年は明けるんですよね。
新しい年が必ずやってくる。

ラジオ体操の歌みたいに「希望の朝」や「喜びに胸を広げ」て大空をあおげない日もあるのだけど、それでも新しい年、新しい日は必ずやってきて、何らか少しは動いていく。

年の初めに、いつもそんなことをぼんやり考えます。

私は冬好き、灰色の空が好き、1年中寒い気候でいいのだけれど(笑)、それでも青空を見ると「それもいいな」と思います。
年が明けて以来、曇り空の日が多いけど、この写真は数日前、今年になってもっとも晴れた日の写真です。
すごく寒い日で、窓についた水蒸気が影になって映っています。

小さな家の窓から見える「大空」ってほどでもないけど、鮮やかな青空を眺めつつ「さて、今年も頑張るか」とふつふつ思う年始です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20209/30

今日の云々:カルチャー日記 in London】9月28日(月)〜更新中。BBCドラマ『Us』視聴開始。ポイ捨てされて男泣きするおじさんのお話。

もうすぐ私のジムへ行く「唯一のモチベーション」である『竜の道』を視聴し終わってしまうのです。これが見終わると、わたし、もう永遠にジムに行かないかもしれない…ぐらいの勢いで困っているので、次なる「中毒性のある系のドラマ」を探しております。

america

20209/29

【今日の云々:カルチャー日記 in 東京】9月21日(月)〜9月27日(日)

21日に、公開を待ちに待ってた映画「TENET テネット」を観たのですが、面白すぎて&1度で頭の整理ができない為、もう一度IMAXで鑑賞し…

20209/27

【写真交換日記226】from London 「黒にんじん・黄色にんじん」

更新おそくなってごめんなさい。「画家が見たこども展」は、私も行きたい!!と思った展覧会です。行けたのね、いいな~! …

【podcast76】「絶望名人」カフカさんに学ぶ人生論

世の中はポジティブな名言に溢れていますが、今はコロナのこともあり、ポジティブな言葉に何も救われなかったり、かえって暗い気持ちで受け止める人も少なくないかもしれません。そんな時に、とてもオススメの本『絶望名人カフカの人生論』。

podcast75

【podcast75】長谷川町子さんの作品について語る

今回は、フローレンスが子供のときから愛してやまない長谷川町子さんの作品について語りました。

ページ上部へ戻る