© matka All rights reserved.

20189/1

【今日の云々】人は「ふわトロ」になぜ弱い? by Hanako

ときどき考えるのだけど…

なぜに人は「ふわふわ」と「トロトロ」に弱いのだろうか?

「ふわふわ」「トロトロ」という形容詞についただけで、その食べ物はすでに美味しい匂いを放つのだから、言葉の持つ力はすごい。

食べてもいないのに、誰もがその食べ物は美味しいと決めてかかる。

まるで呪文。

「ふわふわのパン」
「黄身がとろとろの半熟卵」

お~、聞いただけでふわふわなパンにたっぷりバターを塗りたくりたい衝動にかられますねえ。

そして黄金色のトロトロ半熟部分にお醤油「ちょん」ってたらして、一口でパクッといきたいわぁ。

食感や色味、そして味が想像できますよねえ。

小さな「っ」が付くとさらに最強。

「ふわっふわのシュークリームの中のに、
トロットロのカスタードクリームが入ってるよ~」

…食べないわけにはいかんでしょう。
別に目の前にあるわけじゃないんだけど。

そして何て言っても最強なのは「ふわ」と「トロ」が合体した

ふわトロ」だ。

「作りたてのアツアツのオムライス」
「作りたてのふわトロオムライス」

どっちが美味しそう?

聞くまでもありませんよねえ(笑)。

でも、でもね。私は日ごろはどちらかというと堅くて歯ごたえのあるものを追い求めていきているんですよ。

日本に一時帰国中の楽しみはスーパーとコンビニ巡りですが、スーパーに行くたびにおせんべいとかイカの軟骨とか砂肝とかを無意識に探すぐらい、「堅モノ」を深~く愛しているんですよ。

そんな私でさえ、「ふわトロ」と言われると「ビクッ!」としてしまうのだから、この擬音語はもう音そのものに味があるような気がしてならない。

…とそんなことを考えながら、毎月「ポテンシィ」さんのサイトで連載させていただいているコラム掲載用のイギリスの夏のデザート「フール」を作ってみました。

程よく泡立てたクリームはふわっふわ

新鮮果物を砂糖となじませて…


果汁と「ふわふわ」を重ねて盛り付け!

やっぱり「ふわふわ」は音だけじゃなくて食べても美味しいようです…。

ふわふわで軽いから、本当にどんぶりいっぱいペロリ!っと食べられるレベルの美味しさ。でもすっごく作り方は簡単です。

そんな「ふわふわ」「美味しい」「簡単」の三拍子揃ったレシピをポテンシィさんのサイトで公開しております。

覗いてくださるとうれしいです。

フワフワが嬉しい夏のデザート『フール』とは?

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

川

202012/2

【今日の云々:カルチャー日記 in 東京】11月16日(月)〜11月29日(日)異世界で現実逃避、かたやドキュメンタリーに打ちのめされる

毎年のことですが、もう12月。今年は朝ドラや大河ドラマが中断したり、映画も公開延期になったりして(007の新作を早く観たい!)、カルチャーも様々変更を余儀なくされた年でした。そんな中でもアニメ映画もテレビも比較的コロナ禍でも強いコンテンツかもしれないですね。

202011/29

【前のめりでスキップ(ロックダウン・ロンドン日報)】2020年11月28日:「まだ来てないけど…」

ワタクシ大変神経質なたちでして、いままで「ほこりの舞」やら「ちょっとしたチリ」が気になって気になって大変でした。

podcast85

【podcast85】過去の炎上広告から考えるジェンダー

最近、世の中のジェンダー平等への意識の高まりを感じつつ、ジェンダーギャップについて考えることが多い今日この頃です。本来であれば、新しい価値観を提案して欲しい広告ですが、いまだにどうしても旧来の「男らしさ」「女らしさ」を求める広告や、性別役割分業を想起させるステレオタイプ的な広告も多く、結果炎上→謝罪…。そんなことから、ジェンダーについて、あれこれ話してみました。

202011/28

【今日の云々:カルチャー日記 in London】2020年11月23日~更新中「三島由紀夫、英ドラマ『Life』、ISからの帰還etc」

この番組、放送前から楽しみにしていました。いままでとは違う角度からの三島論だったのでその点では興味深かったものの、内容的には不満足。

202011/25

【前のめりでスキップ(ロックダウン・ロンドン日報)】2020年11月25日:腸活とスパイスとお腹問題

わたしはお腹問題をずーっと抱えて生きてきました。赤ちゃんの頃からです。腸が平均よりもずーっと長く&細いため、うまく動かない。

ページ上部へ戻る