© matka All rights reserved.

20207/17

【今日の云々】少しの間ネットを見ずに音楽を聴いてみようかな③紅茶BGM

ほぼ1日中、仕事をしている。(←なんとかしたい)

音楽は仕事中は聴けない。 (←たぶんどうにもならない)

となると音楽を聴く時間がとてつもなく少ない。(←これはなんとかなるかもしれない)

以前は通勤していたのでその時間に音楽を聴いていた。スマホではなかったときは「ipodもどき」を持っていたが、持ち忘れて家を出ると何とも手持無沙汰で辛かったなあ。

今は主に、掃除中とか台所仕事中とかに聞いている。でもその時間はラジオを聴く時間でもあるので、なかなか何曲も聞けなかったりする。通勤していたころのことを懐かしいとは思わないが、でも通勤時間は貴重だったと今になって思う。

===

ときどき仕事のブレイク中、パソコン画面を閉じて音楽を掛ける。コーヒーか紅茶1杯分、ただただ音楽を聴く。これをやるときはかな~りお疲れモードの日だ。

以前「コーヒーBGM」について」書いたけれど、通常聞いているジャンル(いわゆるロック系です)はコーヒーよりもお酒が似合うこともあり、「案外音楽ってコーヒーと合わないんだなあ」と思ったりした。

↑「コーヒーBGM by Hanako」

今回は私が相当お疲れモードのときに聞いている「紅茶BGM」を書いてみるが、コーヒーBGMと比較し、紅茶BGMは割にパパっと何曲も思いついた。

クラシックとの親和性が紅茶の方が高いからかもしれない…と言いつつ、3曲の内クラシックは1曲だけだけど。

===

① オペラ『ジャンニ・スキッキ』から『わたしのお父さん』(プッチーニ)

プッチーニが完成した最後のオペラ『ジャンニ・スキッキ』の1曲。「このオペラは知らないけど、この曲だけは知っている」と言う人が多いと思う。私もそのひとり。

私がこの曲を知ったのは、いわゆる「イギリス・コスチュームドラマ&映画」の火付け役となった、ジェームス・アイボリー監督『眺めのいい部屋』で使われていたからだ。

刷り込みとはすごいもので、この曲聞いただけで美しすぎるフィレンツェの街並みと、イギリスで紅茶啜っている超かわいこちゃん時代のヘレナ・ボナム=カーターが目に浮かぶ。

歌の内容は、「好きな人と結婚させて~! でないと、川に身を投げます」と娘がお父さんに(やや脅迫もこめて)必死に訴える恋歌なのだが、ソプラノの音域がうお~っと音が上下するメロディにはスケール感がある。聞くだけで、小粒な家に住んでいる私でも、おっきな窓を開け放って絶景見ながら優雅に『お紅茶』飲んでる気持になれる、有難い曲なのである。

この手のアリアを毎日聞きたいとは思わないけど、本気で疲れちゃったときに聞くと癒されて元気になれる。そしてこの時ばかりはいつものマグカップじゃなくて、ちょっと上品なカップ&ソーサーがいい。丁寧に淹れた“お紅茶”を、ゆっくり味わいながら聴きたい1曲。

② 『Stay (I miss you)』(リサ・ローブ)

これは特に夏の歌ではないけれど、私にとっては永遠の「アイスティー曲」。“一服の清涼剤”っていう言葉がぴったりだなあと、聞くたびに思う。透き通ったリサ・ローブの声に何とも癒され、氷が解ける「カラッ」っていう音まで聞こえてきそうな、そんな曲だ。

リサ・ローブはロンドンに来るずっと前によく聴いていた。1994年の映画『リアリティ・バイツ』に使われてブレイクした曲だが、可愛いメガネちゃんのルックスも、オリーブ少女を引きづっていた(今も引きづっている)私にはドキュンときた。素直すぎるメロディはたまに「可愛らしすぎる」とも思ったけれど、「リサちゃんだったらそれもアリだわ~」と思うぐらいのごひいきだった。

