© matka All rights reserved.

20182/12

【写真交換日記167】from London「スコッチエッグ」by hanako

ヨウコさんのかき揚げ、おいしそう~!(お皿もステキ!)

この冬、日本では野菜の値段が高騰している件、聞いてます。私も野菜モリモリ派なので野菜の値段が高いとツラい。

ありがたいことにこちらは冬でもあまり野菜の高騰を感じません。微妙に高くはなっているんでしょうが気にならない程度です。スーパーによってこの辺の事情は変わるのだと思うのですが、ウチから1番近いドイツ系スーパー(なんでこんなに安いのか?と心配になるぐらい安い)は値段が上がっても数十円レベル。イギリスではスーパーにヒエラルキーがはっきりあるので、お高級系の「Waitrose」とか「M&S」に行けば、もっとその辺の値段の上下を感じるのかもしれません。

===

ここ3年ほど家での食事を「何となくローカーボ」にしています。ローカーボ食への賛否はいろいろだと思うけど、私は父が糖尿病なので「一緒に頑張る」を理由で始めました。私の体には合っているようなので、あまり苦労なく続けています。

ローカーボを始めて油の摂取については気にならなくなったため、ウチも「揚げ物バンザイ」って感じです。小麦粉を薄めにするか、小麦粉の代わりの大豆粉で鳥の唐揚げやかき揚げを作っています。

大好きだから1度作ってみようと思いつつ、なかなか実現できないでいる揚げ物料理があります。それは「スコッチエッグ」。イギリスでよく見かける、ひき肉で卵を包み、パン粉をつけて揚げたものです。スーパーで出来合いのものも売ってますが、パブでもよく見かけます。

難易度は高くない料理ではあるけれど、家で作るにはひと手間。なのにパブで食べると割とリーズナブルな値段で食べられるので「小腹が空いたとき」によくオーダーする1品です。シンプルだけど、パブによって味の振れ幅が極端に違う料理の1つだと感じています。

美味しいお店では肉がジューシー、衣もカリッ! マズいお店だと、たぶん肉に繋ぎを入れまくり、揚げたてではないので衣も香ばしさがありません。

…とそれなりにウンチクがあるんですが、家で作ったことは1度もナシ。美味しいスコッチエッグを出すパブを何軒も知っているので「あそこにいけば食べられる」とつい思ってしまうから。

写真はロンドン中心部からやや北、イズリントン地区にあるパブのもの。揚げたてをさっとだしてくれるのが嬉しいお店。

作れるのに外で食べるとお高い! そんな料理だったら「家で作ってみよう」ともっと思うのだろうけど、300円ぐらいで美味しく食べられてしますので、ついつい外で食べてしまう。

今週来週は怒涛の締め切り週間。厳しい日々が続きます。しばらくは簡単料理しか作らない予定。

苦しい日々が終わったら、今度こそ作ってみようかな?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20211/23

【前のめりでスキップ(ロックダウン・ロンドン日報)】2021年1月22日(金):「断らなくてもいいのに②」

今日も廊下から声がする。別に断らなくてもいいのに…。

20211/20

【写真交換日記232】from London「年末年始ふりかえり」

この間クリスマスがやってきて、つい先日大晦日になり、そして一昨日ぐらいにお正月だったはずなのですが、恐ろしいことにもう1月も後半。このまま…

【podcast91】イギリス発・最近視聴したおススメ2本(ドキュメンタリー&ドラマ)『The Mole: Infiltrating North Korea(モグラ:北朝鮮への潜入取材)』『ザ・サーペント(毒蛇)』

こんにちは。ロンドン在住のフローレンス22世です。 地球の反対側に暮らす ロンドン在住の「フローレンス22世」と東京在住「豊里耳(と…

20211/18

【今日の云々:カルチャー日記 in London】2021年1月18日~:走りながらラジオ、Nスぺ『ヨーロッパ・ピクニック計画』、イギリスの障がい者の『隠された物語』

現在訳あってドイツについて調べており、この番組のことをふと思い出しました。大昔見た番組。すごーい内容なことは分かったのだけど、ちょっと理解できないところもあってもう1度見直したいと思いつつ時間がたってしまいました。

20211/16

【今日の云々:カルチャー日記 in London】2021年1月11~14日:罪悪感なし人生ってどんなだろ?BBCドラマ『The Serpent(毒蛇)』、TBSラジオ『セッション』(成人の日・新聞社説読み比べ)にブヒブヒ笑う

シリアルキラー、シャルル・ソブラジについてこのドラマを見るまで全く知らなかったのですが、オサレな作りが目に楽しく、ソブラジの手軽に殺人していく奇妙さに眉を顰めつつで最後まで興味深く見切りました。

ページ上部へ戻る