© matka All rights reserved.

20208/20

【写真交換日記222】from London「たぶん、もうすぐ夏が終わる」

ピーター・ドレイクの絵、素敵ですね。この画家のこと全然詳しくないです(おはずかしい)。でも絵には既視感がありました。経歴を見て「テイト・モダンに行くと、よく絵葉書売り場で見る絵かな?」とも思ったけれど、どうだろう。実物の絵は見たことないかもしれません。

【写真交換日記221】from Tokyo
「心地よいところをついてくる絵」

見ていると心が静かになるところがすごくいいな…。実物見たいです。

===

さてこちらも、ずっと暑かったです。先週はずっと35度ぐらいずっとありました。一般住宅にクーラーがないので、暑いと逃げ場がありません。家の中は蒸し風呂です。

氷たっぷりでアイスティーを作っても、見ているそばからどんどん溶けて、あっという間に生ぬるい飲み物になってしまいます。そんなレベルの室内温度。

あまりに暑すぎる日に、パソコンもって近所のカフェに逃げました。でも皆同じことを考えるので、カフェのネットの調子も悪くなり、結局仕事がはかどらず。「こんなんだったら、蒸し風呂の方がマシ」となって、ちょっとだけ涼んだ後、また蒸し風呂に戻ってきてしまいました。

その暑さも、ようやく終わったようです。現在は22度前後をウロウロしています。

先日、イングランド南部の海辺の町(イーストボーンとセブンシスターズ)に行く機会がありました。

↑こちらはイーストボーンの浜辺です。

この日は35度。あまりに暑く、そしてあまりに明るい日でした。写真を撮るとかえって暗くなってしまうのは、私のカメラ技術悪いせいなのか? 何だか分からないけど、カメラが明るさを勝手に調節し、全部写真が暗いのです。

↑ セブンシスターズの浜辺で。白亜の崖が美しい…。

この写真↑はそれでもまあまあ明るめですが、肉眼ではこんなもんではないのです。デジカメの画面が見えないぐらい、世の中全体が反射しているような明るさの日でした。

イーストボーンもセブンシスターズも小さな浜辺。人もたくさんいないので、みなさまビーチでもソーシャルディスタンスは完璧です。水も生ぬるく、泳ぐのには最適の日でした。

あの日暑かったな…って今思い返すけど、でもそのことが体感できないぐらい、今日も涼しい。

なぜか夜はまあまあ蒸し暑いのですが、昼間は涼しくて爽やかなロンドンの夏に戻りました。

あと1回、カーっと暑い日があるのかどうか。このまま秋に突入してしまうのか?

まだ先週のことだから、まだ今年の猛暑の記憶が鮮明です。でも去年の夏ほどの暑さではありませんでした。昨年は記録的な酷暑。私が経験したロンドンの夏で、最も暑い夏だったので。

今日も氷入りのアイスコーヒーを飲みながらこの記事を書いていますが、あと何日アイスコーヒー&アイスティーを飲む日があるのかな? 

氷をカラカラさせながら、ぼんやりと夏の終わりを感じています。

何だかカルピス飲みたくなりました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Photo by Clay Banks on Unsplash

20209/21

【今日の云々:カルチャー日記 in 東京】9月14日(月)〜9月20日(日)

amazonオリジナルドラマ『The Boys ザ・ボーイズ』シーズン25話視聴。前から思ってましたが、MMが知性と冷静さと優しさを兼ね備えた人で、つくづくいいひと。ヒューイとブッチャーの関係の定着がホッとする一幕も。凶暴なお兄ちゃんと温和な弟なんだね。ホームランダーの地位の揺らぎ、そして、とうとう最悪のカップル誕生しちゃったよ。

20209/20

【今日の云々:カルチャー日記 in London】9月14日(月)〜20日(日)

今週は『レイルウェイ』のレビューを書くだけで勝手に息切れ。お恥ずかしい。今週見たものをざざっとプレイバック。

20209/20

【お知らせ】「コロナ禍で「庭付き戸建て」のブーム到来、不動産マーケットが活況に!」Pen オンライン版配信

『Pen Online(雑誌『Pen』オンライン版)』さんの【コロナと闘う世界の都市から】のコーナーで、ロンドンの情報を書かせていただいています。

【絵葉書通信17】from Yoko in Tokyo

すっかり秋になったかと思いきや、今週は突然の小春日和。「汗だく」「寝苦しい夜」カムバーックだったロンドンに、まだまだ猛暑の東京のヨウコさん…

20209/17

【映画のはなし】2つの終戦記念日、そしてバス停でおじいさんに言われたこと。映画『レイルウェイ 運命の旅路』

コロナ禍になって以来映画館に1度もいっていないが、「見るのにちょっと勢いが必要な映画」の場合、以前は配信を待たずに映画館に行ってみていた。

ページ上部へ戻る