© matka All rights reserved.

【podcast58】「超美人料理研究家ナイジェラ・ローソン様への愛を語る」

こんにちは。フローレンス22世です。

地球の反対側に暮らす ロンドン在住の「フローレンス22世」と東京在住「豊里耳(とよさと みみ)」。 2人がぐるっと電話でつながりアレコレ話す「環・地球おしゃべり」、それがマトカのpodcastです。

今回は、フローレンスが現在どっぱまっている、イギリスの美人料理研究家ナイジェラ・ローソン様について熱く語りました。

ナイジェラ様は超ド級の美貌をお持ちの、セレブ度MAXの料理研究家です。

この投稿をInstagramで見る

Nigella Lawson Fan Page(@nigellalawsonfanpage)がシェアした投稿

↑こちらは割と初期のセクシー時代と思われる写真ですが、最近はややイメチェンし、ナチュラル路線↓になっています。

この投稿をInstagramで見る

Nigella Lawson Fan Page(@nigellalawsonfanpage)がシェアした投稿

↑こちらは本の表紙なので、リタッチかなりしてる写真ですが…。以前にはなかった白シャツ姿。

ナイジェラ様の番組は、Youtubeでたくさん視聴できます。

↑「ストレスなくパーティーをする」をテーマにしたナイジェラ様の番組。

このゴージャス・ナイジェラ様にわたくしが夢中な理由は

エレガントなご容姿と雑なお料理の落差

これにつきるのです。

美しいナイジェラ様が、わりとバサバサのスポーツみたいな調理法でつくっていくのですが、レシピは簡単、そして

とってもおいしそう!

なのです。

日本でもナイジェラ様の番組は放送されましたが、ジェイミー・オリバーやレイチェル・クーほどブレイクしなかった様子。その辺の理由は分からないのですが、家籠りの現在、

観ても楽しい
作って簡単
そして美味しい!

のナイジェラ様ひとり応援団として、ナイジェラ♡愛を語りました。

ナイジェラ様のレシピで作った2品は、コチラのサイトで紹介しています。「簡単スペアリブ」と「ロンドン風チーズケーキ」です。

<おまけ>
ナイジェラ様、ダイエットにはご苦労なさっている様子も親近感が沸きます。

↓横向きはちょっとつらい

この投稿をInstagramで見る

Nigella Lawson Fan Page(@nigellalawsonfanpage)がシェアした投稿

↓ほっそり

この投稿をInstagramで見る

Nigella Lawson Fan Page(@nigellalawsonfanpage)がシェアした投稿

↓ダイナマイト

この投稿をInstagramで見る

Nigella Lawson Fan Page(@nigellalawsonfanpage)がシェアした投稿

↓ほっそり

この投稿をInstagramで見る

Nigella Lawson Fan Page(@nigellalawsonfanpage)がシェアした投稿

暑苦しいですが、聞いていただけると嬉しいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

podcast254

【podcast254】(かなり)遅ればせながら自動車学校行ってみて、思ったこと

今まで考えてもみなかったことですが、中年になって、遅ればせながら自動車学校に通っています。若い時に行っていたら、決して思わなかったであろうことに思いを巡らせる日々です。録音日、仮免許取得したテンションでフローレンスさんとあれこれ話してみました。

【podcast253】映画『関心領域』:人は「関心領域」と「比較」の中で生きている。

映画『関心領域』をやっと見ました。様々な映画賞を受賞した話題作なので知っている人も多いでしょう。

【podcast252】映画『マッドマックス:フュリオサ』至高の世界観と細やかな演出をとにかく楽しむ!

2015年公開の映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』の大ファンである私は、その前日譚である『マッドマックス:フュリオサ』を公開の週に胸のエンジンを鳴り響かせて観てきました。期待を裏切らない映画の魅力をあれこれ話してみました。

【podcast251】来年1月イギリスのビザ(永住権)がデジタル化するのです。

来年1月1日から、イギリスでは「eVisa」というデジタルのビサ証明が導入されます。わたくしフローレンスはイギリス永住権を持っていますが、現在持っている永住権カード(BRPカード)からデジタルに切り替わるのです。

podcast250

【podcast250】配偶者の呼び方問題、変わらない現状の理由とこれから

最近どう呼ぶのが良いのかについてメディアでも取り上げられることも多い、配偶者の呼び方問題。今週私に起こった出来事をきっかけに、改めて色々考えさせられました。ベストな新しい呼び方はないか?どうしたら新しい呼び方が定着するのか?フローレンスさんとあれこれ考えてみました。

ページ上部へ戻る