そんなリサちゃん、ロックダウン中に自宅ライブを結構マメにやっていた。この名曲も歌ってくれたが、全然変わらず「リサちゃん」だった。すごい、ちゃんとキープしてる!(現在52歳)。25年以上たっているのに、佇まいが全然変わらない。

↑今年3月に公開した動画。保ってるよ、リサちゃん…。

ロンドンの夏は短いが、美味しいアイスティーを淹れた日にこの曲を聴くと、夏の爽やかさをさらに満喫できる気がする。

③『Only You』(yazoo)

80年代が何かとブームな現在。80年年代は「レトロでいいよね」というよりも、私にとっては割とちゃんと生きていた時代なので、愛憎アリアリの、ひとことでは言い難い時代である。

なので80年代の曲は、割と取捨選択して聴いている。聴くとドロッとした気持ちになる曲も多いからだ。

この曲の発表は1982年で、その頃のチカチカした音をバッチリ詰め込んだような音が特徴。なぜか不思議と愛憎の「愛」の方だけがよみがえり、「憎」の方は脳裏をかすめない。あたたかい紅茶をマグにたっぷり淹れて、ぼやっと聞くと「Only You」というベタな歌詞も心に響き、1曲終わるころに少し気分が違っている。私にとっては「時間旅行」ができる曲なのだ。

…と私はこの曲に対して割と高評価なのだが、ある日横耳で聞いていた夫のヒトから「チープな音」と一言でキョーレツにディスられ、笑ってしまった。

ちなみに、夫のヒトは、私の100倍音楽、特にUKロックを愛している人です。

yazooはこの曲がヒットした翌年に1度解散したが、2008年に再結成。最近の活動はほぼ聞かないが、1982~83年にヒット曲が数曲あるし、今80’sブームだからその印税でたぶん食べていけてるはず。

紅茶を飲みつつそんなことを考えるのも切なくっていいのである。

===

世の中は巡り、流行りも廃れたりリバイバルしたりといろいろ。でも美味しい紅茶はそのままだ。

今日はロンドンにしてはまあまあ暑かった。夕方になっても22度。書きながら、キンキンに冷えたアイスティーを飲んでいる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

202010/26

文字と本は自由の扉を拓くもの:映画『博士と狂人』を見て(ネタバレほぼなし)

日本で公開がはじまり、『荻上チキ セッション』でも特集されていた映画『博士と狂人』。イギリスでは昨年公開されたが、そ~んなに大きな話題にはならかった…という印象だ。

podcast80

【podcast80】筒美京平さんを追悼しつつ、昭和の歌についてワイワイ話す

先日、筒美京平さんがお亡くなりになりました。長い期間活躍された筒美京平さんですが、主に80年代の歌謡曲は2人にとってドンズバで、口ずさむことができる曲ばかりです。そこで、曲がかけられない私たちのpodcastでは筒美京平さん作曲の歌詞について、主に80年代のことなど、時に脱線しながらワイワイ話して見ました。

202010/24

大人だって救われたいのだ。ETV特集「敏感くんたちの夏」を見て思う事

ETV特集はほとんどの作品を見ている。特に戦争だったり人権だったりの作品はすぐに見ているが、この『敏感くんたちの夏』はちょっとほっておいた作品だった。

森

202010/19

【今日の云々:カルチャー日記 in 東京】10月12日(月)〜10月18日(日)

すっかり寒くなりました。寒さが苦手なので、カルチャーもほっこりするものを求めがちな今日この頃。あと、登場人物が走るシーンが多かったり、運動量が多いドラマやアニメもキモチ暖かくなる気がします。自分は1ミリも動いてないのですが…。

podcast79

【podcast79】「最近『オーラルケア』の話が楽しすぎる」について

妙齢おねいさんとして楽しく生きていきたいと思っているわたくし、フローレンスですが、最近同年代の友人が集まると、必ず「歯と歯周り」についての話題で盛り上がりまくります。

ページ上部へ戻る