© matka All rights reserved.

20182/12

【写真交換日記167】from London「スコッチエッグ」by hanako

ヨウコさんのかき揚げ、おいしそう~!(お皿もステキ!)

この冬、日本では野菜の値段が高騰している件、聞いてます。私も野菜モリモリ派なので野菜の値段が高いとツラい。

ありがたいことにこちらは冬でもあまり野菜の高騰を感じません。微妙に高くはなっているんでしょうが気にならない程度です。スーパーによってこの辺の事情は変わるのだと思うのですが、ウチから1番近いドイツ系スーパー(なんでこんなに安いのか?と心配になるぐらい安い)は値段が上がっても数十円レベル。イギリスではスーパーにヒエラルキーがはっきりあるので、お高級系の「Waitrose」とか「M&S」に行けば、もっとその辺の値段の上下を感じるのかもしれません。

===

ここ3年ほど家での食事を「何となくローカーボ」にしています。ローカーボ食への賛否はいろいろだと思うけど、私は父が糖尿病なので「一緒に頑張る」を理由で始めました。私の体には合っているようなので、あまり苦労なく続けています。

ローカーボを始めて油の摂取については気にならなくなったため、ウチも「揚げ物バンザイ」って感じです。小麦粉を薄めにするか、小麦粉の代わりの大豆粉で鳥の唐揚げやかき揚げを作っています。

大好きだから1度作ってみようと思いつつ、なかなか実現できないでいる揚げ物料理があります。それは「スコッチエッグ」。イギリスでよく見かける、ひき肉で卵を包み、パン粉をつけて揚げたものです。スーパーで出来合いのものも売ってますが、パブでもよく見かけます。

難易度は高くない料理ではあるけれど、家で作るにはひと手間。なのにパブで食べると割とリーズナブルな値段で食べられるので「小腹が空いたとき」によくオーダーする1品です。シンプルだけど、パブによって味の振れ幅が極端に違う料理の1つだと感じています。

美味しいお店では肉がジューシー、衣もカリッ! マズいお店だと、たぶん肉に繋ぎを入れまくり、揚げたてではないので衣も香ばしさがありません。

…とそれなりにウンチクがあるんですが、家で作ったことは1度もナシ。美味しいスコッチエッグを出すパブを何軒も知っているので「あそこにいけば食べられる」とつい思ってしまうから。

写真はロンドン中心部からやや北、イズリントン地区にあるパブのもの。揚げたてをさっとだしてくれるのが嬉しいお店。

作れるのに外で食べるとお高い! そんな料理だったら「家で作ってみよう」ともっと思うのだろうけど、300円ぐらいで美味しく食べられてしますので、ついつい外で食べてしまう。

今週来週は怒涛の締め切り週間。厳しい日々が続きます。しばらくは簡単料理しか作らない予定。

苦しい日々が終わったら、今度こそ作ってみようかな?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

森

202010/19

【今日の云々:カルチャー日記 in 東京】10月12日(月)〜10月18日(日)

すっかり寒くなりました。寒さが苦手なので、カルチャーもほっこりするものを求めがちな今日この頃。あと、登場人物が走るシーンが多かったり、運動量が多いドラマやアニメもキモチ暖かくなる気がします。自分は1ミリも動いてないのですが…。

podcast79

【podcast79】「最近『オーラルケア』の話が楽しすぎる」について

妙齢おねいさんとして楽しく生きていきたいと思っているわたくし、フローレンスですが、最近同年代の友人が集まると、必ず「歯と歯周り」についての話題で盛り上がりまくります。

202010/18

【お知らせ】「史上初、黒人女性の副大統領候補!カマラ・ハリスってどんな人?」(コスモポリタン日本版で配信)

コスモポリタン日本版で、カマラ・ハリス副大統領候補についてまとめた記事を書きました。

202010/17

【今日の云々:カルチャー日記 in London】2020年10月12日(月)~17日(土)ケイト・ウィンスレット&シアーシャ・ローナン主演『Ammonite(アンモナイト)』でロンドン映画祭が閉幕

実在した化石採集者で古生物学者のメアリー・アニング(1799~1847年)をモデルにしたメアリーと地質学者のシャーロット・マーチソン(1788~1869年)の親密な関係を描いた作品。

カボチャのスープ

202010/15

【写真交換日記227】from Tokyo 「カボチャのスープと今年のハロウィン」

野菜のロースト美味しそうですねー!彩りもよくて、華やか!日本ではあるところにはあるのでしょうが、私は黒ニンジンと黄色ニンジンを食べたことが…

ページ上部へ戻る