© matka All rights reserved.

20209/7

【今日の云々:カルチャー日記 in ロンドン】2020年9月4日(金)~6日(日) BBC『ブルーダーホフの内側』、NHK『未解決事件』

今日見た・観た・読んだ・聞いたカルチャーを、日記スタイルで書き留めます。

■2020年9月4日(金)『ブルーダーホフの内側(Inside the Bruderhof)』(BBC、2019年)

4.0 out of 5

イギリスは地上波チャンネルがすべて無料でアプリやブラウザで視聴でき、かつ後追い視聴期間も長いので(長いモノでは年単位)ありがたい。

昨夜の「就寝前動画時間」に見たのはこちら。

『ブルーダーホフの内側(Inside the Bruderhof)』(BBC、2019年)

↑&TOP画像、BBC iPlayerのキャプチャです。Copyright © 2020 BBC

ブルーダンホフとはドイツで1920年に始まったクリスチャンコミュニティー。イギリスにもあり、当ドキュメンタリーはイギリスのコミュニティを取材したもの。財産は共同所有し、衣服は同じものを支給され、共同作業によって生活している。

この手のクリスチャンコミュニティーにはアーミッシュメノナイトがあるが、それよりはやや大人しめで、外界と完全遮断していない印象がある。

後半はブルーダンホフのコミュニティーから1歩外にでてみる18歳の女の子を追っていて、この辺も興味深い。

いろいろ思う事があったのと、アーミッシュやメノナイトとどうちがうのか?も調べたいので、またこの点まとめたいなと思う。

■2020年9月5日(土)NHKスペシャル『未解決事件 file.7 警察庁長官狙撃事件』(第2夜、ドラマ編)

5.0 out of 5

最近、NHKスペシャルの『未解決事件』シリーズを見返している。私は全部見ているけれど、夫のヒトが結構未視聴なので、話の都合上見てもらう必要があるというのも再視聴の理由。

本日はコチラ。ドラマ部分を視聴。(後から、ドラマが第2夜だと知ったけど、時遅し(笑))

何度見ても、イッセー尾形さんの怪演が光りまくる。

この未解決事件シリーズのファンで全部見ているが、複数シリーズに出演している俳優さんがいるなあと。

例のひとり、眞島秀和さん。

『グリコ森永事件』と『ロッキード事件』にご出演。

他にもダブって出演俳優さん、いる気がする…と、別に内容とは関係なトリビアを発見してみたり。

明日の晩、ドキュメンタリー部分を再視聴予定。

■2020年9月6日(日)NHKスペシャル『未解決事件 file.7 警察庁長官狙撃事件』(第1夜、ドキュメンタリー編)

4.0 out of 5

先にドラマ編を見たのが良かったのか悪かったのか分からないけれど、第1夜のドキュメンタリー編を再視聴。

犯人を誰も捕まえていないのに、わざわざ記者会見までしてオウムを犯人にしたてたかった警察(公安)にうんざりするのは誰しも同じだろう。

犯人って作れるものなんですねえ。日本でもそうだし、多分他の国でも。正義とか、真実ってどこにあるのかなあ。

見ごたえあったけど、ドラマ版のイッセー尾形さんの怪演の方がインパクト強し。イッセー尾形、最強♡。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

america

20209/29

【今日の云々:カルチャー日記 in 東京】9月21日(月)〜9月27日(日)

21日に、公開を待ちに待ってた映画「TENET テネット」を観たのですが、面白すぎて&1度で頭の整理ができない為、もう一度IMAXで鑑賞し…

20209/27

【写真交換日記226】from London 「黒にんじん・黄色にんじん」

更新おそくなってごめんなさい。「画家が見たこども展」は、私も行きたい!!と思った展覧会です。行けたのね、いいな~! …

【podcast76】「絶望名人」カフカさんに学ぶ人生論

世の中はポジティブな名言に溢れていますが、今はコロナのこともあり、ポジティブな言葉に何も救われなかったり、かえって暗い気持ちで受け止める人も少なくないかもしれません。そんな時に、とてもオススメの本『絶望名人カフカの人生論』。

podcast75

【podcast75】長谷川町子さんの作品について語る

今回は、フローレンスが子供のときから愛してやまない長谷川町子さんの作品について語りました。

20209/21

【今日の云々:カルチャー日記 in London】9月21日(月)〜25日(金)Youtube番組『ヒルカラナンデス(仮)』を視聴しつつ一緒に憤る

今週はバタバタ忙しいのに、本日もかなり無理してジムに行った理由はただ1つ、『竜の道』5話が見たいから! これ見ると、走るの大っ嫌いなわたくしがいつもより長めに走れてしまうのだから、凄いのです。

ページ上部へ戻る