© matka All rights reserved.

アカデミー賞

20214/26

第93回アカデミー賞発表!結果に思うこと云々

本日第93回アカデミー賞発表されました!結果はこちら

やはりというか、作品賞の『ノマドランド』、監督賞のクロエ・ジャオ(『ノマドランド』)は堅かったですね。クロエ・ジャオさん、快挙です。しかし人種や女性云々がいちいち報道されないくらいに、普通のことになって欲しいです。

主演女優賞も『ノマドランド』のフランシス・マクドーマンドが受賞するとは。3度目の主演女優賞はすごいことです。エグゼクティブプロデューサーと主演を兼ねていたキャリー・マリガン(『プロミシング・ヤング・ウーマン』)かなと思っていましたが、予想が外れました。助演女優賞は映画を見ていないのですが、キャリア的にユン・ヨジョンさんかなとも思っていました。『ミナリ』は上映から時間が経って、現在上映館が少ない(しかも緊急事態宣言)ですができれば劇場で観たいところです。

主演男優賞をチャドウィック・ボーズマンさんが獲れなかったのは残念!でもそれだけアンソニー・ホプキンスの演技がすごかったのでしょうね。認知症の視点から描かれた映画なので、アンソニー・ホプキンスの演技力が9割の映画と推測します。『ファーザー』公開(5月14日)が楽しみです。助演男優賞(ダニエル・カルーヤ)と主題歌賞の2部門を受賞した『Judas and the Black Messiah』は日本公開が決まっていませんが、この受賞を受けて、公開が決まるのでは。そういえば国際映画賞受賞の『アナザーラウンド』も日本公開がまだ決まってないですね。

撮影賞、美術賞を『Mank/マンク』が受賞したのは納得!モノクロ世界の表現の豊さとハリウッド黄金期の世界(一体美術製作費いくらなんだろう??)が思わず引き込まれます。本当はすごくスクリーンに映える映画なのに、Netflix制作というところがなんとも言えませんが、豪華な映画を気軽に観ることができるのはいいところ。これから観る方は映画『市民ケーン』を鑑賞してから観た方が、楽しめると思います!

音響賞、撮影賞受賞の『サウンド・オブ・メタル ~聞こえるということ~』も、観た人は当然の受賞と思うことでしょう。「聞こえる」「聞こえない」の行き来や後半の「とある音声」はものすごくリアルで、「聞こえるということ(聞こえないということ)はこうゆうことか!!」と心に響きます。「聞こえない」ことを「個性」と捉えて生きる人々の様子もリアルで、今までになかった映画表現だと思いました。amazon primeに入っている方は是非是非観てみてください。その際はより体感するためにヘッドフォンで視聴することをおすすめします。個人的に映画鑑賞史上に最高に「切ない」シーンに心が抉られました…。うう…。

長編ドキュメンタリー映画賞受賞の『オクトパスの神秘:海の賢者は語る』はタイトルからは想像できない、斜め上の面白さが魅力です。ナショナルジオグラフィック的な内容を想像していると、いい意味で裏切られます。そうゆう要素ももちろんあるのですが….、なんと言ってもこれは「タコカノ(ジョ)」との愛の物語です。Netflixで配信しています。

あと、昨年大いに(私を)楽しませてくれた映画『TENET テネット』が視覚効果賞だけでも受賞できてよかったです。

アカデミー賞は今年もコロナ禍で劇場公開作品も少なく、通常のようにはいかなかったと思いますが、やっぱり映画好きには一つのお祭りとして楽しいです。主演男優賞、主演女優賞受賞を逃した『マ・レイニーのブラックボトム』はチャドウィック・ボーズマンと共にとても考えさせられる素晴らしい作品なので、改めて記事を書こうと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

【podcast249】やっと映画「PERFECT DAYS」をみました。

今回はやっとこさ映画「PERFECT DAYS」を見たフローレンスが、まだ見てない耳さんに「見よう」という気にさせるべく話しました。

podcast248

【podcast248】通り過ぎられ県、静岡は穴場の観光地

静岡県へ来て1年が経ちました。週末様々なところへ遊びに行っていますが、探せば探すほど穴場スポットの多い静岡、そんな魅力を語ります。

【podcast247】もうすぐ政権交代かも…イギリス地方選挙2024がありました。

2024年5月2日にイギリスでは地方選挙がありました。イギリスは「統一地方選挙」ではなく、ほぼ毎年地方選が順次行われていくシステムです。

podcast246

【podcast246】映画「オッペンハイマー」鑑賞後あれこれ考えてしまうので話してみました

アカデミー賞受賞作品は劇場で観ることにしているワタクシですが、クリストファー・ノーラン監督作品でもあって期待大でした。3時間の大作ですが、劇場で鑑賞してその後もあれこれ考えられる、いまだに体験が続いているような映画です。そんなあれこれ考えたことを、イギリスで鑑賞したフローレンスさんと改めて話してみました。

【podcast245】イギリスの大掃除の季節は「春」その理由とは?

地球の反対側に暮らす イギリス在住の「フローレンス22世」と日本在住「豊里耳(とよさと みみ)」。 2人がぐるっと電話でつながりアレコレ話…

ページ上部へ戻る