© matka All rights reserved.

america

20209/29

【今日の云々:カルチャー日記 in 東京】9月21日(月)〜9月27日(日)

21日に、公開を待ちに待ってた映画「TENET テネット」を観たのですが、面白すぎて&1度で頭の整理ができない為、もう一度IMAXで鑑賞しようと思います!そのあとで感想&レビュー書きたいと思います。

amazonオリジナルドラマ『The Boys ザ・ボーイズ』シーズン2

4.7 out of 5

6話視聴。事態が一気に動いた今回、ヒューイのいつもの困り顔がもっと困る事に。病院から娑婆に出た新たな能力保持者の能力が怖すぎる件。これからどう絡んでくるのか楽しみ。ストームフロントの正体・目的がわかって「あ〜」と思ったあと、TBSラジオアフター6ジャンクション27日の特集の町山智浩さんの解説聴いて、そっか、「ストームフロント」(実在のある団体の名前そのまま)という名前の時点でアメリカ人は薄々わかってたのね。町山さんの解説で、『The Boys』がアメリカ社会のリアルをフィクションに投影したドラマと分かって、余計にドラマが楽しめそう!ラジオは、ラジコのタイムフリーやポッドキャストで聴けるので、ぜひ!
『The Boys』サイトはこちら

アニメ『デカダンス』 

3.5 out of 5

11話視聴。意外な形で皆が結束して巨大ガドルに立ち向かう。ナツメが本体のサイボーグ等を見ても、特に動じなかったのがよかった。全てを統制する「完璧なシステム」社会など存在しないことや、「バグ」とされるシステムには必要でない者が重要な役割を果たしていく工程がこのアニメの肝なのだろうな。
公式アニメサイトはこちら

アニメ『夏目友人帳』

4.7 out of 5

6話まで視聴。現実の夏は終わってしまったけれど、夏の良い雰囲気を表現しているこのアニメで夏の余韻をたのしむ。1話完結で、押し付けがましくなく毎回最後にホロリとさせられる。妖怪を通じて、人間にもいいところがあることをほんのり感じさせてくれるストーリーが、柔い。

アニメ『天晴爛漫!』

3.0 out of 5

11話まで視聴。アクションメインの回。「どちらかを殺せば逃げていい」は100%嘘なのよ。小雨はどうしても、「一休さん」の新右衛門のイメージなのだけど、私だけかな?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

202010/26

言葉は自由の扉を拓くもの:映画『博士と狂人』を見て(ネタバレほぼなし)

日本で公開がはじまり、『荻上チキ セッション』でも特集されていた映画『博士と狂人』。イギリスでは昨年公開されたが、そ~んなに大きな話題にはならかった…という印象だ。

podcast80

【podcast80】筒美京平さんを追悼しつつ、昭和の歌についてワイワイ話す

先日、筒美京平さんがお亡くなりになりました。長い期間活躍された筒美京平さんですが、主に80年代の歌謡曲は2人にとってドンズバで、口ずさむことができる曲ばかりです。そこで、曲がかけられない私たちのpodcastでは筒美京平さん作曲の歌詞について、主に80年代のことなど、時に脱線しながらワイワイ話して見ました。

202010/24

大人だって救われたいのだ。ETV特集「敏感くんたちの夏」を見て思う事

ETV特集はほとんどの作品を見ている。特に戦争だったり人権だったりの作品はすぐに見ているが、この『敏感くんたちの夏』はちょっとほっておいた作品だった。

森

202010/19

【今日の云々:カルチャー日記 in 東京】10月12日(月)〜10月18日(日)

すっかり寒くなりました。寒さが苦手なので、カルチャーもほっこりするものを求めがちな今日この頃。あと、登場人物が走るシーンが多かったり、運動量が多いドラマやアニメもキモチ暖かくなる気がします。自分は1ミリも動いてないのですが…。

podcast79

【podcast79】「最近『オーラルケア』の話が楽しすぎる」について

妙齢おねいさんとして楽しく生きていきたいと思っているわたくし、フローレンスですが、最近同年代の友人が集まると、必ず「歯と歯周り」についての話題で盛り上がりまくります。

ページ上部へ戻る