© matka All rights reserved.

20209/30

【今日の云々:カルチャー日記 in London】9月28日(月)~30日(水)。BBCドラマ『Us』視聴開始。ポイ捨てされて男泣きするおじさんのお話。

↑TOP画像:BBCサイトのキャプチャ画面より。Copyright © 2020 BBC

■9月28日(月):BBCドラマ『Us』1話

4.0 out of 5

もうすぐ私のジムへ行く「唯一のモチベーション」である『竜の道』を視聴し終わってしまうのです。これが見終わると、わたし、もう永遠にジムに行かないかもしれない…ぐらいの勢いで困っているので、次なる「中毒性のある系のドラマ」を探しております。

日本の秋ドラマがまだ始まらないので、イギリス界隈で探し中。今日はBBCで放送&配信が始まった『Us』をお試し。

18歳?ぐらいの息子がいる、50代ぐらいの夫婦が主人公。ある晩、夫ダグラス(トム・ホランダー)は突然妻コニー(サスキア・リーブス)から「別れたい」と告白されます。特に問題なく暮らしてきただけに、ダグラスにとってはまったくの寝耳に水。仰天すると同時に大動揺。でも妻の決意は何やら固い。もうすぐ家族3人で夏の旅行に出かけるというのに…。結局「最後の家族旅行」に3人は出かけるのですが、ダグラスは旅を通じて「自分が変わった」ことを妻に見せ、何とか離婚を回避したいと思っています。さて、ダグラスは一発逆転できるのか?…というお話。

ダグラス役や映画『ボヘミアン・ラプソディー』でジム・ビーチを演じたトム・ホランダー。なんだかジムにしか見えないなあ。やや偉そうに生きてきたダグラスが、妻に別れを告げられ男泣きする姿の哀愁っぷりはなかなか良い。2話も見てみたいと思ったので、一応4星。

■9月29日(火)&30(水):日本のドラマ『竜の道』第7&8話

4.0 out of 5

『竜の道』見たさに、2日連続ジムに行ってしまうどっぱまりっぶり。

火曜に7話を見ちゃったので、水曜はああとうとう最終話! 見終わるとジムで走れなくなるので、CM飛ばさずに見ているという丁寧っぷり!

と思ったら、あ、最終回は2時間なのね! よかったー。これで3回分走れる…ってことで、水曜は最終回の1/3だけ視聴しました。

うーん、6話が最高潮だったかな…7話でちょっと減速気味なのは、たぶんどーしても竜二くんと意地悪お嬢様にくっついてほしくないからなのですよ、たぶん。予定調和すぎるから。

最終回の2/3は、破天荒にバーンと燃え尽きてほしいのよっ! 竜一と竜二でどっかに逃げるとか!

おかげであと1回、ジムで走れます。その後、どうしよう…。早く「極道主夫」はじまってくれないかしらん。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20211/16

【今日の云々:カルチャー日記 in London】罪悪感なし人生ってどんなだろ?BBCドラマ『The Serpent(蛇)』、TBSラジオ『セッション』(成人の日・新聞社説読み比べ)にブヒブヒ笑う

シリアルキラー、シャルル・ソブラジについてこのドラマを見るまで全く知らなかったのですが、オサレな作りが目に楽しく、ソブラジの手軽に殺人していく奇妙さに眉を顰めつつで最後まで興味深く見切りました。

タイプライター

20211/14

コロナ禍だからこそのヒット要因?アニメ映画『劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン』と『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』の斜め評(ネタバレなし)

コロナ禍の年末の映画館、2作品とも公開からだいぶ経っているというのに、密を避ける1席空けではなくなった劇場の席はほぼ満席に近い状況だった。…

朝焼け

20211/13

【写真交換日記231】from Tokyo 「朝焼けと生業と」

新年になりました。今年もどうぞよろしくお願いします。ハナコさんは素敵なクリスマスツリーのある自宅で、クリスマスやお正月は豪華な料理を作って過ごしたことと思いますが、私は今年は実家に帰らず、独り、あまり平日と変わらない年末年始を過ごしました。

20211/13

【前のめりでスキップ(ロックダウン・ロンドン日報)】2021年1月12日:「『分かる言葉で』がむずかしい」

日本でひとり暮らしをするロージン(81歳になりました)母。このお方、地震と洪水を世界で1番心配しながら生きている。

podcast90

【podcast90】2021年これ流行るんじゃないか?日英談義

2021年がどんな年になるのか先行きの見えない新年ですが、そんな中でも地球をまたいで、トレンド予想をあれこれ話してみました!カルチャー、食、ファッションなど。ああ、トレンドセッターになってみたい…。

ページ上部へ戻る