© matka All rights reserved.

ティーカップ

20205/1

今だからこそ、大作にどっぷり浸かる。映画「ファニーとアレクサンデル」

数多ある映画の中には、確実に「観る人を選ぶ映画」が存在すると思う。映画が人を選んでいるような言い回しだけれど、私は違うと思う。観る人の味覚に合わないだけなのだ。観ていて、「耐えられない」といった感覚。私は割と映画に対しては「耐性」があると思っている。それは、週末映画学校に通っていた時、人にとっては「苦行」と捉えかねない実験映画をたくさん観て鍛えられたからかも…。アンディ・ウォーホルの「エンパイア」とかね…(8時間全編ではないですが…面白かったです)。

長尺の映画は内容にかかわらず、「観る人を選ぶ映画」ではあると思う。けれど、もし気になっていて観れていなかった長尺大作映画があるのなら、今が観る時。映画はほとんどが2時間ぐらいの尺だが、倍以上の長さの名作映画がゴロゴロしているのだから。それに、ドラマを12話観ることを考えれば、4,5時間の映画なんて、あっという間なはず!

という訳で、今回おすすめする映画「 ファニーとアレクサンデル 」は、5時間とっても「密」な映画。ポットに紅茶をたっぷり淹れて、お気に入りのカップでじっくり鑑賞。下記はその感想です。

=============

ファニーとアレクサンデル(Fanny och Alexander)」 1982年
イングマール・ベルイマン監督

最初のシーンから、もう、完璧に美しい。アレクサンデル少年の眼から見た世界が広がっていく。豪華なクリスマスから始まる、ある演劇一族の2年が丁寧に描かれている。イングマール・ベルイマン監督が最後の作品として(実際は最後ではない)、自身の自伝的要素を含めた超大作。オリジナルは5時間を超える。5時間と言っても、プロローグ+5部+エピローグと分れているので、区切って視聴するのもいい。長くても観る者を惹き付けて、画面に釘付けにしてしまう。その要素の一つには、映像の美しさがある。1シーンごとの構図が素晴らしく、目に焼きつくように印象的で、かつ心を揺さぶる情景。そして、役者たち。主人公アレクサンデルの「物語る」目は吸い込まれそうだし、大勢いる登場人物がそれぞれに特徴深い。さらには、緩急あるオカルトなストーリーと、人生哲学。最後のパーティシーンで、アレクサンデルの叔父が「幸せな時間もそうでない時間もあることを、我々は知っている。だからこそ、幸せな時間は楽しもうではないか。」と声高らかに演説する。監督の集大成と呼ばれるこの映画には、たくさんの要素が詰まっている。だが、観る者に物事の本質や洞察を預けるように、サウンドトラックはほぼ皆無で、音楽によって感情を揺さぶられることはない。押し付けがましくもない。余計に情動を煽るような映像が溢れる現実世界で、この映画の5時間を過ごすことは、真に貴重な体験と言える。

 第56回アカデミー賞において外国語映画賞、撮影賞、美術賞、衣装デザイン賞を受賞


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

【podcast91】イギリス発・最近視聴したおススメ2本(ドキュメンタリー&ドラマ)『The Mole: Infiltrating North Korea(モグラ:北朝鮮への潜入取材)』『ザ・サーペント(毒蛇)』

こんにちは。ロンドン在住のフローレンス22世です。 地球の反対側に暮らす ロンドン在住の「フローレンス22世」と東京在住「豊里耳(と…

20211/16

【今日の云々:カルチャー日記 in London】罪悪感なし人生ってどんなだろ?BBCドラマ『The Serpent(蛇)』、TBSラジオ『セッション』(成人の日・新聞社説読み比べ)にブヒブヒ笑う

シリアルキラー、シャルル・ソブラジについてこのドラマを見るまで全く知らなかったのですが、オサレな作りが目に楽しく、ソブラジの手軽に殺人していく奇妙さに眉を顰めつつで最後まで興味深く見切りました。

20211/15

【前のめりでスキップ(ロックダウン・ロンドン日報)】2021年1月15日(金):「断らなくてもいいのに」

夫のヒトは昨年3月から1度も出社せず在宅勤務。別の部屋で仕事をしているので、夜仕事が終わるまではあまり顔も合わせません。

タイプライター

20211/14

コロナ禍だからこそのヒット要因?アニメ映画『劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン』と『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』の斜め評(ネタバレなし)

コロナ禍の年末の映画館、2作品とも公開からだいぶ経っているというのに、密を避ける1席空けではなくなった劇場の席はほぼ満席に近い状況だった。…

朝焼け

20211/13

【写真交換日記231】from Tokyo 「朝焼けと生業と」

新年になりました。今年もどうぞよろしくお願いします。ハナコさんは素敵なクリスマスツリーのある自宅で、クリスマスやお正月は豪華な料理を作って過ごしたことと思いますが、私は今年は実家に帰らず、独り、あまり平日と変わらない年末年始を過ごしました。

ページ上部へ戻る