© matka All rights reserved.

20209/30

【今日の云々:カルチャー日記 in London】9月28日(月)~30日(水)。BBCドラマ『Us』視聴開始。ポイ捨てされて男泣きするおじさんのお話。

↑TOP画像:BBCサイトのキャプチャ画面より。Copyright © 2020 BBC

■9月28日(月):BBCドラマ『Us』1話

4.0 out of 5.0 stars

もうすぐ私のジムへ行く「唯一のモチベーション」である『竜の道』を視聴し終わってしまうのです。これが見終わると、わたし、もう永遠にジムに行かないかもしれない…ぐらいの勢いで困っているので、次なる「中毒性のある系のドラマ」を探しております。

日本の秋ドラマがまだ始まらないので、イギリス界隈で探し中。今日はBBCで放送&配信が始まった『Us』をお試し。

18歳?ぐらいの息子がいる、50代ぐらいの夫婦が主人公。ある晩、夫ダグラス(トム・ホランダー)は突然妻コニー(サスキア・リーブス)から「別れたい」と告白されます。特に問題なく暮らしてきただけに、ダグラスにとってはまったくの寝耳に水。仰天すると同時に大動揺。でも妻の決意は何やら固い。もうすぐ家族3人で夏の旅行に出かけるというのに…。結局「最後の家族旅行」に3人は出かけるのですが、ダグラスは旅を通じて「自分が変わった」ことを妻に見せ、何とか離婚を回避したいと思っています。さて、ダグラスは一発逆転できるのか?…というお話。

ダグラス役や映画『ボヘミアン・ラプソディー』でジム・ビーチを演じたトム・ホランダー。なんだかジムにしか見えないなあ。やや偉そうに生きてきたダグラスが、妻に別れを告げられ男泣きする姿の哀愁っぷりはなかなか良い。2話も見てみたいと思ったので、一応4星。

■9月29日(火)&30(水):日本のドラマ『竜の道』第7&8話

4.0 out of 5.0 stars

『竜の道』見たさに、2日連続ジムに行ってしまうどっぱまりっぶり。

火曜に7話を見ちゃったので、水曜はああとうとう最終話! 見終わるとジムで走れなくなるので、CM飛ばさずに見ているという丁寧っぷり!

と思ったら、あ、最終回は2時間なのね! よかったー。これで3回分走れる…ってことで、水曜は最終回の1/3だけ視聴しました。

うーん、6話が最高潮だったかな…7話でちょっと減速気味なのは、たぶんどーしても竜二くんと意地悪お嬢様にくっついてほしくないからなのですよ、たぶん。予定調和すぎるから。

最終回の2/3は、破天荒にバーンと燃え尽きてほしいのよっ! 竜一と竜二でどっかに逃げるとか!

おかげであと1回、ジムで走れます。その後、どうしよう…。早く「極道主夫」はじまってくれないかしらん。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

【podcast167】宗教2世について考える

今回は現在話題になっている「宗教2世」について耳さんと話しました。「宗教2世」はカルトだけではなく、伝統宗教にもたくさんいます。フローレンスはこの10数年クリスチャンですが、自分で洗礼を受ける決断をしたので宗教2世ではありません。でも、周りに宗教2世はたくさんいます。

podcast166

【podcast166】2022年上半期TVニュースランキングについて話してみる

人の話を聞いていて、「ん?」それってどうなの?それは違くないか?と思うことはないですか?人の話だけでなく、日常には「ん?」という違和感がたくさん存在しているように思います。その人(こと)は特に何の悪気もなければ、何ならいいことを言っているていなので流してしまいがちなことも、「違和感」は拭えなく…そんな日常の「違和感」のお話です。

【Podcast165】猛暑40度→今日は23度。地球がおかしい… in London

今回のポッドキャストを録音したのは7月22日(金)でしたが、7月18日(月)と19日(火)はロンドンな~んと40度!まで上がりました。

【Podcast164】「無知の罪」―「知らないで済ます」が社会を壊す?(偉そうでごめんなさい。でもモヤってます)

こんにちは。フローレンス22世です。 地球の反対側に暮らす ロンドン在住の「フローレンス22世」と東京在住「豊里耳(とよさと みみ)…

podcast163

【podcast163】日常の違和感をお大事に…できれば対処してみよう

人の話を聞いていて、「ん?」それってどうなの?それは違くないか?と思うことはないですか?人の話だけでなく、日常には「ん?」という違和感がたくさん存在しているように思います。その人(こと)は特に何の悪気もなければ、何ならいいことを言っているていなので流してしまいがちなことも、「違和感」は拭えなく…そんな日常の「違和感」のお話です。

ページ上部へ戻る